癒しスポット 京畿道テーマ観光グルメコース - 利川白飯

作成者管理者日付10/01/2018


インフォメーション

甘みのあるお米で作った補薬の食卓利川白飯

 

 

食事しましたか?」という挨拶はいつ聞いても嬉しくて情があふれる健康と安否を問う韓国人式の挨拶なだけでなく乾いた日常の中に温かい心を伝える挨拶だからです食事という言葉にはゆらゆらと湯気が立つ温かいご飯が思い浮かぶほどよく炊けてつやつやのご飯は噛めば噛むほど甘くて香ばしい温かいご飯に心さえなごむ利川(イチョン)白飯は京畿道・利川で味わえます


利川白飯定食

利川白飯定食を食べている女性。利川白飯定食を食べている男性。
 


公共交通機関で移動する

 

明洞駅陶芸村白飯通り(1時間32)

4号線・明洞駅乗車後忠武路駅から3号線に乗り換え(5|1)

3号線・忠武路駅乗車後良才駅から新盆唐線に乗り換え(27|11)

新盆唐線・良才駅乗車後板橋駅で京江線乗り換え(20|3)

板橋駅乗車後新屯陶芸村(シンドゥンドイェチョン)駅で下車(39|6)

新屯陶芸村駅1番出口から陶芸村白飯通りまで徒歩(12|779m)

*費用片道3,050ウォン


ポイント

グルメpoint 1.甘くて粘りがあって香ばしい利川白飯の味覚

ご飯は元気の源という言葉があります旬のおかずと食べるご米は元気そのものです利川白飯は9月から10月に収穫される新米をすぐに精米して食べると甘くて粘り気があります

利川の気候は昼間は太陽の光が強く夜には気温が下がります山から流れる澄んだ水と日較差が大きい天候と良い土質で育てた米なのでおいしいです利川白飯お店のご主人達はご飯に関しては博士といえるほどご飯をおいしく炊く人々です利川白飯専門店は雪峰(ソルボン)公園に近いキチミ峠から新屯面水広里ノク峠まで3番国道キョンチュンデロの沙音洞三叉路周辺に布陣しています利川白飯はどの食堂に行ってもすぐに炊きたての白飯にボリュームたっぷりの田舎の食卓が出されます一目惚れするほど華やかな食卓ではなくても食べるほど香ばしい郷土料理から魅力的な一品料理まで味わえます


利川白飯を食べている手。
 

グルメpoint 2. お袋の手料理のような素朴な味覚

利川白飯定食はお袋の味のように素朴でおいしそうな田舎の定食です毎年自家製の味噌とコチュジャンで味つけし丁寧に作られたおかずは口に吸い込まれます利川白飯定食は季節によって様々なおかずが登場します春には家庭菜園でとれる新鮮な野菜でさわやかな定食夏には食欲を引き立たせる塩辛秋にはビタミンやミネラルが豊富な熟成ナムルをやわらかく炒め冬にはあたたかな油っこいおかずが出てきます注文と同時に炊いて出てくる釜飯はゆらゆらと湯気が上がるご飯だけを食べてもおいしいです利川白飯は9月から10月の間に収穫される新米で炊いたご飯が年中味わえ京畿道利川を訪れた観光客がまた訪れる一番の理由です


外国人カップルが利川白飯定食を食べている。
 

グルメpoint 3. 釜飯で楽しむ熱々3つの味覚

食卓の上においしそうなおかずが並んでいても利川白飯の主役は断然釜飯です席に座ると同時に火を付けて炊く釜飯は粘り気のある米の味が絶品ですもくもく湯気が上がる白飯をしたスプーンたっぷりとってご飯から味わってみるのが利川白飯の最初の味覚です釜飯からお茶碗にご飯をとり石釜にお湯を注いで置きます粘りがあってつやのある白飯はおいしそうなおかずと食べるとご飯一杯はあっと言う間です香ばしい田舎のおかずに調和した白飯が利川白飯の2番目の味覚です最後にこんがりしたお焦げをお湯にふやかして食べる味はどんなデザートよりもおいしいですご飯と様々なおかずを食べてすっきりしない口の中を温かいお焦げ湯がきれいにしてくれます食べ過ぎで調子が悪いお腹も楽におさまる利川白飯に感じる3つの味覚はおいしいご飯の饗宴です


 利川白飯の上にケジャンを乗せている。
 


チップ

グルメ
TIP(利川白飯をまんべんなく楽しむ方法)

ご飯だけ食べてもおいしい利川白飯は食堂ごとにユニークな田舎のおかずで客の味覚を攻略します醤油タレに漬けたエゴマの葉は熱い白飯によく合うエゴマの葉漬けだけでなく唐辛子漬けとケジャンもご飯がすすみます豆もやしキキョウの根ほうれん草など季節によって変わる各種ナムルはご飯にまんべんなく入れコチュジャンとごま油を入れて白米と混ぜてもおいしいです田舎定食のハイライトは干した葉っぱ炒めとチョングクチャンです香ばしくて柔らかいコクが良く炊けた白飯に非常によく合います。 

 

----------------------------------------------------------------

連携コース


沙器膜コル陶芸村
- 雪峰公園 - 利川市立月田美術館 - 利川セラピア - 利川韓牛(ディナー)

 

沙器膜コル陶芸村


沙器膜コル陶芸村の全景

-
利川を代表する陶磁器村陶器を作る工房とショップが密接し外出に良いスポットです

- 住所京畿道利川市キョンチュンデロ2994-16

- 電話番号+82-31-644-2000

*利用時間と定休日は要問い合わせ

 


雪峰公園

利川世界陶磁エキスポの中心地で雪峰湖が調和した利川を代表する公園です


雪峰湖の全景

-
住所京畿道利川市官庫洞408-3

- 電話番号+82-31-644-2645

 


利川市立月田美術館

韓国画の巨匠である月田チャンウソン先生を称える記念館で市立美術館ですチャンウソン先生のコレクションと寄贈作が展示されており市民のための展示と講座を行っています


利川市立月田美術館の全景

-
住所京畿道利川市キョンチュンデロ2709ボンギル185

- 電話番号+82-31-637-0033

- 利用時間10午後6

- 定休日月曜日11ソルラル秋夕

- 入場料大人2,000ウォン(団体1,400ウォン)青少年1,000ウォン(団体600ウォン)子供600ウォン(団体400ウォン)

- ホームページwww.iwoljeon.org

 


利川セラピア

創作レジデンシーと工作所体験施設などの陶磁複合文化空間毎年企画展と特別展を開催します


利川セラピアの内部展示物。

-
住所京畿道利川市キョンチュンデロ2697ボンギル263

- 電話番号+82-31-631-6501

- 利用時間午前9午後6

- 定休日月曜日

- 入場料大人3,000ウォン(団体2,000ウォン)/子供青少年2,000ウォン(団体1,000ウォン)

- ホームページwww.kocef.org

 


利川韓牛

米で有名な利川のもうひとつの自慢は韓牛です利川市では1等級名品韓牛に王様印利川韓牛ブランドを指定し直接管理します利川ターミナルの近くにおいしい店が多く好みによって選びましょう


焼いている利川韓牛。

-
住所京畿道利川市イソプデチョンロ1200 利川ターミナル一帯

 

----------------------------------------------------------------


連携コースアクセス


沙器膜コル陶芸村
(2時間) - 雪峰公園(1時間) - 利川市立月田美術館(1時間) - 利川セラピア(2時間) - 利川韓牛(1時間)

 

陶芸村白飯通り沙器膜コル陶芸村

ナムジョン三叉路(51255)まで徒歩(2|133m)

114番バスに乗車後沙音2洞陶芸村(32058)で下車(10|3停留所)

沙器膜コル陶芸村まで徒歩(5|327m)

 

沙器膜コル陶芸村雪峰公園

沙音2洞陶芸村(32058)まで徒歩(5|327m)

114番バスに乗車後消防署利川医療院(32070)で下車(11|3停留所)

雪峰公園まで徒歩(15|998m)

 

雪峰公園利川市立月田美術館

利川市月田美術館まで徒歩(7|468m)

 

利川市月田美術館利川セラピア

利川セラピアまで徒歩(5|317m)

 

利川セラピア利川韓牛(利川ターミナル)

雪峰山入口(32076)まで徒歩(15|988m)

28-1番バス乗車後第一銀行利川ターミナル(32097)で下車(8|3停留所)

利川ターミナルまで徒歩(3|233m)