トレンド&ショッピング 山査園 – グルメ

作成者관리자日付11/22/2019

お酒好きな韓国人の友人が薦めてくれた伝統酒博物館は、ただの博物館ではないという。

お酒好きな人にオススメ! 抱川(ポチョン)伝統酒博物館「山査園(サンサウォン)」

お酒好きな人にオススメ! 抱川(ポチョン)伝統酒博物館「山査園(サンサウォン)」01 お酒好きな人にオススメ! 抱川(ポチョン)伝統酒博物館「山査園(サンサウォン)」02

お酒好きな韓国人の友人が薦めてくれた伝統酒博物館は、ただの博物館ではないという。
なんと、お酒を好きなだけ試飲できておまけにマッコリのお土産付きだというのだ。
そんな「おいしい」話を聞いて、行かないわけにはいかないよねと、お酒好きな筆者はソウル中心部から一時間半ほどかけて京畿道(キョンギド)抱川(ポチョン)市へ向かった。
たどり着いたのは、韓国の酒造メーカーである裵商冕酒家(ペサンミョンジュガ)が運営している伝統酒博物館「山査園(サンサウォン)」。
山査園(サンサウォン)には、家醸酒(カヤンジュ)文化館と販売コーナー、サンサ庭園と大きく分けて3つの施設がある。家醸酒(カヤンジュ文化館)と販売コーナーは同じ建物内にあり、サンサ庭園は屋外に隣接している。

SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)
SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)01 SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)02
SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)03 SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)04
SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)05 SNS映え確実!ずらりと並んだ酒甕が圧巻。サンサ庭園の歳月廊(セウォルラン)06

山査園に到着したらまずは、サンサ庭園を訪れてほしい。サンサ庭園は伝統酒博物館に隣接した4000坪の広い敷地の中に、伝統酒を熟成させる空間である歳月廊(セウォルラン)、マッコリを醸造させるための甕が並んでいる扶安堂(ブアンダン)などの建築物で構成されている伝統庭園だ。中でも歳月廊(セウォルラン)の酒甕の景色は圧巻である。ずらりと並んだ酒甕の間に立って記念写真を撮っても良し、伝統家屋のカフェ「茶酒軒(タジュホン)」で遠景に広がる景色を見ながら休息をとっても良し。韓国の伝統を感じられるスポットである。

韓国の伝統酒文化に触れることができる家醸酒(カヤンジュ)文化館
韓国の伝統酒文化に触れることができる家醸酒(カヤンジュ)文化館01 韓国の伝統酒文化に触れることができる家醸酒(カヤンジュ)文化館02
韓国の伝統酒文化に触れることができる家醸酒(カヤンジュ)文化館03 韓国の伝統酒文化に触れることができる家醸酒(カヤンジュ)文化館04

伝統酒博物館では入り口で3,000ウォンを払うと入場券とコップをもらえる。(この入場券は後ほど必要になるので大切に保管しておくこと!)
入り口にハングルで大きく「酒」と書いてある壁の先を進むと、家醸酒(カヤンジュ)文化館がある。
館内は全て韓国語で表記されているが、ホームページには日本語サイトもあるので、参考にするとよい。家醸酒とは自家製酒のことであり、家で祭祀や接待用に作られた酒が中心となった文化なので、韓国の伝統酒の歴史は韓国庶民の台所の歴史と言ってもいいだろう。日本の酒蔵とは全く違う道具や器を見て、日韓の文化の違いを感じると共に、新しい韓国のことをまた1つ知ることができて感慨深かった。また、朝鮮時代の両班(ヤンバン)の女性達による酒造りの過程を模型で見ることができる。そう考えると、非常に興味深く資料や酒器などを観覧することができる。 また、事前に予約が必要であるが、希望者は家醸酒作り体験もできる。

マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!
マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!01 マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!02
マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!03 マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!04
マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!05 マッコリや薬酒など、気になるお酒が好きなだけ試飲できる!06

伝統博物館内の地下1階にある販売コーナーでは、裵商冕酒家(ペサンミョンジュガ)で製造されるお酒が販売されている。お酒好きにとっては、こちらがメインと言っても過言ではない。
販売コーナーの真ん中にあるカウンターではマッコリ、薬酒、焼酎、果実酒など販売している20種類以上のお酒を試飲することができるのだ。入場時にもらったコップで好きなだけ試飲できる。また、季節ごとにフルーツカクテルの試飲もできるらしい。今夏限定はミンドゥレデポという伝統薬酒をスイカと混ぜて作ったスイカカクテルだった。ジュースのように甘くて美味しかったので、私も家に帰って作ってみようと1本購入することにした。そして、最後に計算カウンターで入場券を提示すると、1枚につきマッコリ1本をお土産でもらうことができた。お酒好きにはたまらない博物館であった。

[Have to do]
交通 : 地下鉄2号線江南(カンナム)駅乗車
→地下鉄2号線江辺(カンビョン)駅下車→東ソウル総合ターミナルにて春川行き高速バス乗車
→ネチョンポ停留所下車→ネリ1停留所にて7番バス乗車→ 花峴(ファヒョン)2里停留所下車
→徒歩8分移動(約3時間10分所要)
住所 : 京畿道 抱川市 花峴面 花東路432番キル 25(경기도 포천시 화현면 화동로432번길 25)
利用時間 : 8:30~17:30
利用料金 : 大人3,000ウォン
付帯施設 : カフェ、山査庭園
訪問時期 : 8月に訪問。一年中楽しめる。
訪問メンバー : 家族連れ、カップル、グループ、一人旅
周辺観光地
ハーブアイランド(京畿道 抱川市 青新路947番キル 35)
​抱川アートバレー (京畿道 抱川市 新北面 アートバレー路 234)