伝統文化 済扶島タプジェサン展望台

作成者관리자日付03/26/2019

済扶島タプジェサン展望台1
済扶島タプジェサン展望台2
済扶島タプジェサン展望台3
済扶島タプジェサン展望台4
済扶島タプジェサン展望台5
  • 位置

    ファソン

  • 住所

    京畿道華城市西新面済扶里

  • 電話番号

    031-369-1673(済扶島管理事務所)

  • ホームページ

    http://tour.hscity.go.kr(華城市文化観光ホームページ)

  • OVERVIEW

    タプジェ山は済扶島の人にとっては特別な山だ。済扶島北にある山で海抜66.7メートルだが、島全体を見回すことができる最も高い場所だ。 タプジェ山の頂上に登れば済扶島はもちろん、向かい側の大阜島(デブド)やと西海の米港、全谷港、弾道港、天気の良い日は遠くにある宮坪港まで見える。 済扶島北方の海にあるヌエ島から弾道港まで続く巨大な風車も目を引く。 済扶島に入ってくる長い路頭の道もひと目に入ってくる。 

  • HIGHTLIGHT

    展望台に向かう道は,済扶島の名物である‘ツバメの道’だ。 2017年と2018年には文化体育観光部と韓国観光公社が選定する‘今月の推薦道’に2年連続選定されるほど景観の優れた道として、灯台駐車場を出発し海岸デッキ道と済扶島海水浴場,搭載山の森道を歩み、再び灯台駐車場に戻るコースとなっている。 全長2キロにゆっくり歩いても1時間で十分な距離だが、道のあちこちで会う写真撮影ポイントときれいな構造物、海外からもその個性を認められた景観ベンチで一休みしていると、時間の経つのも忘れる。 

    もし展望台に上る日が清くないからといって失望することはない。 海霧に積もった済扶島と周辺の海がむしろ幻想的な雰囲気を演出する。 曇りの日,空と海と干潟の境界が消えた独特の写真は、とても感性的な感じで迫るだろう。