Logger Script

広州のソモリクッパ

妻の愛情から生まれた味 広州のソモリクッパ

Facebook에 게시물 공유하기Twitter에 게시물 공유하기Email에 게시물 공유하기Print에 게시물 공유하기シェア


広州のソモリクッパ

1970年代半ば、昆池岩で屋台を営みながら貧しい生活をしていた若い女性がいました。彼女は身体が弱く病気になりやすい夫のために、試行錯誤を重ね牛頭肉(ソモリ)を煮込んだスープを作り、それを近所や屋台のお客さんにも出していました。

やがて深いコクと風味で評判になり、広州の「ソモリクッパ」の噂は全国に広がりました。ソモリクッパは牛頭肉を大釜で煮込んで作った淡白な出し汁に5年根の高麗人参、もち米の粉、大根などを入れて、もち米がふやけるまで煮詰めた料理で、濃厚で白濁したスープが、非常においしいです。これに、やわらかい茹で肉とキムチやカクテキを添えると、酒の肴にもなります。夫を思う妻の心が、街全体の運命を変えたのです。


主なお店

  • チェミジャ・ソモリクッパ | 広州市 昆池岩邑 三里 24
    +82-31-764-0257
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter