癒しスポット 京畿道の路地への旅-平沢編

作成者管理者日付11/26/2018

完全に新しい平を期待せよ、平ソサボル路地の旅




といえば、まだ広い野原、安城川、平沢港、平国際中央市場だけを思い浮かべる人には、新しい旅行スポットとしてソサボルカフェ通りがお勧めです。平で最も活気に溢れる通り、歩いているだけで感性が豊かになれる通りです。旅行者の心を、感性を静かに揺さぶる貯水池のあるペダリ生態公園、40年間パンを作り続けた製菓名匠のベカリカフェ、ビールを飲みながらボードゲームに夢中になれる「空間の共感」など、今までとは全く違う平沢を、ご期待ください。


 

旅のスケジュール


ソサボル カフェ通り→601m、徒9ペダリ生態公園&貯水池→1.69km、車で4パングァダンシン→3.73km、車で12空間の共感



明日も明後日も来たくなる、ソサボルカフェ通り


ソサボルカフェ通りの全景。

沢梨花小学校の隣、ソサボル複合施設の小さな路地にカフェやアパレルショップがこぢんまりと集まり、自然とカフェ通りがつくられたと言います。その名も「ソサボルカフェ通り」。「ソサボルカフェ通りで何すれば良いの?」という心配ご無用。トレンディ好きの旅行者はすぐ楽しみ方が分かるはず。写真を撮りたくなるセンスのいい空間、カフェやレストランの感性をくすぐる調和に、つい歓声が上がってしまいます。「住宅街にカフェとアパレルショップがあるのって、普通じゃない?」と思うのは、大きな間違いです。

ソサボルカフェ通りの魅力は、通りの店が似通っているように見えても、小さな差異をもって融合しているというところ。どこに行こうかと前もって決めて訪ねても、また行ってみたいカフェが目についてしまいます。普段、カフェツアーを楽しむ方でしたら、移動の時間を最小限に抑え、一度に数カ所をスタンプラリーのように回ることができるので、満足度の高い地域です。「おしゃれな写真」が取れるカフェが沢山あるので、数百回シャッターを押しても足りないくらいです。気の合う友達を一緒なら、楽しさ百倍です。

カフェはすぐ幸せな気分が味わえる場所です。コーが美味しいという理由だけで機嫌よくなれるのだから、コストパフォーマンスもかなり良い。自分好みの雰囲気、可愛い写真、一口サイズの美味しいデザートは、ちょっとした幸せを与えてくれます。

ある店はカフェオレが、ある店はブランチが最高、という風に個性豊かなソサボルカフェ通りで、路地を廻ってみながら自分好みのカフェを一つ見つけてみてはいかがでしょうか。
 (左)カフェーの中にピンクのテーブルと椅子が置いてある。 (右)テーブルの上にアクセサリーが展示されてる。


場所 京畿道平市ピョンナムロ一帯

お問い合わせ82-31-8024-3232( 文芸光課)

入場料 無し

ムペ 無し



季節の変化を湛える静かな湖、ペダリ生態公園&貯水池


ペダリ生態公園&貯水池の全景

ソサボルカフェ通りを歩き、ふと自然が恋しくなったときは、ペダリ生態公園と貯水池が最適です。貯水池が造られる前は、
舟橋で渡ったので「ペダリ(舟橋という意)」という名が付けられたそうです。

自然の中を歩いていると、良い物だけが目につき、良いことだけを考えるようになります。横で歩いている人も、より一層素敵な人のように感じられるはず。指先に触れる風、鼻先をかすめる草の香りで、心は広くなります。
見るだけで、心の緊張を解きほぐす貯水池に沿って、水辺デッキのトゥルレギルを歩くと、秋の趣を体中で感じることができます。「貯水池前のブランコに座って、柔らかい風に当たっていると、漢江に負けない」という平
沢市民の言葉の通り、デートコースとしても最適です。

ペダリ生態公園を廻る方法の一つは、無造作に歩いてベンチに座ってしばらく休むような、無計画に気の進むまま時間を過ごす方法です。
いつこのような時間を過ごせるか分からないという気持ちで、精いっぱい楽しみましょう。


場所 京畿道平市竹栢洞800

お問い合わせ82-31-8024-3232(・文芸光課)

入場料 無し

ムペ 無し



パン!パン!パン屋へ行こう、パングァダンシン


パン屋の内部全景とコーヒーとケーキ。

パン好きにはたまらないパン屋が平にあります。2017年には、韓国の製菓名匠第12号として
その名を連ねたイン・ジェホンさんがオープンしたベ
カリカフェ・パングァダンシン(パンとあなた)
イン
ジェホンさんは、1978年、製菓業界に入門し、40年間、パンを焼き続けました。パングァダンシンは、外観から見る人を圧倒します。絶えずパンを焼き続ける1階の室内では、そのパンの種類の多さに驚きます。
そして、香ばしいパンの匂い。その美味しそうな匂いについにっこりとしていまうほど。この世で最も優しい笑みがこぼれます。
食事パン、調理パンだけでなく、クッキーやショーケースに入ったケーキなど、パンを見ているだけで、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。さて、心を落ち着かせて、パンを味合う番です。
店内でパンを食べる際には、
3階のカフェを利用することができます。インジェホンさんの奥さんの名前だそうです。
室内には、「パングァダンシンが私の幸せ」と話すイン
ジェホンさんの言葉がぎっしり展示されています。

良い材料をもって健康に良いパンをつくるというイン・ジェホンさんの生涯をかけた哲学が、そのパンには溶け込まれています。
甘さや塩辛さは最小限に抑え、長時間低温熟成させたパンは、すぐ味覚を魅了する魅力はないですが、消化に良く体が楽になります。バターや砂糖で味覚を刺激せず、原則を守って新鮮なパンをつくるという初心を守り続けているからです。
チャバッタ、ライ麦パン、バゲットなどを食べると、そのノウハウをしっかり味わうことができます。

 

場所 京畿道平市マンセロ1720-4

お問い合わせ82-31-651-4317

業時間 08:0022:00、年中無休

メニュ アメリカ4,800ウォン、飲み物4,8007,000ウォン、パン5,0006,000ウォン

ムペ 無し


 

アナログ感性の遊びが経験できる場所、空間の共感


(左)テーブル上にビーカーに入った飲み物とトラムプが置いてある。 (中)男性の形象絵がかかれてある。 (右)ボードーゲームをしている。


ソサボル路地とともに、新しくなった平
沢を紹介する際に欠かせない場所は、通伏市場(トンボッシジャン)の若者の森です。
通伏市場は平
沢随一の昔ながらの市場。反物屋が集まる市場の絹織物通りに、若者の商人たちが店を開店しました。
中でも「空間の共感」は、ボードゲームをしながら、ビールやカクテルが飲めるパブです。

パソコンや携帯ゲーム全盛時代にボードゲームとは、時代遅れだなと思うかもしれませんが、一度始めると、時間を忘れて夢中になってしまいます。「一度もやったことのない人はいても、一度だけやった人はいない」という格言は、ここにも通用します。デジタルゲームでは体感できないアナログの面白さがあります。
賽を投げ、コマを進め、カードを手で触るその喜び。ボードゲームを代表する
ハリガリやジェンガの他に、正当なゲームが主に選ばれていて、ボードゲームの世界にとっぷりはまってしまいます。

ボードゲームがはじめてという人でも心配ありません。ボードゲームマニアのオーナー、キム・グァンジェさんがルールについて親切で細かく説明してくれます。彼のボードゲームへの愛は、高校時代から始まったそうです。ボードゲームへの愛が高じて、自らボードゲームを制作・開発したりもします。
空間の共感をオープンする前は、国際チェストレーナーとして活動しました。月一回、「今月のゲーム」を選び、
より多くの人がボードゲームに接することができるよう、ゲーム代が無料のフリーデイも設けています。
新しいゲームを買い続け、研鑽を重ねているといいます。

一人でも、二人でも人数に合わせてボードゲームを楽しむことができますが、人数が足りなければ、
キム・グァンジェさんがプレイヤーとして参加します。お勧めのゲームはマラケシュ。
木製の賽を投げて色とりどりの絨毯でエリアを広げるゲームです。独特なゲームの小物を見る楽しさもあります。
ティチュは麻雀とポーカーを合わせた中国のボードゲーム。瞬く間に時間が過ぎてしまうので、「時間泥棒」と呼ばれます。
頭脳戦が繰り広げられるときは、ビールの代わりに「ゲーム力」を高めてくれるカクテル、マジカルポーションがおススメです。


 場所 京畿道平市トンボクシジャンロ15-7

お問い合わせ 010-8532-2848

業時間 12:0022:00、水曜日、毎月最終月曜日定休日

メニュ ビール4,0001万ウォン、マジカルポーション5,0007,000ウォン、ナチョチーズとサルサソース6,000ウォン、ゲーム代3,000ウォン(11時間)1万ウォン(終日パス)

ムペ 無し


 TRAVEL TIP

1. ソサボルカフェ通りからペダリ生態公園を廻って「空間の共感」を公共交通機関を利用していくのは少し不便です。
カフェツアーを一緒にする友人同士で
41組でタクシーで移動することをお勧めします。
歩ける通りは歩いて、そのほかはタクシーに乗りましょう。もちろん、
自動車で回るのもOK


2. ソサボルという名が公式の地名のように使われていますが、宅地開発地区造成事業が終わると、消えてしまう名です。
梨の木が多い地域であるため、行政側では梨花地区と呼ばれる予定です。


交通アクセス
[地下鉄] ソウル地下1線・平沢駅1番出口。平沢駅停留所にて56999番市バスを利用。耳谷村6団地にて下車。約2040分。

  

[自動車] 京釜高速道路堤川高速道路青龍交差点マンセロビジョン4ソサボルカフェ通り