癒しスポット 安山ピョンモガン市民公園

作成者관리자日付12/15/2020

荒涼とした修理山採石場の華麗なる復活 安山ピョンモガン市民公園
荒涼とした修理山採石場の華麗なる復活 安山ピョンモガン市民公園

安山修理山の下には「ピョンモガン」と名付けられた公園がある。入口は瓶の首のように狭いが、中に入ると広い空間が広がるため、「ピョンモガン(韓国語で瓶の首の中)というユニークな名が付いた。現在は家族ぐるみで楽しめる憩い場として生まれ変わったが、1930年代から1980年代までは採石場として使われていた。こちらで採取した砂利は京釜線や水仁線の鉄道に敷かれている。公園内にある古い鉄道や砂利を運んでいた貨物車両は、採石場の薄れた歴史を感じさせる。ピョンモガン市民公園の最大の見どころは滝である。石を採取していた傾斜面を利用し、高さ65m、幅95mの巨大な滝を造成した。韓国最大規模の人工滝で、ユニークなデザインで知られている。一匹の鷹が乗っている形の造形物が立てられた滝や、昔の絵画のように小さな岩の間を流れる滝、まるで大型スクリーンのように流れ落ちる滝など、その形も様々である。滝の中を歩けるように設計されているため、子どもが出入りしながら楽しく遊ぶことができる。また、公園の下のうっそうとした松の森にはピョンモガン・キャンプ場があるが木陰でゆったりとした時間を楽しめるため、キャンパーの間で評判がいい。

  • 住所
    京畿道安養市万安区安養洞山81-1
  • 利用時間
    00:00~24:00、年中無休
  • おすすめコース
    • ①日帰り旅行: 安養芸術公園→安養中央市場→安山ピョンモガン市民公園
    • ②1泊2日旅行: 安養芸術公園→安養中央市場→安山ピョンモガン市民公園→(宿泊)→三聖山森林浴場→ソウル大学冠岳樹木園→安養スンデコプチャン通り