アクティビティ&体験 車なしのBMW旅行コース [水原]

作成者管理者日付07/08/2018

熱気球に乗って空高くGO GO! フライング水原

 

 

コースわかり

水原コース早わかり
 

 

* 水原(スウォン)駅の10番出口を出て、水原駅前のバス停で35番、46番、999番バスに乗り、華城行宮(ファソン・ヘングン)前のバス停で下りた後、5分ほど歩くと、華城行宮広場に到着します。水原駅から華城行宮や長安門(チャンアンムン)までのタクシー代は4,0005,000ウォンほどなので、タクシーを利用するのもいいでしょう。

* 錬武台(ヨンムデ)で国弓体験をした後、水原駅に戻る際は、蒼龍門(チャンニョンムン)/錬武台前のバス停で999番、400番、2-2番に乗って水原駅まで行きます。タクシーだと、20分ほどかかり、運賃は5,0006,000ウォンほどになります。

 

こんな方におすすめ!

* 直接触れて体験できる、リアルな旅がしたい方!

* 水原華城を歩くだけでは物足りないという方!

 

イントロ

水原華城を旅行する方法はたくさんあります。まずは、ベロタクシーに乗って解説を聞きながら、路地裏を回る旅。2つ目は、熱気球に乗って空の上から水原華城を眺める旅。そして、3つ目は城郭通りを歩きながら景色を楽しむ旅!

中でも、空の上から水原華城を眺めるフライング水原は、ユニークな体験を好む人におすすめです。城郭通りをゆっくり歩きながら見物していると、訪華随柳亭(パンファスリュジョン)や蒼龍門のように座って休める公園が現れます。また、水原ローストチキン通りや池洞(チドン)市場のようなグルメ通りもあり、休んだり、食べたりしながら、ゆっくり楽しむことができます。

 

熱気球が水原華城の上を飛んでいる。 

 

ハイライト

- 熱気球に乗って空の上から水原華城を眺める

- ベロタクシーに乗って水原華城を回り、運転手さんの解説を聞く

- 水原ローストチキン通りで丸ごとローストチキンを食べる

-  

 

ライトアップされた水原華城。 

<コース紹介>------------------------------------------------------------

1コース.

文化解説も聞ける、環境にやさしい電気自転車 ベロタクシー

人力車?それとも自転車?外見だけではよく分からないベロタクシーは、運転手が文化ガイドをしてくれるツアー向け電気自転車です。水原華城の路地を隅々まで回りながら、約1時間ほど旅行するエコなプログラムで、定員は2人まで。聞きたいことがあれば、その場で聞ける2人のための文化解説も満足度が高いと評判です。重要な名所ではベロタクシーから降りて、詳しい水原華城の歴史や文化財についての説明を受け、記念写真を撮ることができます。水原華城の重要なスポットに隠されている物語や周辺の街の移り変わりなどを聞きながら旅していると、1時間はあっという間に過ぎてしまいます。華城行宮や華虹門(ファホンムン)から出発し、23コースの中から好きなコースを選ぶことができます。ベロタクシーの魅力は、遅いということ。周りの景色を楽しみながら、のんびりとした時間を過ごすのに最適です。

 

ベロタクシーに乗って手を振っている観覧客。
 

 

旅行情報

- 場所 : 華城行宮広場 / 華虹門チケット売り場

- お問い合わせ : 華城行宮チケット売り場 +82-31-228-4683、華虹門チケット売り場 +82-31-248-3540

- 期間 : 3月~11

- 時間 : 09:3016:301日に7回運行)

- 利用料 : 週末・祝日 1台あたり 14,000ウォン / 平日 1台あたり 10,000ウォン * 1台につき2名様まで乗車可能

 

 

2コース.

八達山(パルタルサン)の麓、美しい宮、華城行宮

他のどの行宮よりも壮大な造りの華城行宮は、正祖大王が父親である思悼世子の王陵「顕隆園(ヒョンヌンウォン)」に出向く際に滞在した場所です。ここは、歴史や文化的意味からも立ち寄る、価値のある場所ですが、楽しみどころが充実していることもおすすめの理由の1つです。華城行宮の楽しみ方は様々ですが、大きく3つに分けられます。1つ目は週末に開かれる武芸24技示範公演。2つ目はスタンプラリーをしながら行宮を回ること。3つ目は陶磁器づくり、伝統衣装の試着などの体験プログラムを楽しむこと。週末は休みなく行われるので、ぜひ参加してみてください。

 

華城行宮の全景。
 

 

旅行情報

- 場所: 京畿道水原市八達区チョンジョロ825

-お問い合わせ: +82-31-290-3600

-営業時間: 夏期 09:0018:00、冬期 09:0017:00

-入場料: 大人 1,500ウォン、軍人/中高生 1,000ウォン、小学生 700ウォン

 

3コース.

丸ごと揚げるから、おいしい!水原ローストチキン通り

水原にはローストチキンの聖地があります。ローストチキン店が八達門(パルタルムン)近隣に集まり、ローストチキン通りを形成しはじめたのが由来で、ジューシーで美味しい味が好評を博し、夕方になるとたくさんの人で賑わいを見せます。テレビのグルメ番組で取り上げられたお店などは、お店の外まで行列になるほど。この通りの横には、水原川が流れており、風雅な趣を演出しています。鶏肉を揚げる香ばしい香りが漂っているだけでなく、店の外にある大きな釜で鶏肉を揚げる音が聞こえるため、思わずお店に立ち寄ってしまうのも仕方ありません。

 

ローストチキンと生ビール。 

 

4コース.

正祖の夢を追いかける 水原華城

ローストチキン通りの近くには、水原川南水門があります。ここから世界文化遺産の水原華城に登り、城郭に沿って蒼龍門まで歩いてみましょう。城郭通りを歩きながら、水原の街を眺めたりと見どころ満載です。全長5.4㎞ほどの城郭通りを一周するにはかなりの時間がかかりますが、蒼龍門までの所要時間は約20分。熱気球に乗ったり、錬武台で弓道体験をしたり、訪華随柳亭の柳の木の下で休んだりしながら、世界文化遺産をダイナミックに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

水原華城の全景。 

 

旅行情報

- お問い合わせ: +82-31-290-3600 

- 観覧時間: 夏期(3月~10) 09:0018:00 / 冬期(11月~2) 09:0017:00

- 入場料: 大人 1,000ウォン/中高生及び軍人 700ウォン/子供 500ウォン

- ホームページ: www.swcf.or.kr

 

5コース.

空の上から水原を一望する フライング水原

風の音を耳で聞き、上空の風を体で感じることのできるフライング水原は、ガラス越しでない、開けた状態から水原の街並みを一望することができます。

地上から空へ飛び立つ時は多少の緊張感はありますが、上空から眺める水原の美しい街並みに思わず感嘆の声をあげてしまうでしょう。天候によって異なりますが、最大150mの高さまで登ることができます。風の強い日は上空で揺れることもあり、スリルを味わうこともできます。筒形の通路を1周して水原を360°から眺めたり、チューブのように空いた穴から水原の街並みを覗いたりとユニークな体験が楽しめます。

フライング水原は、水原の美しい夕焼けや夜景を見るおすすめの方法でもあります。暗くなると、ヘリウム気球に明かりがついて、まるで満月に乗って上空を飛んでいるかのような錯覚に陥るほどです。何よりもライトアップされた水原城郭が温かみのある美しさを演出しています。

上昇と下降の時間を含めて20分あまりの体験時間になりますが、水原華城を一望する感動を味わうには十分です。城郭の上を飛びながら、正祖が夢見た新都市を眺めてみてはいかがでしょうか。水原華城の蒼龍門を通過し、反対側に行くと、ヘリウム気球フライング水原のチケット売り場が現れます。年中無休で運行されていますが、雨の日や、風が強い日は運行されません。

 

フライング水原に乗っている観覧客たち。 

 

旅行情報

- 場所: 京畿道水原市八達区キョンスデロ697 蒼龍門総合案内所及び公衆トイレ

-お問い合わせ: +82-31-247-1300

-観覧時間: 夏期 平日 11:0021:30、週末 10:0021:30 / 冬期 平日 11:0020:30、週末 10:0020:30

-利用料: 大人 18,000ウォン、中高生 17,000ウォン、子供 15,000ウォン

-ホームページ: www.flyingsuwon.com

- TIP: インターネットでの予約は受け付けておらず、当日のチケット販売となります。搭乗待機人数が多い場合は、待ち時間が長くなることがあるため、週末には待機時間を考えて日程を組むようにしましょう。

 

6コース.

敵に向けて思いっきり弓を引く国弓体験

国弓体験場のある錬武台は、正祖の時代に、軍人たちが武芸を磨いていた場所です。朝鮮時代の軍人たちの掛け声が聞こえてくるような場所は、今では水原でも人気を博す国弓体験場兼憩いの場になりました。国弓体験は、子供から大人まで誰もが楽しめるもので、力いっぱい弓を引いて離した後、残念がる者もいれば、ガッツポーズする者もいます。子供たちも敵を見て姿勢を正す時は真剣そのもの。10分ほど、国弓や基本の姿勢についての説明を受けるため、子供や初心者でも気軽に弓を引くことができます。2階にはカフェがあり、弓を引く姿を上から眺めることもできます。テラスに座って弓道体験を見物したり、コーヒー1杯の憩いの時間を過ごすのもいいでしょう。

 

国弓体験をしている観覧客たち。 

 

旅行情報

- 場所 : 水原市八達区チャンニョンデロ103ボンギル8 水原華城 蒼龍門

- お問い合わせ : +82-31-255-8910

-営業時間: 夏期(3月~10) 09:30-17:30 / 冬期(11月~2) 09:30-16:30(昼休み 12:3013:30を除く)

- 利用料 : 1 10 2,000ウォン

- TIP : 7歳から参加可能。雪や雨が降る場合は中止

 

<耳より情報>-----------------------------------------------------------------

車なし旅行客向けの耳より情報

TIP 1. 武芸24技示範公演

午前11時になると、華城行宮の新豊楼(シンプンヌ)前は気合の入った大声が鳴り響きます。竹の木をソーセージを切るように、簡単に切ったかと思えば、藁の束がまふたつに切られたりと迫力満点。武芸者たちの歯切れの良い動きは、羽のように軽くもあり、踊りのように美しくもあります。30分ほどのこの武芸公演は、無料とは思えない完成度の高い内容が訪れる者を魅了します。

武芸24技は正祖の命令を受け、実学者の李徳懋や朴斉家、武芸の達人である白東脩が1790年に執筆した「武芸図譜通志」の24種類の武芸を意味します。華城に駐屯していた壮勇営の兵隊たちが磨いていた武芸であると言われています。

 

- 場所 : 京畿道水原市八達区チョンジョロ825、華城行宮 新豊楼前

- 時間 : 火曜日-日曜日 11:0011:30 (定休日 毎週 月曜日)

- 観覧料 : 無料

 

TIP 2. ここも行ってみよう!水原華城博物館

水原ローストチキン通りの近くに、水原華城博物館があります。華城の築造や正祖大王の行幸の様子などが展示されている博物館で、1階と2階の展示室を全て見終わるまで1時間ほどかかります。

 

旅行情報

- 住所: 京畿道水原市八達区チャンニョンデロ21 水原華城博物館

- お問い合わせ: +82-31-228-4242

- 時間: 09:00 18:00(チケット販売は午後5時まで)、定休日 第1月曜日

- 入場料: 大人 2,000ウォン、中高生及び軍人 1,000ウォン、子供及び高齢者 無料

 

TIP 3. ここも行ってみよう!水原工房通り

七宝工芸、木工芸、陶磁工芸などが集まっている水原工房通りは、ソウルの仁寺洞(インサドン)のように、オシャレなお店やカフェが集まる場所です。可愛い小物やアクセサリーを見たり、カフェで一息ついたりと、水原の街を満喫することができます。華城行宮・新豊楼に向かって左手に行宮路がありますが、その道を進んでいくと工房通りが現れます。

 

(左)武芸24技示範公演をしている。 (中)水原華城博物館の内部。 (右)水原工房通りの全景。