ユネスコ世界遺産 車なしのBMW旅行コース [驪州]

作成者管理者日付07/04/2018

のんびり楽しむ世界文化遺産、英寧陵(ヨンニョンヌン)巡り 。

 

 

コースわかり

驪州コース早わかり 

 

* 世宗大王観光循環バス: ワンデーチケット1枚で一日中自由に利用できる観光循環バスで、驪州(ヨジュ)の観光名所を見て回ることができます。1時間間隔で運行されており、コースは「カ」路線と「ナ」路線に分かれています。「カ」路線の主な経由地は、神勒寺(シンルクサ)、木芽(モガ)博物館、康川堰(カンチョンボ)、康川島(カンチョンソム)、黄鶴山(ファンハクサン)樹木園などで、 「ナ」路線の主な経由地は、世宗大王陵、驪州堰(ヨジュボ)、梨浦堰(イポボ)、混ぜそば村、高達寺址(コダルサジ)などがあります。世宗大王陵や神勒寺、驪州五日市 では、2つのコースでの乗り換えが可能です。詳しい運行時間などは驪州市文化観光ホームページをご参照ください。

- 運賃: 5,000ウォン(驪州駅以外の他の場所で乗車する場合は4,000ウォン)

- 購入先: チケット売り場または運転手(現金、満席の場合は次のバスをご利用ください。)

- ホームページ: www.yeoju.go.kr/main/culture/

 

* 一般バスのおすすめコース: 驪州総合バスターミナル --(バスで20)-- 英寧陵 --(バスで40分、乗り換え1)-- 神勒寺観光地(神勒寺、驪州博物館、陶磁セサン) --(バスで15)-- 驪州総合バスターミナル

 

* 交通: 観光循環バスでない、一般バスで移動する場合は、驪州総合バスターミナルからの出発が便利です。京江線(キョンガンソン)を利用する場合は、世宗大王陵駅と世宗大王陵を往復する904番バスが1時間間隔で発車します。

 

* タクシーお問い合わせ: 驪州タクシー +82-31-885-4197、コグァンタクシー +82-31-883-8000GGコール +82-1688-9999

 

* 循環バスの運行時刻

- 平日 カ路線 驪州駅出発時刻 9:5016:00、ナ路線 驪州駅出発時刻 10:1016:20

- 週末 カ路線 驪州駅出発時刻 9:3515:35、ナ路線 驪州駅出発時刻 10:1016:10

 

こんな方におすすめ!

* 澄んだ空気を満喫しながらウォーキング旅行がしたい方!

* 世界文化遺産や千年古刹などを巡りたい方!

 

イントロ

KTX京江線の開通により、世界文化遺産の英寧陵へのアクセスが便利になりました。美しい自然に囲まれた場所で、のんびり歩きながら世宗大王や孝宗大王の夢や理想に触れてみてはいかがでしょうか。2人の国王が埋葬された場所を繋ぐ「王の林道」は、巨大な松の木が鬱蒼とするまさに王の道。お年寄りの方でも歩けるようにきれいに整備されており、歩いて15分ほどかかります。夕方には、南漢江(ナムハンガン)の絶景が一望できる千年古刹「神勒寺」から夕焼けに染まる南漢江の景色を眺めてみましょう。11歩ゆっくり歩きながら楽しむ歴史旅兼ヒーリング旅行にいざ出発!

 

英寧陵の全景。 

 

ハイライト

- 英陵から孝陵までを繋ぐ「王の林道」を歩きながら森林浴を楽しむ

- 川西里(チョンソリ)混ぜそばにゆで肉を添えて食べる

- 神勒寺の宝物を探す

 

神勒寺の南漢江を眺めている三層石塔 

 

<コース紹介>------------------------------------------------------------

1コース.

王の時間を共有する 英寧陵

韓国人にとってハングルという文字を生み出した世宗大王は格別な朝鮮国王です。偉大なる業績をいくつも残した世宗国王が眠る場所がここ驪州にあります。世宗大王陵への行き方はいくつかありますが、新しくできた京江線に乗って驪州駅で下り、循環バスに乗るのが一番便利で、驪州の他の観光スポットを気軽に回ることもできます。

世宗大王陵に到着すると、瞬間移動でもしたかのような、平和で静かな場所が広がっています。王陵の後ろには松林が鬱蒼としており、遠くまで見渡せる景色が訪れる者を魅了します。右手にある「王の林道」を歩いて行くと、孝宗大王の王陵が現れます。孝宗は、丙子胡乱の際に清の国から受けた屈辱を晴らすために、北伐の夢を見ましたが、結局は実現されず、41歳の若さでこの世を去りました。この2人の王様の王陵を繋ぐ王の林道は、上品で尊厳な雰囲気が漂う場所です。大きな松の木がいくつもあり、龍が天に昇って行くような曲線を描いています。歩いて15分ほどかかる散策路で、この道も驪州の名所として人気を集めています。世宗大王に関する資料が展示された世宗大王歴史文化館にも立ち寄ってみることをおすすめします。

 

英寧陵 

 

旅行情報

- 場所: 京畿道驪州市陵西面ヨンヌンロ269-50

- お問い合わせ: +82-31-880-4700

- 時間:910 /25 09:0018:0068 09:0018:30111 09:0017:30 (チケット販売は、閉場の1時間前まで) /月曜日定期休日

- 入場料: 500ウォン

- ホームページ: https://sejong.cha.go.kr/agapp/main/index.do?siteCd=SEJONG

 

2コース.

南漢江を眺める 梨浦堰

英寧陵から梨浦堰までは観光循環バスで20分ほどかかります。南漢江に立てられた3つの堰(堤防に囲まれた一種の貯水施設)のうちの1つで、天を抱き、飛翔する白鷺をモチーフにして造られました。白鷺の卵を形象化した金属製の造形物が水門を開閉するゲートリフトの上に乗っている様子は、SF映画のワンシーンを思わせます。南漢江の自転車道路がこの場所を通るため、サイクリングを楽しむ人たちの休憩場所にもなっています。車の通行は禁止されており、人や自転車だけが通行できるため、平穏で静かな趣を味わうことができます。梨浦堰展望台に登ると、南漢江や梨浦堰を一望することができます。カフェでコーヒーを飲みながら景色を楽しんだり、写真を撮るのもいいでしょう。

梨浦堰から川西里混ぜそば村までの道は、徒歩20分ほどで、梨浦堰循環バスのバス停で下りて、南漢江を眺めながら梨浦堰を過ぎ、川西里混ぜそば村まで歩いて行く道がおすすめです。

 

南漢江の梨浦堰の全景。 

 

3コース.

歯応えのあるそば麺と甘辛い特製ソース! 川西混ぜそば

江原道(カンウォンド)にだけ混ぜそば(マッククス)があるわけではありません。驪州にも混ぜそばで有名な飲食店がありますが、川西混ぜそば村のカンゲポンジン混ぜそばとフンウォン混ぜそばが特に有名で、平日や週末に関わらず、常にお客さんで賑わいを見せています。 甘辛い北朝鮮風の混ぜそばで有名なカンゲポンジン・マッククスはテレビのグルメ番組「ぺク・ジョンウォンの三大天王」に紹介され、さらに人気を集めました。歯応えのあるそば麺とさっぱりした大根の水キムチスープが有名ですが、この店の特製ダレも人気の理由の1つです。タレや辛子ソース、アミの塩辛につけて食べるゆで肉も美味しいと好評です。

 

(左)川西混ぜそば (右)ゆで肉 

 

旅行情報

 

カンゲポンジンマッククス

- 場所: 京畿道驪州市大神面チョンソリギル26

- お問い合わせ: +82-31-882-8300

- 営業時間: 10:30-20:00

- メニュー: 混ぜそば8,000ウォン、水混ぜそば8,000ウォン、ゆで肉17,000ウォン

- ホームページ: www.강계봉진막국수.kr

 

ホンウォン・マッククス

- 場所: 京畿道驪州市大神面チョンソリギル12                

- お問い合わせ: +82-31-882-8259

- 営業時間: 10:30-20:00

- メニュー: マッククス7,000ウォン、水マッククス 7,000ウォン、ピョニュク 15,000ウォン

 

4コース.

南漢江の絶景が広がる千年古刹 神勒寺

山中のお寺によく見られる川のほとりに佇むこのお寺には、他のお寺には見られない魅力があります。青い芝生が広がる江辺公園と黄布帆船の渡し場を過ぎ、寺址に入ると、江沿いに2つの塔が見えます。昔の船乗りたちの道しるべとなった神勒寺多層塼塔は、レンガを積み上げて造った高さ9.4m壮大な塔です。その下方には、岩の上にすっくと立っている三層石塔の横を流れる南漢江を眺めているとすっきした気分になります。右側には文人たち遊技場として相応しいような東屋の「江月軒(カンウォルホン)」があります。この江月軒に座って揺れる黄布帆船を眺めながら至福のひと時を過ごすのもいいでしょう。また、高麗時代の重要な文化財が多く、宝物探しをするように境内を隅々まで見て回ることもできます。驪州でも指折りの観光スポットと言えば、この「神勒寺」を中心に整備された神勒寺観光地です。神勒寺観光地には、驪州博物館や陶磁セサンがある他、広々とした公園が整備されており、家族連れのお出かけスポットにも最適です。

 

(左)神勒寺の全景 (右)神勒寺の多層塔 

 

旅行情報

- 場所: 京畿道驪州市シンルクサギル73

- お問い合わせ: +82-31-885-2505

- 入場料: 大人 2,200ウォン、中高生 1,700ウォン、子供 1,000ウォン

- ホームページ: www.silleuksa.org

 

5コース.

見て、買って、体験して、楽しむ陶磁器のメッカ! 驪州陶磁セサン

食器や小物好きの人は、無駄遣いに気を付けたい場所です。主婦の方や生活用品に興味がある人なら、目の前に広がる日用品陶磁器につい心を奪われてしまうかもしれません。オシャレでユニークなアート風の陶磁器など、ついほしくなってしまう物ばかり。 パンダル美術館では、特別展や企画展、展示会など、陶磁器に関する展示会が行われています。美術館の前にある憩いの場「トイェラン」では、日用品の陶磁器が販売されていますが、1,000ウォンでマグカップ、2,000ウォンで食器を購入することができます。また、韓国最大の陶磁器専門ショッピングモールの陶磁セサンでショッピングを楽しむのもいいでしょう。

毎年春には「驪州陶磁器祭り」が行われる他、毎月第2週目の週末には文化市場「リバーマーケット」が開かれ、若者たちで賑わいを見せています。

 

(左)驪州陶磁セサンで売っている陶磁器。 (右)陶磁を焼いている竈。 

 

- 場所: 京畿道驪州市シンルクサギル7

- お問い合わせ: +82-31-887-8232

 

<耳より情報>-----------------------------------------------------------------

車なし旅行客向けの耳より情報

 

TIP 1. 黄布帆船の乗船体験

朝鮮時代の主な運送手段であった黄布帆船を再現した遊覧船で、南漢江に沿って驪州を観光することができます。秋には神勒寺の美しい紅葉を船の上から眺めることができます。江辺公園や英陵など、驪州の有名観光スポットから乗船することができます。

 

- お問い合わせ: +82-31-882-2206

- 運賃: 往復 5,00010,000ウォン

- ホームページ: www.yeoju.go.kr/main/culture/ (驪州文化観光)

 

TIP 2. 驪州博物館でコーヒー1杯のくつろぎを

驪州には、世宗大王陵と孝宗大王陵、神勒寺、欣岩里(フナムリ)先史遺跡址、高達寺址(コダルサジ)、明成皇后生家など、たくさんの文化遺跡があります。 また、驪州博物館には、驪州の文化遺跡地から出土した遺物や民俗資料などが展示されています。

神勒寺観光地でオシャレなカフェと言えば、驪州博物館のヨマ館。韓国建築家協会賞を受賞し、今年の建築ベスト7に選定された建物で、1階には美しい水の空間が広がっています。

 

旅行情報

- 場所: 京畿道驪州市シンルクサギル6-12

- お問い合わせ: +82-31-887-3583

- 営業時間: 09:0018:00(定休日 月曜日)

- 入場料: 無料

- ホームページ: www.yeoju.go.kr/museum

 

(左)南漢江に船一隻がとまっている。 (右) 驪州博物館の全景。