コラム

京畿道・広州のおすすめスポット:和談の森の春

作成者관리자日付12/11/2019

秋の紅葉が美しいことで名高い広州の和談の森に行ってきた。和談の森は、三、四回行ったことがあるが、春は初めてで、期待感が高まっていた。

和談の森の春は、梅の香りが残っていて、ツツジの道が美しい。

秋の紅葉が美しいことで名高い広州の和談の森に行ってきた。和談の森は、三、四回行ったことがあるが、春は初めてで、期待感が高まっていた。 和談の森は、LG常緑財団が公益事業の一環として設立・運営する樹木園。2006年4月、約1,355,371.9㎡(約41万坪)の敷地に造成され、現在15のテーマ園と国内自生植物や外来種4000種を収集・展示している。

秋の紅葉が美しいことで名高い広州の和談の森に行ってきた。和談の森は、三、四回行ったことがあるが、春は初めてで、期待感が高まっていた。
和談の森は、LG常緑財団が公益事業の一環として設立・運営する樹木園。2006年4月、約1,355,371.9㎡(約41万坪)の敷地に造成され、現在15のテーマ園と国内自生植物や外来種4000種を収集・展示している。

車の場合、駐車場に車を止めてシャトルバスで登ることになる。歩いて15分で、途中リフトもあるので、並ぶ必要はあるが、珍しい経験ができるので、リフトを利用するのも楽しそうだ。 昔はチケット売り場の入り口ではリゾート内のシャトルバスと昆池岩へ運行するシャトルバスの停留所、二つがあったが、今回見てみると昆池岩行きのシシャトルバスの停留所がなくなっている。 家に帰ってすぐ和談の森ホームページを見てみると、もう、シャトルバスは運行していないようだ。昆池岩駅からタクシーを乗るように、と案内されている。

車の場合、駐車場に車を止めてシャトルバスで登ることになる。歩いて15分で、途中リフトもあるので、並ぶ必要はあるが、珍しい経験ができるので、リフトを利用するのも楽しそうだ。
昔はチケット売り場の入り口ではリゾート内のシャトルバスと昆池岩へ運行するシャトルバスの停留所、二つがあったが、今回見てみると昆池岩行きのシシャトルバスの停留所がなくなっている。
家に帰ってすぐ和談の森ホームページを見てみると、もう、シャトルバスは運行していないようだ。昆池岩駅からタクシーを乗るように、と案内されている。

入口に立つ千年和談松という松は人だかりができていないのを見ると、以前ほどの人気はなさそうだ。 その場を守っている木は、部屋を追い出された後宮のように、右の方に寂しく佇んでいる。

入口に立つ千年和談松という松は人だかりができていないのを見ると、以前ほどの人気はなさそうだ。
その場を守っている木は、部屋を追い出された後宮のように、右の方に寂しく佇んでいる。

オシドリ池の後ろに見える韓屋酒幕 韓屋の酒幕(伝統的居酒屋)のテーブルに座ってお茶を飲んだり、軽食を食べたりしながら眺める風景が素晴らしい。帰りに寄って休もうと思ったのに、和談の森を回る時間が以前よりずっと長くなってしまい、ゆっくり座っていられなかった。

オシドリ池の後ろに見える韓屋酒幕
韓屋の酒幕(伝統的居酒屋)のテーブルに座ってお茶を飲んだり、軽食を食べたりしながら眺める風景が素晴らしい。帰りに寄って休もうと思ったのに、和談の森を回る時間が以前よりずっと長くなってしまい、ゆっくり座っていられなかった。

モノレールの乗り場と苔園を過ぎてハートいっぱいの約束の橋を渡ると、ツツジの丘が広がる。 少し歩くとすぐ暑くなるので、半袖の季節にツツジが満開なんて、たしかに異常気象のようだ。
モノレールの乗り場と苔園を過ぎてハートいっぱいの約束の橋を渡ると、ツツジの丘が広がる。 少し歩くとすぐ暑くなるので、半袖の季節にツツジが満開なんて、たしかに異常気象のようだ。

モノレールの乗り場と苔園を過ぎてハートいっぱいの約束の橋を渡ると、ツツジの丘が広がる。
少し歩くとすぐ暑くなるので、半袖の季節にツツジが満開なんて、たしかに異常気象のようだ。

まだいっぱい咲いている桜の間、私たちの愛、変わらないように、と願って飾られる南京錠でいっぱいだ。
まだいっぱい咲いている桜の間、私たちの愛、変わらないように、と願って飾られる南京錠でいっぱいだ。

まだいっぱい咲いている桜の間、私たちの愛、変わらないように、と願って飾られる南京錠でいっぱいだ。

和談の森の見どころはこのモノレール。 主にお年寄りや子供連れが利用するが、横から見ていて楽しくなる。 緑の森の中を可愛い形のモノレールが通るたびに、じっと見てしまう。昔に比べて配車間隔が短くなっているのか、便利に利用できそうだ。 モノレール運賃表 第1乗り場~第2乗り場 4千ウォン 第1乗り場~第3乗り場 6千ウォン 循環 8千ウォン
和談の森の見どころはこのモノレール。 主にお年寄りや子供連れが利用するが、横から見ていて楽しくなる。 緑の森の中を可愛い形のモノレールが通るたびに、じっと見てしまう。昔に比べて配車間隔が短くなっているのか、便利に利用できそうだ。 モノレール運賃表 第1乗り場~第2乗り場 4千ウォン 第1乗り場~第3乗り場 6千ウォン 循環 8千ウォン

和談の森の見どころはこのモノレール。
主にお年寄りや子供連れが利用するが、横から見ていて楽しくなる。
緑の森の中を可愛い形のモノレールが通るたびに、じっと見てしまう。昔に比べて配車間隔が短くなっているのか、便利に利用できそうだ。
モノレール運賃表
第1乗り場~第2乗り場 4千ウォン
第1乗り場~第3乗り場 6千ウォン
循環 8千ウォン

ハートでいっぱい約束の橋を渡って、向かい側から見ると、裏にはスキー場も見えて、満開の桜と調和し、上り道より断然良い。

ハートでいっぱい約束の橋を渡って、向かい側から見ると、裏にはスキー場も見えて、満開の桜と調和し、上り道より断然良い。

この人たち、何をしているのだろう。 違法ではありませんよ、堂々と足を付けているのですよ! 水が氷のように冷たかったが、真夏は暑さを吹き飛ばすのにとても良さそうだ。

この人たち、何をしているのだろう。
違法ではありませんよ、堂々と足を付けているのですよ!
水が氷のように冷たかったが、真夏は暑さを吹き飛ばすのにとても良さそうだ。

人が並んでいる場所の後ろに、連理の枝の木が一本立っている。連理の枝を背景に、フレームのように飾られていて、記念写真を撮るのに良い場所だ。 連理の枝とは、根が異なる木の枝が絡み合って、まるで一本の木のように育った木のことをいう。

人が並んでいる場所の後ろに、連理の枝の木が一本立っている。連理の枝を背景に、フレームのように飾られていて、記念写真を撮るのに良い場所だ。
連理の枝とは、根が異なる木の枝が絡み合って、まるで一本の木のように育った木のことをいう。

和談の森を上りながらところどころ憩いの場が見えたが、憩いの場ではあっても食べ物を食べることはできない。
入ってくるとき、入口ではバッグの検査をして飲物の持ち込みを遮断している。自動販売機のミネラルウォーターのほか、コーヒーも飲めないのが残念だ。

どこかで梅の良い香りが漂ってきた。 今春はあちこちで梅の花を見てきたから、今では風に載せられた香りでも、すぐ梅かどうかが分かる。 ここは、「探梅園」で、梅の木が多く植えられていたが、植栽したばかりでまだ梅の木が小さく感じた。南道はすでに梅の花が散り、梅が熟しているだろうが、ここでは梅がまだ満開の時期も迎えていない。当分の間、梅の香りを満喫することができそうだ。

どこかで梅の良い香りが漂ってきた。
今春はあちこちで梅の花を見てきたから、今では風に載せられた香りでも、すぐ梅かどうかが分かる。
ここは、「探梅園」で、梅の木が多く植えられていたが、植栽したばかりでまだ梅の木が小さく感じた。南道はすでに梅の花が散り、梅が熟しているだろうが、ここでは梅がまだ満開の時期も迎えていない。当分の間、梅の香りを満喫することができそうだ。

カイナンウツギ

カイナンウツギ

ウチワノキ 実がウチワのような形をしていることから名づけられたが、韓国固有の植物、ウチワノキ! 一見すると、カイナンウツギとウチワノキが似ていると思ったが、覗き込んでみると全く違う。

ウチワノキ
実がウチワのような形をしていることから名づけられたが、韓国固有の植物、ウチワノキ!
一見すると、カイナンウツギとウチワノキが似ていると思ったが、覗き込んでみると全く違う。

通行料を払って!​ 道をふさいでいる松は、横に倒れているが、支えがあったから、自然に育つことができたようだ。 逆境を乗り越えて耐えてくれた一本の松。この松を見て、勇気を得る人もいるだろう。 途中、勢いよく落ちる滝もあり、暑い日に清涼感を与えてくれる。

通行料を払って!​
道をふさいでいる松は、横に倒れているが、支えがあったから、自然に育つことができたようだ。
逆境を乗り越えて耐えてくれた一本の松。この松を見て、勇気を得る人もいるだろう。
途中、勢いよく落ちる滝もあり、暑い日に清涼感を与えてくれる。

幹の皮が紙のように白く剥がれる白樺の林も、以前はなかったような気がするが、新しくつくられたのだろうか? 或いは、私がただ知らずに通り過ぎたかも分からない。

幹の皮が紙のように白く剥がれる白樺の林も、以前はなかったような気がするが、新しくつくられたのだろうか? 或いは、私がただ知らずに通り過ぎたかも分からない。

白樺の下に水仙が植えられているが、水仙の花がそれぞれ違う形をしている。 遠くまで出かけなくても様々な種類の木々や花が見られるのが嬉しかった。

白樺の下に水仙が植えられているが、水仙の花がそれぞれ違う形をしている。
遠くまで出かけなくても様々な種類の木々や花が見られるのが嬉しかった。

これも桜の一種だという。「太陽」と書かれていたが、今が満開で、その美しい姿を誇っている。

これも桜の一種だという。「太陽」と書かれていたが、今が満開で、その美しい姿を誇っている。

小鳥が建てた巣のようだが、訪問者が多くて、しばらく家を空けたのかな。それとも引っ越し? 探訪路をのとんどがウッドデッキになっているので人は楽に感じるかも知れないが、鳥にとっては足音がかなり大きく聞こえるかもしれない。

小鳥が建てた巣のようだが、訪問者が多くて、しばらく家を空けたのかな。それとも引っ越し?
探訪路をのとんどがウッドデッキになっているので人は楽に感じるかも知れないが、鳥にとっては足音がかなり大きく聞こえるかもしれない。

水の中を良く見てみると、透明なスンデ(腸詰め)のように薄い膜のサンショウウオがうようよ動いている。 気持ち悪いようで可愛い。キモカワ?

水の中を良く見てみると、透明なスンデ(腸詰め)のように薄い膜のサンショウウオがうようよ動いている。
気持ち悪いようで可愛い。キモカワ?

頂上に登ると、展望台からは昆池岩リゾートスキー場と正光山、太華山、ミヨク山など、広州と龍仁の境界となる山々が見渡せる。

頂上に登ると、展望台からは昆池岩リゾートスキー場と正光山、太華山、ミヨク山など、広州と龍仁の境界となる山々が見渡せる。

リスが食べられるピーナッツが置かれていたが、まだ食事前のリスが行ったり来たりしていて、ちょうど私に見つかった。 大きいサイズのものより、小さくてかわいいリスが好き。人を避けて暮らす君たちも、大変だね(涙)。

リスが食べられるピーナッツが置かれていたが、まだ食事前のリスが行ったり来たりしていて、ちょうど私に見つかった。
大きいサイズのものより、小さくてかわいいリスが好き。人を避けて暮らす君たちも、大変だね(涙)。

遠くから見ると龍がくねくねしているようにも見える不思議な松の木。 松の庭園は韓国最大規模で、約1,300本の素晴らしい松が、一年中林をつくっているが、そのほとんどが奇異な形をしている。

遠くから見ると龍がくねくねしているようにも見える不思議な松の木。
松の庭園は韓国最大規模で、約1,300本の素晴らしい松が、一年中林をつくっているが、そのほとんどが奇異な形をしている。

岩石・夏景庭園、植物園、アジサイ園、伝統的な塀の道へと下る道は、くねくねして上るときより二倍は時間がかかる。降りてくるときに時間がかかるので、時間配分に気を付けなければ。時間に追われる人のために途中、近道があればいいのに、前にはなかったものを見せる展示物が多くて、下りはやや退屈のような気がする。 足早に歩いたが、写真を撮ったりして、2時間30分もかかったいるのが分かった。余裕をもって写真を撮ったり景色を楽しんだりしたら、3時間は時間を空ける必要がある。さらに食事をしたりコーヒーを飲んだりするつもりなら、一日を時間を割愛する必要がありそうだ。

岩石・夏景庭園、植物園、アジサイ園、伝統的な塀の道へと下る道は、くねくねして上るときより二倍は時間がかかる。降りてくるときに時間がかかるので、時間配分に気を付けなければ。時間に追われる人のために途中、近道があればいいのに、前にはなかったものを見せる展示物が多くて、下りはやや退屈のような気がする。
足早に歩いたが、写真を撮ったりして、2時間30分もかかったいるのが分かった。余裕をもって写真を撮ったり景色を楽しんだりしたら、3時間は時間を空ける必要がある。さらに食事をしたりコーヒーを飲んだりするつもりなら、一日を時間を割愛する必要がありそうだ。

ご利用案内 入場料春~秋 大人1万ウォン、青少年8,000ウォン、子供6、000ウォン 開園時間 3月~6月 平日:09:00~17:00 週末:08:30~17:00 ※季節、気象状況により運営時間が変更されますので、ご来場の前に通知をご確認ください! https://www.hwadamsup.com/relay/ugid/ugid_hours_charge.do

ご利用案内
入場料春~秋
大人1万ウォン、青少年8,000ウォン、子供6、000ウォン
開園時間 3月~6月
平日:09:00~17:00
週末:08:30~17:00
※季節、気象状況により運営時間が変更されますので、ご来場の前に通知をご確認ください!
https://www.hwadamsup.com/relay/ugid/ugid_hours_charge.do
​ 和談の森の春の動画
https://www.youtube.com/watch?v=X0fMi1l-7Qo