コラム

正祖大王の孝行、華城市歴史探訪へ

作成者管理者日付10/04/2018

正祖大王孝行、華城市史探訪へ

父である思悼世子の悲哀と魂を慰めるために、正祖の誠意と孝行を感じる事ができる史的な遺跡である隆健陵(ユンゴンヌン)
龍珠寺
(ヨンジュサ)探訪で韓史の中へ出


 

1.思悼世子と正祖大王が眠っている隆健陵

20099番目世界遺産として登された朝鮮時代王家墓陵群「隆陵」と「健陵」を合わせて「隆健陵ばれています
ここは米櫃に閉じ
められて死んでしまった悲運の王子、父であった思悼世子の魂を慰めるために正祖大王の孝心で建てられた王陵です。


 隆健陵の案内図。



入り口から右側にいて行く思悼世子惠慶宮洪氏っている「隆陵」が位置して、その左へ行くと正祖大王孝懿王后っている「健陵」が位置しています。


隆健陵の全景。

陵はそのものでも美しいですが、陵包んだ自然がその美しさをしてくれます。

陵をいでいる道にはになっていてとしても良くて、ておめします
自適自然りをぎながらことができます。


隆陵から健陵へ繋ぐ森道。


しかし、王陵を回るには凸凹な道も多くで約30-40分程度の時間がかかるので、スニで行ったほうがいいでしょう。


旅行情報

-住所京畿道華城市孝行路481番ギル21-1

-業時間09001830所要時間約40/月曜休館

                25月、91009001800

                6809001830

                11月~1月:09001730 *閉館時間季節差があるムペジを

 -入場料1,000ウォン(25以上〜満66以下/子供500ウォン

-お問い合わせ+82-31-223-8364

-ムペジ:http://jpn.cha.go.kr/japanese/html/sub2/sub9.jsp

-アクセス(公共交通機

  地下12番出口を出て、3434-135-14650番のバス利用(約15分)

  → 隆健陵(ユンゴンヌン)バス停で下車



2.終わりの無い正祖大王の孝心、龍珠寺


龍珠寺の全景。


 隆健陵から約2kmほどれた場所に龍珠寺があります。また、 正祖大王り、冥福るために建てたです。
正祖大王大雄殿の落成式が行われる前日の夜に龍が如意を咥えて昇天する夢た事から、龍珠寺と命名したそうです。


龍珠寺の中父母恩重経の石碑。

正祖大王のある僧侶から父母恩重いて感動し、父親魂をめるために寺の中父母恩重経の石碑を立てたと言います
この
石碑にはハングルで10種類かれていて、みについてて、
その
恩を返すことを訓しています

龍珠寺の孝行教育院。

には 正祖大王が子孫に孝行えるために孝行育院設立して孝行するようにしたという
正祖大王の心じられる

龍珠寺のテンプルステイ建物の全景。

龍珠寺のテンプルステイは休息型と体型で運しています。
プログラムでは、早朝礼拝、鉢盂供養、108参禅林道き、茶道体などの活動で修行者の日常を体することができます

 

旅行情報
-住所京畿道華城市龍珠路136
-営業時間

-入場料大人1,500ウォン/少年1,000ウォン/子供700ウォン(765以上無料
-お問い合わせ+82-31-234-0040
-
ムペhttp://www.yongjoosa.or.kr/
-龍珠寺テンプルステイおわせ:yongjoosa1@templestay.com
-
アクセス公共交通機
  地下鉄1号線「駅」2番出口を出てから、3434-146 番のバス利用(約15

龍珠寺(ヨンジュサ)バス停で下車