伝統文化 済扶島(チェブド) 

作成者관리자日付03/26/2019

済扶島(チェブド) 1
済扶島(チェブド) 2
済扶島(チェブド) 3
済扶島(チェブド) 4
  • 位置

    ファソン

  • 住所

    京畿道華城市西新面

  • 電話番号

    031-369-1673(済扶島管理事務所)

  • ホームページ

    http://tour.hscity.go.kr(華城市文化観光ホームページ)

  • OVERVIEW

    済扶島の海は次第により多様な姿に変わり行く。 潮が絶え間なく上げ下げ、島の人はそんな海と共に暮らしている。潮が下がると島の人々は船に乗って遠い干潟までいき、アサリみたいな貝類や蟹を獲る。 かつ、潮が上がってくると海に出ていた船が戻って来る姿を見ることができる。 

    こんなに潮の上げ下げが激しい島であるため、島へ入れる時間が決まっている済扶島(チェブド)。

    潮の上げ下げは毎日のように変わるので、済扶島に訪問するなら必ず華城都市公社のホームページ(www.suna.or.kr)にて時間を確認してから出発しよう。 

  • HIGHTLIGHT

    済扶島は2018年12月に文化体育観光部が指定する‘2019~2020年韓国観光100選’と選ばれるほど,様々な魅力をもった観光名所である。 規模的には狭い島ではあるが、約2キロにいたる広い砂浜がとてもきれいだ。なお、韓国の西海岸の海辺は丸く曲がったのが特徴だが、済扶島の浜辺は曲がることなくまっすぐに広がっている。柔らかな砂浜にきれいな風景を持つ済扶島は、昔から海を楽しめる名所と有名だった。潮が下がる時間に合わせば車で島に入ることもでき、ドライブコースとしても最適だ。 

    砂浜の隣にある木のデッキに従い歩けば済扶島を満喫することができる。どちらへ行ってもよい。南側には昔、鷹が住んだ巣が多かったとして名付けられた‘鷹岩’がある。その反対に北側には赤い灯台が立っている。 木のデッキを歩いてると、周りに有名なレストランやカフェ、SNSでも人気なスポット‘アートパーク’がある。 

    済扶島で最も有名なのは済扶島エスプラネードだ。 タプジェ山を背負って西海を沿い歩くと、心が自然に癒される。 またエスプラネードには景観ベンチも置かれてあるので、風景を眺めながら少し休んでも良いだろう。