コラム

灌仏会(釈迦誕生日)のおすすめスポット:京畿道の寺院、驪州・神勒寺

作成者관리자日付12/11/2019

灌仏会(釈迦誕生日)のおすすめスポット:京畿道の寺院、驪州・神勒寺 家庭の月・5月は、行事も多く、感謝のプレゼントなどやるべきことが多いので、月初めから忙しかったです。

灌仏会(釈迦誕生日)のおすすめスポット:京畿道の寺院、驪州・神勒寺

灌仏会(釈迦誕生日)のおすすめスポット:京畿道の寺院、驪州・神勒寺 家庭の月・5月は、行事も多く、感謝のプレゼントなどやるべきことが多いので、月初めから忙しかったです。 子供の日、親の日、そして明後日は灌仏会です。 近くには良い寺院がたくさんありますが、中でも特に、京畿道の川沿いに位置する驪州・神勒寺をご紹介します。 両親といっしょに、家族連れで出かけるのにうってつけの寺院ですが、子供の日の連休に家族旅行ができなかった方には、 ソウル近郊の旅としておすすめします。

灌仏会(釈迦誕生日)のおすすめスポット:京畿道の寺院、驪州・神勒寺
家庭の月・5月は、行事も多く、感謝のプレゼントなどやるべきことが多いので、月初めから忙しかったです。
子供の日、親の日、そして明後日は灌仏会です。
近くには良い寺院がたくさんありますが、中でも特に、京畿道の川沿いに位置する驪州・神勒寺をご紹介します。
両親といっしょに、家族連れで出かけるのにうってつけの寺院ですが、子供の日の連休に家族旅行ができなかった方には、 ソウル近郊の旅としておすすめします。

今の時期、驪州では陶磁器祭りが盛んです。陶磁器祭りも見て、神勒寺観光もして、一箇所に車を止めて2つの場所を回ることができます。 神勒寺観光団地入口に車を止め、陶磁器祭りを見ながら歩いていると、いつの間に驪州・神勒寺前に到着です。 大人2,200ウォンの入場料がありますが、切符売り場の方が両眼を見開いて監視している理由は、きっと65歳以上の高齢者は無料だからですね。

今の時期、驪州では陶磁器祭りが盛んです。陶磁器祭りも見て、神勒寺観光もして、一箇所に車を止めて2つの場所を回ることができます。
神勒寺観光団地入口に車を止め、陶磁器祭りを見ながら歩いていると、いつの間に驪州・神勒寺前に到着です。
大人2,200ウォンの入場料がありますが、切符売り場の方が両眼を見開いて監視している理由は、きっと65歳以上の高齢者は無料だからですね。

悠々と黄布帆船が、川を遡ったり下ったりして行き来しています。次来る時は、是非乗ってみたいです。< br> 向かい側のクムンモレ川沿い遊園地キャンプ場も週末を迎え、多くの人がキャンプのために訪れていました。 クムンモレ川沿い遊園地は、川沿いに自転車道路が伸びているので、サイクリングにも適しています。遊び場も広いので、川があり、黄布帆船があり、ボートがあり、キャンプに来たら、結構忙しそうです。 韓国で数少ない川沿いの寺院、京畿道驪州の神勒寺。

悠々と黄布帆船が、川を遡ったり下ったりして行き来しています。次来る時は、是非乗ってみたいです。< br> 向かい側のクムンモレ川沿い遊園地キャンプ場も週末を迎え、多くの人がキャンプのために訪れていました。
クムンモレ川沿い遊園地は、川沿いに自転車道路が伸びているので、サイクリングにも適しています。遊び場も広いので、川があり、黄布帆船があり、ボートがあり、キャンプに来たら、結構忙しそうです。
韓国で数少ない川沿いの寺院、京畿道驪州の神勒寺。

神勒寺は南漢江上流の麗江が囲んでいる小高い山、鳳尾山の南麓に位置しています。青い水流と広い砂場、そして広い野原に囲まれています。高麗時代は、神勒寺の境内に塼塔があったため、ピョクジョル(レンガ寺という意)と呼ばれたそうです。創建以来、普済尊者・懶翁和尚のような高僧が滞在し、とにかく景観に優れた寺院です。新羅時代の真平王の時、元暁大師が創建したと記録されています。 寺院の入り口に立つ古いイチョウの木は、新緑の今の時期と、紅葉のときが一番美しいので、灌仏会に行ってこられることをおすすめします。

神勒寺は南漢江上流の麗江が囲んでいる小高い山、鳳尾山の南麓に位置しています。青い水流と広い砂場、そして広い野原に囲まれています。高麗時代は、神勒寺の境内に塼塔があったため、ピョクジョル(レンガ寺という意)と呼ばれたそうです。創建以来、普済尊者・懶翁和尚のような高僧が滞在し、とにかく景観に優れた寺院です。新羅時代の真平王の時、元暁大師が創建したと記録されています。
寺院の入り口に立つ古いイチョウの木は、新緑の今の時期と、紅葉のときが一番美しいので、灌仏会に行ってこられることをおすすめします。

京畿道驪州の神勒寺は宝物が多いことでも名高い寺院ですが、川沿いにそびえ立つ塔は、神勒寺多層塼塔と呼ばれてます。現存する高麗時代の唯一の塼塔だそうです。レンガを焼いて塔を積んだものを塼塔といいます。この塔があることで、昔はピョクジョルとも呼ばれたそうですが、宝物第226号に指定されています。前は川に向かって登ることもできましたが、危険だからか、今は川に向かって登る道は遮断されています。

京畿道驪州の神勒寺は宝物が多いことでも名高い寺院ですが、川沿いにそびえ立つ塔は、神勒寺多層塼塔と呼ばれてます。現存する高麗時代の唯一の塼塔だそうです。レンガを焼いて塔を積んだものを塼塔といいます。この塔があることで、昔はピョクジョルとも呼ばれたそうですが、宝物第226号に指定されています。前は川に向かって登ることもできましたが、危険だからか、今は川に向かって登る道は遮断されています。

川辺の江月軒から眺める南漢江の風景が一番なので、それが神勒寺を訪れる理由の一つです。のんびりと川を眺めながらリラックスできる空間がここにあるので、神勒寺に行くというより、江月軒に行くと言った方が正しいかも知れません。 無念無想、ひたすら川を眺めていると、目の前を黄布帆船が多り、遠くの向こう側には悠々自適、ボートが流れるように浮かんでいます。 静けさを破るかのように、電動で動くボートがびゅーんと過ぎていきます。これらすべてが、川と一つになって風景を織りなしています。 心配事は忘れ、悠々と流れる川を眺めながら、憩いのの時間を過ごしましょう。
川辺の江月軒から眺める南漢江の風景が一番なので、それが神勒寺を訪れる理由の一つです。のんびりと川を眺めながらリラックスできる空間がここにあるので、神勒寺に行くというより、江月軒に行くと言った方が正しいかも知れません。 無念無想、ひたすら川を眺めていると、目の前を黄布帆船が多り、遠くの向こう側には悠々自適、ボートが流れるように浮かんでいます。 静けさを破るかのように、電動で動くボートがびゅーんと過ぎていきます。これらすべてが、川と一つになって風景を織りなしています。 心配事は忘れ、悠々と流れる川を眺めながら、憩いのの時間を過ごしましょう。

川辺の江月軒から眺める南漢江の風景が一番なので、それが神勒寺を訪れる理由の一つです。のんびりと川を眺めながらリラックスできる空間がここにあるので、神勒寺に行くというより、江月軒に行くと言った方が正しいかも知れません。
無念無想、ひたすら川を眺めていると、目の前を黄布帆船が多り、遠くの向こう側には悠々自適、ボートが流れるように浮かんでいます。
静けさを破るかのように、電動で動くボートがびゅーんと過ぎていきます。これらすべてが、川と一つになって風景を織りなしています。
心配事は忘れ、悠々と流れる川を眺めながら、憩いのの時間を過ごしましょう。

京畿道文化財資料第133号に指定された神勒寺三層石塔は、高麗時代の石塔だそうです。川沿いの岩盤上に設置されており、川に向かって建っているので、江月軒に行ったことのある人は、一度は見たことがあるでしょう。記録によると、現在の塔がある場所で高麗末期の高僧、懶翁和尚を火葬した後、その徳を称えるために建てられたと推定されています。
京畿道文化財資料第133号に指定された神勒寺三層石塔は、高麗時代の石塔だそうです。川沿いの岩盤上に設置されており、川に向かって建っているので、江月軒に行ったことのある人は、一度は見たことがあるでしょう。記録によると、現在の塔がある場所で高麗末期の高僧、懶翁和尚を火葬した後、その徳を称えるために建てられたと推定されています。

京畿道文化財資料第133号に指定された神勒寺三層石塔は、高麗時代の石塔だそうです。川沿いの岩盤上に設置されており、川に向かって建っているので、江月軒に行ったことのある人は、一度は見たことがあるでしょう。記録によると、現在の塔がある場所で高麗末期の高僧、懶翁和尚を火葬した後、その徳を称えるために建てられたと推定されています。

イチョウの木の前で紙に願いを書いて、願いを叶いましょう。 灌仏会頃に行くと、イチョウの周りにも、このように願いの紙を書くことができるようになっていました。
去年の秋に行って、黄色く染まった風景を見て運がよかったと思いましたが、今は芽が出て、濃い緑の姿を見せてくれています。

イチョウの木の前で紙に願いを書いて、願いを叶いましょう。
灌仏会頃に行くと、イチョウの周りにも、このように願いの紙を書くことができるようになっていました。
去年の秋に行って、黄色く染まった風景を見て運がよかったと思いましたが、今は芽が出て、濃い緑の姿を見せてくれています。

神勒寺・極楽宝殿の前に宝物第225号の多層石塔があり、灌仏会を迎えて提灯が並んでかかっていました。 前にはしごがあって、提灯を購入してその場でかける姿を見たことがありますが、無神論者でも、ここに立つと、自然と合掌をし、家族の幸せを祈るようになります。

神勒寺・極楽宝殿の前に宝物第225号の多層石塔があり、灌仏会を迎えて提灯が並んでかかっていました。
前にはしごがあって、提灯を購入してその場でかける姿を見たことがありますが、無神論者でも、ここに立つと、自然と合掌をし、家族の幸せを祈るようになります。

境内では、静かに話したり行動したり、とにかく騒がないのが寺院でのマナーだそうです。 境内では忙しくても走ったりせず、靴を引きずったりしてはなりません。法堂に出入りする時は真ん中の門からは通らず、脇の門で出入りし、靴は揃えておきます。門を閉めるときも静かに閉じ、お釈迦さまの正面はお坊さんが据わる場所なので、正面からずらして左右に座るのが、寺院のマナーです。
子供たちが大きくなるのつれ、寺院の建物に入る時は自然に合掌し、祈ります。 子供たちも仏教徒の叔母と一緒に通ったせいか、自然と寺院に入ってお辞儀をします。

境内では、静かに話したり行動したり、とにかく騒がないのが寺院でのマナーだそうです。
境内では忙しくても走ったりせず、靴を引きずったりしてはなりません。法堂に出入りする時は真ん中の門からは通らず、脇の門で出入りし、靴は揃えておきます。門を閉めるときも静かに閉じ、お釈迦さまの正面はお坊さんが据わる場所なので、正面からずらして左右に座るのが、寺院のマナーです。
子供たちが大きくなるのつれ、寺院の建物に入る時は自然に合掌し、祈ります。
子供たちも仏教徒の叔母と一緒に通ったせいか、自然と寺院に入ってお辞儀をします。

内側にある祖師堂も、宝物第180号に指定されたそうです。神勒寺に残っている建物の中で最古の建物で、志公・懶翁・無学、この3和尚の徳ろ法力を称えるため、御真影が祀られています。中央には志公、左右に懶翁・無学の御真影を安置されており、中央の志公和尚の御真影の前には、木造の懶翁和尚の独尊が安置されています。
祖師堂の裏の階段を上ると、宝物第228号・神勒寺普済尊者石鐘と第229号の普済尊者石鐘碑、第231号の神勒寺普済尊者石鐘前石灯があります。

内側にある祖師堂も、宝物第180号に指定されたそうです。神勒寺に残っている建物の中で最古の建物で、志公・懶翁・無学、この3和尚の徳ろ法力を称えるため、御真影が祀られています。中央には志公、左右に懶翁・無学の御真影を安置されており、中央の志公和尚の御真影の前には、木造の懶翁和尚の独尊が安置されています。
祖師堂の裏の階段を上ると、宝物第228号・神勒寺普済尊者石鐘と第229号の普済尊者石鐘碑、第231号の神勒寺普済尊者石鐘前石灯があります。

神勒寺普済尊者石鐘へ上がる階段の横に、タンポポとエンゴサクがいっぱい咲いていました。
ちょっと見かけて、わあ~エンゴサクだ、と喜んでいたら、その一帯に群落のように咲いていました。

神勒寺普済尊者石鐘へ上がる階段の横に、タンポポとエンゴサクがいっぱい咲いていました。
ちょっと見かけて、わあ~エンゴサクだ、と喜んでいたら、その一帯に群落のように咲いていました。

神勒普済尊者石鐘前の石灯と神勒寺普済尊者石鐘を一周し、家族の幸せを祈り、どうかよろしくお願いしますと、念を押して祈ってきました。ここに登らないと、神勒寺を行ってきても物足りなさを感じますが、わざわじここに上って、神勒寺を一度、見下ろしてから階段に座ってしばらく休みます。

神勒普済尊者石鐘前の石灯と神勒寺普済尊者石鐘を一周し、家族の幸せを祈り、どうかよろしくお願いしますと、念を押して祈ってきました。ここに登らないと、神勒寺を行ってきても物足りなさを感じますが、わざわじここに上って、神勒寺を一度、見下ろしてから階段に座ってしばらく休みます。

驪州陶磁器祭りを訪れて、神勒寺までいっしょに見て帰る人が多いようですが、 皆、極楽宝殿の前の石塔を回り、それぞれ祈っていました。

驪州陶磁器祭りを訪れて、神勒寺までいっしょに見て帰る人が多いようですが、 皆、極楽宝殿の前の石塔を回り、それぞれ祈っていました。

極楽宝殿の前に古い建物の九龍楼がありますが、靴を脱いで入る場所で、休むことができます。 柱と柱の間、一枚の絵のように、南漢江の風景と黄布帆船が見られます。 驪州・神勒寺ではテンプルステイも行っていて、川沿いにある寺院の静かな朝が気になる方は、ぜひ試してみてください。 4月27日から5月12日までは、2019「春の旅ウィーク」です。 子供たちも今週春休みを迎えましたが、今週末までなので、「春の旅行ウィーク」のイベントがまだ続いているところを探して、行ってみてください。 ささに今週まで、驪州陶磁器祭りが開かれます。神勒寺の観覧まで一緒にできる驪州へ、陶磁器祭りにでかけてはいかがですか。

極楽宝殿の前に古い建物の九龍楼がありますが、靴を脱いで入る場所で、休むことができます。
柱と柱の間、一枚の絵のように、南漢江の風景と黄布帆船が見られます。
驪州・神勒寺ではテンプルステイも行っていて、川沿いにある寺院の静かな朝が気になる方は、ぜひ試してみてください。
4月27日から5月12日までは、2019「春の旅ウィーク」です。
子供たちも今週春休みを迎えましたが、今週末までなので、「春の旅行ウィーク」のイベントがまだ続いているところを探して、行ってみてください。
ささに今週まで、驪州陶磁器祭りが開かれます。神勒寺の観覧まで一緒にできる驪州へ、陶磁器祭りにでかけてはいかがですか。


驪州 神勒寺
♣住所:京畿道 驪州市 神勒寺キル73
☎電話番号:+82-31-885-2505
♣入場料:大人2,200ウォン、中高生1,700ウォン、子供1,000ウォン
無料:驪州市民(住民登録証の所持者)、曹渓宗信徒証の所持者、7歳未満の幼児、65以上の高齢者(敬老証の所持者)
♣駐車場:専用駐車場
♣周辺のおすすめスポット:黄布帆船、驪州市立フォン博物館