癒しスポット 驪州・英寧陵

作成者관리자日付12/10/2020

世宗と孝宗の陵を繋ぐ王の林道 驪州・英寧陵
世宗と孝宗の陵を繋ぐ王の林道 驪州・英寧陵

京畿道驪州の英寧陵には世宗と孝宗が並んで安からに眠っている。英陵は、朝鮮王陵のうち最高の合葬陵で世宗と昭憲王后がともに祭られている。入り口には世宗の偉大な業績を渾象、簡儀、仰釜日晷などの発明品が展示されている。本にも出てくるような物なので、子どもたちの教育にも効果的だ。なお世宗の生涯とハングルの創製などの業績がよくまとめられている世宗大王歴史館もあるから一度くらい訪問してみるといいだろう。英陵から孝宗が眠っている寧陵まで王の林道が続いている。古い松の木が高く伸びてかぐわしくひっそりした道で青い空の下、赤く染まった紅葉が華やかさを醸すと、緑の松の木とともに深まる秋の静けさを十分に感じることができる。道の両側に咲いた野生の花は散策路を明るく彩り、歩く間中爽やかな気持ちにしてくれる。道も緩やかなため、誰でも歩きやすく、周辺を眺めながら写真を撮るポイントも多く、遠足がてら出掛けるのにもってこいだ。王の林道はゆっくり歩いても往復2時間あれば十分だ。

世宗と孝宗の陵を繋ぐ王の林道 驪州・英寧陵