癒しスポット グルメ本能、東豆川、異色グルメ熱戦

作成者管理者日付09/06/2018

グルメ本能、ご当地グルメで満喫する幸福な旅。東豆川、異色グルメ熱戦


ハイライト

所要時間: 5時間 / 予想費用: 5万ウォン / おすすめ時期: 四季の旅行

おすすめコ: 光地-56ハウス-デザインアトビレッジ-ハッピザ-テキサススップルバベキュ 

 

[スイントロ]

私は、人の体が感じられる場所が好きだ。華やかなショッピングモルよりも、身近な市場が好きで、贅なレストランではなく、
素朴な町の食堂で食事を
しみたい。そんな私にとって、東豆川(トンドゥチョン)は、魅力にちた場所である。
長年、米軍部隊と交流しながら、
の雰囲気し出す通りがあり、何よりも喜怒哀められた東豆川ならではのグルメがある。
の暮らしが溶けんだ東豆川の西洋料理の。今日は、東豆川の異色文化を旅してみよう。

 


[56
ハウス]


56ハウス定食。

(左)56ハウスの全景。 (中)56ハウス定食。 (右)キングバーガー。


56
ハウスは、外からしてただ者ではない。白い壁と、その片隅に小さなドアが一つ。どう見ても、食店とは思えない。
ドアを開けて入ると、昔
かしい洋食店のインテリアがそのままされている。レンガ造りの室と、華やかな彫刻が施されたテブルと椅子。
こんな雰
囲気の中でまた食事がをすることができるなんて、感無量だ。代表メニュである56ハウス定食を注文すると、
間もなくス
プとスパゲッティが先に出される。

味も構成も昔のそのまま。こんな店が今もっているのが不思議なくらいだ。いよいよ運ばれてきたメインメニュ
ハンバ
グステキと白身魚フライ、トンカツで構成されていて、ホテルシェフ出身のオのセンスが光り、プレティングも一流だ。
幼いころ、
に連れて行ってもらった洋食店の思い出がに浮かび、胸を熱くしながら料理を味わった。

かしい味と雰囲気で、思わずが緩む。かつて味わった幸福な瞬間を思い出させてくれる貴重なレストランだ。


グルメのポイント

代表メニュ56ハウス定食で、サラダ-ガーリックトースト--スパゲッティ-トンカツの盛り合わせで構成されてボリュ
めの食事をしみたい方には、目玉き入りのキングバがおすすめ

基本情報

業時間: 10:00 22:00/名節当日は休業

おすすめ1人メニュ56ハウス定食 14,000ウォン、キングバ 6,000ウォン

住所: 東豆川市サンぺロ210-9

電話番: +82-31-865-5656

ムペ: 56house.kr

 


[ホットピザ]


ホットピザを一切れ持ち上げている。

(左)ホットピザの全景 (中)ホットピザの内部全景 (右)豚肉のトリノ

東豆川の中心街に
ると、ホットピザの看板があちこちにあることにが付く。今回の旅行予定には含まれていなかったけれど、
どうやら有名な店のようなので、急遽寄り道決定!これぞ、旅の醍醐味。店
は、レトロなウェスタンスタイルのビアホルのような囲気
に客の写真やアンティクな小物が置かれ、壁はメニュ写真で埋めくされている。

ピザ屋さんなのでピザを一枚注文し、壁のメニューが気になって、トリノというのも注文してみた。米軍に人気のメニューらしい。
最初に出されたピザを見ると、チーズがものすごい。ピンデトクのように分厚いチ
ズが半分以上、一切れ持ち上げると、
コマ
シャルのようにどこまでもチズが伸びる。味は、幼いころ母が作ってくれたピザのように、野菜と肉がたっぷりトッピングされて、
スの味はくない。文字通り、ホムメイドスタイルだいて出てきたトリノは、甘い味つけの豚カルビを連想させる味だった。

一般的に、「おふくろの味」というと、白ご飯とおかずを思い浮かべるが、こちらも「おふくろの味」に違いない。
西洋スタイルのおふくろの味である。本格的なイタリアンピザには及ばないが、家でお母さんがぶきっちょに、でも心を
めて作ってくれた洋食のように、
心暖まる魅力に
ちている。


グルメのポイント

店の名前はハッピザだが、メニュ70種類以上。ピザ以外にもさまざまなメニュがあり、好みの一品を探すのもしみの一つ。

基本情報

業時間: 11:00 22:30/年中無休

おすすめ1人メニュ:豚肉のトリノ(7,000)、コンビネションピザ(small 18,000 / large 22,000)

住所: 東豆川市チュンアンロ353ボンギル15

電話番: +82-31-861-0075

 


[
テキサススップルバベキュ]


チキンバーベキュー

(左)テキサススップルバーベキューの外観。 (中)チキンバーベキュー一切れを持ち上げている。 (右)テキサススップルバーベキューの内部全景。

東豆川で一番
しみにしていた店。某料理番組で優勝した味ということで、さらに期待が高まる。メニュはシンプルにバベキュのみ
フサイズも注文可能なので、一人でも十分しむことができる。自家製の甘酸っぱいソスも美味しいけれど、一度燻製した後、
炭火でもう一度
き上げるの肉質は逸品。ササミまでパサつかずもっちりしているなんて、開業50年のはさすがだと感じる。
一口ほおばると、燻製の香ばしさが
がっていく。チキンの小さな欠片にまで、炭火きのサックリとした食感と燻製の香り、
特製ソ
スの甘酸っぱい味が染みんでいて、この店の人の理由が分かる。店はそれほどくないが、テイクアウトが多く、常に忙しい。

また食べたくなりそうだし、家族にも食べさせたくて、私もテイクアウトを追加注文した。わざわざ足を運んだ甲斐のある食事だった。


グルメのポイント

ベキュ注文すると付いてくる豆のスプもかなり美味しい。さらっとしたい豆スプは、ほどよい甘さと酸味で、
ベキュ味をさらに引き立ててくれる。

基本情報

業時間: 10:00 22:00週日曜は休業

おすすめ1人メニュ:チキンバベキュ(1人前9,000)、スペアリブバベキュ(13,000)

住所: 東豆川市チュンアンロ366

電話番: +82-31-861-3634



 

連携コ 


[
光地]


逍遥山国民観光地の全景。

(左)逍遥山国民観光地の展望台。 (中)逍遥山国民観光地の散策道。 (右)逍遥山国民観光地の入り口。

早朝に訪れた逍
(ソヨサン)。やっぱり、山や森は朝の時間が良い。空もより爽やかで、適度な涼しさの中、心地好く汗をかくことができる。
私の目的地である元曉窟
(ウォンヒョグル)までは、かなりまで入らなければならないが、道がされているため、
散策するように
気軽に登ることができる。

登り道のあちこちに、元曉(ウォンヒョ)大師と瑤石(ヨソク)をモチフにした造形物が多く見られる。二人の物語は、
かどうかをめぐって意見が分かれている。
はどうでも、二人の物語は、逍を訪れる好奇心を刺激するには十分だ。ゆっくり30分ほどくと、元曉窟にたどり着く。
伝説の中の場所だと思っていたところをに目にして、何だか不思議なになる。森の中にある洞窟ということで、
修行にはもってこいの雰
囲気だ。元曉窟の上には元曉台があり、ここから見る逍の風景は本に美しい。

元曉窟で修行を積み、元曉台に登って瞑想をすると、私も悟りを得ることができるだろうか?雰囲気に身を任せ、
そんな妄想をしてみた。


基本情報

入場時間:常時開放

入場料金:一般 1,000ウォン/駐車料金(2,000ウォン/日)

所要時間: 1時間

 


[
デザインアトビレッジ]


デザインアートビレッジの全景。

(左)工房の内部様子。 (中)デザインアートビレッジの全景。 (右)デザインアートビレッジの全景。

不思議な雰
囲気し出すここは、十年したような古い店が立ち並ぶ一方、新たに開業する洗練された工房もあって、
ここでの
を一目で見ることができる。宴門店や、タキシ門店など、初めて見る店が多くて不思議な感じがする。
米軍基地の移
によって多くの店がしたのはだけど、古い看板と店の面影は今もそのままされていて、この通り
囲気を感じるには十分だ。センタ立ち寄り、ビレッジガイドブックをもらって見ると、面白そうな場所が多い。
モノクロ
写真工房統遊工房もある。ここまでた記念に、統遊工房に寄ってみた。ゴヌ(十六むさし)や竹鈴のような
馴染みのない遊びにトライしてみると、思ったより難しくて、逆にやる
がわいてきた。娯楽が少なかった昔、ない遊びを長く
しめるように、難しく考案されたという。予想以上に長い時間を過ごした工房を出てから、ふっと顔を上げると、独特な壁画が目に着いた。
街の雰囲気ともよく似合っていたので、
写真を何枚かしてみた。


基本情報

利用時間:11:00 18:00 / 店によって相違

利用料金:無料 / に別途の体が必要

所要時間: 2時間

住所: 東豆川市ピョンファロ2539保山

ムペwww.dav2015.com



チップ

[スガイド]

1. 週末のを利用した旅行

- 週末のに最も多くの店がしており、見どころも

 

2. 普段の食習慣を考慮した旅行

- 食事の量や好みを考慮:自分の普段の習慣に基づいて、適切に食事を調整しながら旅行