自然(海・山・川) 七宝山

作成者관리자日付06/28/2016

 七宝山1
  • 位置

    スウォン

  • 住所

    京畿道水原市勧善区好梅実洞

  • 電話番号

  • ホームページ

七宝山(チルボサン)は水原(スウォン)市・勧善(クォンソン)区にある標高238mのなだらかな山で、東に水原市、南西に華城(ファソン)市、北に安山(アンサン)市が隣接しています。昔から山参、臼、松の実、黄金の雄鶏、虎、寺院、商売、金の8つの宝物を保有していることから八宝山(パルボサン)と呼ばれていましたが、黄金の雄鶏がなくなり、七宝山になったとの逸話が伝えられています。 山の頂上や軍部隊のある234m峰、蚕種場(チャムジョンジャン)裏の185峰、開心寺(ケシムサ)裏の165峰、五龍(オリョン)ゴル裏の187m峰がある他、開心寺・龍華寺(ヨンファサ)・舞鶴寺(ムハクサ)・如来寺(ヨレサ)・七宝寺(チルボサ)・日光寺(イルグァンサ)など6つのお寺が建てられています。晴れた日には頂上から西海が見渡せ、比較的低い山であるにもかかわらず美しい景色が眺められることで知られています。非常になだらかな山であるため、高齢者や女性が登るのも最適で、森林浴が楽しめる自然生態系学習場としても人気を集めています。