癒しスポット 楊平(ヤンピョン)龍門山

作成者관리자日付12/09/2020

千年の歳月を秘めた黄色いイチョウの葉 楊平(ヤンピョン)龍門山

全国的に有名な秋の紅葉スポットとして龍門山は外せない。龍門山の紅葉の旅は、龍門山観光地から始まる。大体10月中旬から染まり始める紅葉は、11月初旬にピークを迎える。観光地の入口では、きれいに並ぶイチョウ並木がまず旅行者を迎える。鮮やかな黄色のイチョウの波を通り過ぎて見上げると、壮大な龍門山がそびえている。色濃い緑色だった山は、恥ずかしがるようにすっかり赤く染まっている。山の全景を観賞したら、力強く流れる渓谷の清流を辿り、龍門寺に足を向ける。山道の両側には、五色の紅葉が華やかだ。道のそばの渓谷に目を向けても、水の色が五色に輝いている。紅葉が映り込み、落ち葉が流れているからだ。300mもない短い道だが、写真と心に秋を写していると、あっという間に時間が過ぎてしまう。龍門寺に着くと、龍門山紅葉の旅のハイライトである天然記念物第30号のイチョウの木がある。高さ42m、樹齢1100年のイチョウの木は、晩秋になると千年間そうしてきたように、黄金色のイチョウの葉を舞い落とす。この絶景を観るために、毎年たくさんの人々が秋の龍門山を訪れる。

  • 住所
    京畿道楊平郡龍門面新店里515-2(龍門山観光団地内)
  • お問い合わせ
    +82-31-773-0088(龍門山観光団地案内所)
  • ホームページ