伝統文化 臨津閣 アートスペース BEAT 131

作成者관리자日付03/26/2019

臨津閣 アートスペース BEAT 1311
  • 位置

    パジュ

  • 住所

    京畿道坡州市汶山邑馬井里 1400-5

  • 電話番号

    070-4405-3323

  • ホームページ

    https://tour.paju.go.kr(坡州市文化観光ホームページ) 

  • OVERVIEW

    朝鮮戦争の時に使用された軍の地下バンカーをそのまま保存して造成した展示館である。そのため、入口からは軍事施設という雰囲気が感じられる。なお、地下に下る階段には対戦車地雷の外形が置いてあり、ぞっとする緊張感を与える。 

    階段を降りると軍司令部であるシチュエーションルームを再現した部屋をはしめ、銃器や水筒、鉄かぶと、無線機な韓国戦争当時に使われた軍用物品が展示している。特に銃弾で穴が開いた鉄かぶとは観覧客の心を突いて戦争の非情さを悟らせる。 

  • HIGHTLIGHT

    アートスペースBEAT131にはインタラクティブメディアアートを通じて臨津閣と自由の橋、京義線鉄道と最後の蒸気機関車の火筒などにまつわるエピソードに出会える。 長端駅の蒸気機関車を最後に運行した機関士のインタビュー映像では緊迫した当時の状況をリアルに聞くことができる。 

    メッセージを作成し、送信ボタンを押せばモルス符号に変換された音を聞く装置は、子どもだけでなく大人にも人気のある体験だ。 リアルタイム映像でDMZと北朝鮮の街を覗くこともできる。 地下バンカーであり,それほど広くないため、一回に観覧できる人数は20人と限っている。