アート & カルチャー 経験本能、掌の中で完成される作品、利川陶芸体験

作成者管理者日付09/07/2018

経験本能、気軽に楽しむ趣味の旅。 掌の中で完成される作品、利川陶芸体験


ハイライト


所要時間
: 7時間 / 予想費用: 4万ウォン / おすすめ時期: / 秋の旅行

おすすめコ: チェミジャソモリクッパ-山茱萸村-花潭森-砂器幕コル陶芸村-官庫市場-セラピア/雪峯公園

 

 

[スイントロ]


何かを作るのは、趣味として魅力的だけど、道具の操作や作り方など
ばなければならないことが多くて、なかなか始められなかった。
「手
に始められるのはないかな?」と調べているときに見つけた利川(イチョン)の陶磁器作り体。道具も不要で、特別な方法をぶ必要もない。
と努力があれば始められる趣味。私のような初心者でも簡にトライできるということで、はやるちを抑えつつ利川へ向かう。

 


[
砂器幕コル陶芸村]


砂器を作っている。

(左)砂器幕コル陶芸村の入り口。 (中)陶磁器が飾られている。 (右)陶磁器に絵を描いている。

陶磁器で有名な利川。三
時代から利川で陶磁器を作っていた痕跡がされているというが、朝鮮時代から陶工たちが定着し、
陶磁器を作り始めたことで本格化したとか。上質な土と水があったからというが、米で有名な利川でもあるので、それは間違いなさそうだ。
砂器幕
(サギマッ)コル陶芸村に到着すると、入口に置かれた大きなの造形物から印象的。入口からに向かっていていくと、
さまざまな陶芸家が自分の作品を展示しており、卸
のようないくつかの場所では、非常に手頃なで食器が販されていた。

工房に到着して、プログラムのを聞いた。簡な塗り体験や土練り状態から完成品を作るコースなどがあって、私は、土練り状態から
始めることにした。団体教室ではなく、
1:1で指導してもらえるため、自分のペスで作業することができるのが良かった。
手慣れた先生が、ろくろの速度を調節しながら私にさまざまな手の動きを
してくれた。わずかな手の動きで形が大きく
するのを見ると、陶磁器作りは本な作業だとした。形が完成した陶磁器に色塗りをする。も良いし、模
入れるのも良いと言われて、ストレス
を兼ねてままにけをしてみた。

こうやって一時間くらい作業をしていくうちに、何となくそれらしい作品ができた。その後、上をかけて、窯でく工程は工房で行うという。
34週間後に完成品が自宅にくとのこと。素敵な陶磁器ができそうで、期待に胸が膨らむ。


のポイント

現場で何を作るか決めるのは大なので、事前に決めておくとスムズに作業を進めることができる。
陶芸村にはさまざまな作品が展示されているので、工房に行く途中でそれらを見て回りながら、作りたい作品について思いを
巡らすのも
しい。

基本情報

利用時間: 10:0018:00(陶芸村の業者の規定による) / 月最終月曜日は全体休業

陶磁器: 一般陶磁5,000ウォン~20,000ウォン、磁小物(み、茶碗など) 15,000ウォン~50,000ウォン

費用: ろくろ体 20,000ウォン

時間: 1時間~1時間30

住所: 京畿道利川市キョンチュンデロ2993ボンギル

電話: +82-31-638-8388

ムペ: www.sagimakgol.com

 


[
セラピア/雪峯公園]


セラピアの全景。

(左)セラピアのマスコットの造形物が立っている。 (中)陶磁器が展示されている。 (右)雪峯公園の全景。

始めて訪れたセラピアは、雪峯
(ソルボン)公園、雪峯貯水池と隣接していて、とてもかった。一瞬どこから見ようか迷ったが、
陶磁器と
する場所だから、トヤジアムとセラミックス創造センタ中心に見することにした。
ここは、全体的には陶磁器をテーマにしており、ほとんどの壁や造形物は陶磁器で構成されている。文字通り、陶磁器に始まり、
陶磁器に終わる空間だ。

陶磁器といえば、高麗(コリョ)青磁や朝鮮(チョソン)白磁くらいしか知らなかったけど、ここに来て多くのことを学んだ。
特に、陶磁器で作られたなめらかな作品は、色と形が多様で、何よりも、本当に美しかった。
陶磁器作り体験を通じて土練りの繊細さを実感し、誰かの指先を経てこのように素晴らしい作品に生まれ変わることを知って、
感嘆あるのみだった。このように、創造センタとトヤジウムを見た後、雪峯公園に移動して、最近人上昇中という雪峯
自撮りもした。確かに
写真えスポットになるだけあると思った。


のポイント

場所はいが、う必要はない。にあるセラミックス創造センタとトヤジアムからスタトしに沿っていていけば、
重要な部分はすべて見ることができる。
いだけに、動線がよく考えられた場所である。

基本情報

観覧時間: 09:0018:00 / 週月曜日 / 1.1 / 正月の連休は休館

利用料金: 大人 3,000ウォン、軍人/少年 2,000ウォン、京畿道民は千ウォン割引

観覧時間: 2時間 / 平日13:0016:00 正時に展示解(週末は17:00まで可能)

ムペ: www.kocef.org/03art/07.asp

注意事項: 観覧終了1時間前まで入場可能

 

 



[
チェミジャソモリクッパ]


チェ・ミジャソモリクッパ。

(左)チェ・ミジャソモリクッパお店の全景。 (中)お店の内部の全景。 (右)チェ・ミジャソモリクッパ。


(グァンジュ)昆池岩邑(コンジアムウブ)に位置するチェミジャ ソモリクッパ。「利川旅行なのに、わざわざ昆池岩に寄って
クッパを食べる必要があるの?]という思いが頭から離れない。もちろん、それほど遠い距離ではないが、移動コースから
少し外れているので、手間がかかるのは事実だ。メニューは、やはり牛頭肉のクッパのみ。クッパは、注文すると待ち時間なしですぐに運ばれてきた。
土鍋に刻まれている「최미자
(チェ・ミジャ)」という三文字が印象的。壁の一面に飾られた芸能人の写真と、テレビ番組で紹介された写真を見ても、
ただものではないと思ったが、味わってみると、やっぱりわざわざ足を運んだ甲斐があったと思わせてくれる美味しさだった。

味に正解があるとすれば、牛頭肉クッパの正解はここではないかと思うほど、基本に忠な味。特に、トリョム(冷飯やそばに湯を
繰り返しかけて
めること)がよく出ているが、出す前に20回くらいトリョムを繰り返して、米の一粒一粒まで食感が生きており、
プもよく馴染んでいて、これがまた良かった。何よりも、モチモチとした食感の牛頭肉とゆで肉がたっぷり入っていて、肉好きの
私の好みにピッタリだった。もう一度
たくなるほど、大の食事だった。


基本情報

業時間: 06:0020:30 / 週月曜定休日

おすすめ1人メニュ: ソモリクッパ(牛頭肉クッパ)(11,000ウォン)

住所: 州市昆池岩邑トチョックロ20

電話番: +82-31-764-0257

 

 

[山茱萸村]


山茱萸道の全景。

(左)山茱萸村の全景。 (中)山茱萸村の全景。 (右)山茱萸村の全景。

春になると黄色い山茱萸の花が美しく咲き誇り、秋には赤い山茱萸の実が壮観を呈する山茱萸村
(サンスユマウル)
人工的に造成したところではなく、
100年を超える山茱萸の自生群落というから、その美しさは人間が真似できるものではないだろう。
期待を胸に足を踏み入れたものの、道に迷ってしまう。ひとまず、村の入口から右に進んでみると、書堂
(ソダン:寺子屋)が見えてくる。
道を間違えてたどり着いた場所だが、
21世紀に書堂とは、不思議な気分だった。結局、来た道を戻って左に登ってみると、山茱萸
ドゥルレ道のスタート地点に出た。今日は、「恋人の道」と呼ばれるドゥルレ道を歩いてみようと思う。
1km程度で、距離も適当だし、
山茱萸群落地を通るので、最も美しいコースらしい。村のあちこちに愛らしい壁画が描かれており、見る者の感性を刺激する。
こんな細やかな見所が、一人旅に花を添えてくれる。

ついに山茱萸群落地に到着!シーズンではないので、緑の木々しか見られなかったけど、
それでも美しかった。素朴な石垣道と、随所に「大好きだよ」、「ずっと一緒にいよう」と書かれた札が掛っており、雰囲気によく似合っているが、
一人でこの雰囲気の中にいると、訳もなく感傷的になる。深い山あいに隠された庭園に入ってきたように、木々を眺めながら細い小道をそぞろ歩くと、
いつの間にかスタート地点に戻っている。風景に見とれて、歩く苦労も忘れていた。春か秋に、もう一度来たいと思った。

 

基本情報

利用時間: 無料

利用用金: 無料

所要時間: 1時間30

住所: 京畿道利川市栢沙面ウォンジョクロ775ボンギル17

電話番: +82-31-632-4304

ムペ: www.2104산수유.com

 


[
官庫市場]


鶏モミジとてんぷら、おでんがおいてある。

(左)チキンのお店の入り口。 (中)鶏モミジを炒めている。 (右)お店で餃子を売っている。


「利川
=米」だが、有名すぎるせいか、それほど興味が湧かなかった。一人旅だから、普段見られない珍しい料理や、利川のれグルメの
ようなものが食べたかった。そこで見つけた官庫
(クァンゴ)市場の食店。意外なことに、モミジと砂肝の揚げ物が有名だとか。
これこそ、私が求めていた
食店だ。市場に入ってみると、食店がすぐ目に留まった。3ブロック程度の小さな市場の1ブロックを食店が占めるほど、大きかったからだ。

一番近くの店に入り、席に座って代表メニュであるモミジと砂肝の揚げ物をんだ。幸いなことに、1人前から注文できるため、
負担にならない量である。人の良さそうなおばさんが、
んでもいないのにおでんをサビスしてくれた。やっぱり、市場は最高だ。
にふさわしく、揚げ物はサクサクの食感に味付けも丁度よく、モミジは「旨辛い」、そんな味。聞いてみると、揚げ物は衣に米粉を
使用しているので、よりサックリとした食感になるそうだ。頭は
だと思っても、ついつい手が出てしまう。これはクセになりそう。
まあ、せっかくの旅行だし、今日は思いっきり食べるぞ!


基本情報

業時間: 07:0002:00 / 3週日曜日は定期休業

おすすめ1人メニュ: モミジ(7,000ウォン)、砂肝の揚げ物(7,000ウォン)、切ストチキン(足、手羽先それぞれ1,000ウォン)

住所: 利川市 チュンリチョンロ21ボンギル9

電話番: +82-31-635-5057(サムミブンシク)



チップ

[
スガイド]

 

1. い服装

- 陶磁器体と山茱萸村ドゥルレ道のトレッキングに備え、活動しやすい服装

 

2. 陶磁器作りのための事前

- 形やデザインなどについて、事前に考えておくと作業が進めやすい