伝統文化 済扶島エスプラネード

作成者관리자日付03/26/2019

済扶島エスプラネード1
済扶島エスプラネード2
済扶島エスプラネード3
  • 位置

    ファソン

  • 住所

    京畿道華城市西新面海岸散策路

  • 電話番号

    031-369-1673(済扶島管理事務所)

  • ホームページ

    http://tour.hscity.go.kr(華城市文化観光ホームページ)

  • OVERVIEW

    済扶島には昔から若い恋人の間で‘愛がかなう島’という笑い話がある。 潮が下がる時、島に入って海辺に遊んだら、島から発つ時間を逃がしてしまう。 そうして潮が上がり入り込む道が浸ると、なすすべもなく島で一夜をすごせなければならないので愛が深まるという。 帰る時間をうっかり忘れるほど浜辺は長く,その向こうは夕焼けも美しい。 

  • HIGHTLIGHT

    済扶島では砂浜の後ろに堤防を築き、海岸線に沿って木デッキのエスプラネードを作った。 済扶島が夏はもちろん春と秋、そして冬まで年中観光客が訪れるが、海辺を歩きづらい姿で来る場合も多いので、誰でも歩きやすく造成したのだ。 タプジェ山を回ってツバメの道に沿い長く造成されたエスプラネードを歩んでいると、広々とした西海の海に気持ちがすっかりとする。 その道の終わりには済扶島のランドマークである赤い灯台が立っている。 

    済扶島エスプラネードは単に散歩をするための道ではなく、海風や日差し、涼しい展望を楽しむ憩いの空間だということに目をつけて造成した。 海辺は陰イオンが豊富であり、ウッズベージングをする森のような心地よい安らぎを与える。自然を満喫しながら歩き、所々においてある景観ベンチで昼寝も楽しみ,海が与える新鮮さを楽しんでみよう。 但し、紫外線には要注意。