陶器の里 陶器の里、利川

作成者관리자日付05/08/2014

陶器の里 陶器の里、利川1
陶器の里 陶器の里、利川2
陶器の里 陶器の里、利川3
陶器の里 陶器の里、利川4
陶器の里 陶器の里、利川5
  • 位置

    イチョン

  • 住所

    利川市 官庫洞 山69-1 (雪峯公園内)

  • 電話番号

    +82-31-631-6501

  • 営業時間

  • ホームページ

    http://www.kocef.org/jap/

利川陶芸村

利川は陶磁器の購入や製造、陶磁器博物館など、陶磁器の全てが分かる都市で、 実際に高速道路をおりて市内中心部に向かう途中には、道路の両側に陶磁器店が多く並び、とても雰囲気がある。特に、利川市沙音洞・新屯面スグァン里一帯に、約300の陶芸業者と陶芸工房が集まる村が形成されている利川陶芸村は、日本に韓国陶磁器ブームを巻き起こした代表的な陶磁器の産地。世界陶磁器ビエンナーレの開催地でもあり、今でも昔からの窯跡や陶芸工房が多く残っている。 その中でも特に「サギマッコル陶芸村」という陶器店が集まるショッピングスポットが有名で、小規模のかわいらしいお店から、韓定食店などで使われる業務用の食器類を販売するお店まで、色々なジャンルの店が点在している。 


利川セラピア

セラピア、セラミックとユートピアの合成語で、セラミックで作られたユートピアを意味する。セラピアのすべての施設は、陶磁造形物で作られたのが特徴で、2年ごとに「世界陶磁ビエンナーレ」が開かれる陶磁テーマパークでもある。
4つの大型展示場には国内外の陶芸家の作品約1,300点が常設展示されており、野外展示場には伝統窯や土遊び場、陶磁器公園などがある。また、陶芸家とガラス工芸家が作品活動を行っている工房もあり、陶磁器が作られるまでの過程を見ることができる。