ギャラリー&博物館 龍仁文化遺跡展示館

作成者관리자日付06/30/2017

龍仁文化遺跡展示館1
龍仁文化遺跡展示館2
龍仁文化遺跡展示館3
龍仁文化遺跡展示館4
龍仁文化遺跡展示館5
  • 位置

    ヨンイン

  • 住所

    京畿道龍仁市器興区中洞862

  • 電話番号

    +82-31-324-4796

  • ホームページ

    https://www.yongin.go.kr/home/tour/ctiqy/ctiqyGly/ctiqyGly01/ctiqyGly01_01.jsp

龍仁(ヨンイン)文化遺跡展示館は2004年、龍仁の宅地開発地区発掘調査により、歴史的価値があると認められた旧文化財を移転・復元・展示することを目的に設立された市立博物館です。

龍仁は豊富な水資源により狩猟や農耕に最適であったことから、遠い昔から人々の住居地として発展してきました。これまで4つの河川圏域で石器類や半月型の削器など前期石器時代またはそれ以前の遺物が出土されています。また、北方式支石墓や南方式支石墓の他、立石なども断続的に発見されていることから、新石器時代にたくさんの原始人らがこの地域に流れ込み、住居地を形成していたと推定されます。また、青銅器時代のものと推定される鋳型が発見され、青銅器時代の1,000年間、韓半島で重要な役割を果たしていた地域だということが明らかになりました。

龍仁文化遺跡展示館は、地下1階、地上3階建ての建物で、展示面積は767.43㎡。主要展示物は、石器、陶器、民俗工芸品など1,000点余りの遺物と石槨墓や石室墳、住居址など、移転・復元された遺構7基などがあります。

展示館では、臨津山城や百済住居地などから出てきた出土品や郷土資料館から移管された1,000点あまりの遺物が所蔵されています。これらを元に、先史時代から朝鮮時代までの各時代を代表する遺物を展示しており、時代別の特長が分かりやすく解説されています。歴史人物室では、龍仁に関する歴史や人物、遺跡が紹介されており、これに関する遺物を通じて、龍仁の歴史や文化を伺い知ることができます。

展示以外にも、学術的に価値のある龍仁東栢遺跡の石室墳や石槨墓、旧石器文化財や聚落址施設などが野外展示室に移転・復元されています。また、3階には子供や学生を対象とした発掘体験室や文化、歴史に関する学習図書や映像コーナーが設けられています。毎年、新しい遺物が展示される特別展も見逃せません。