自然(海・山・川) 慕洛山

作成者관리자日付08/02/2016

 慕洛山1
 慕洛山2
 慕洛山3
 慕洛山4
 慕洛山5
  • 位置

    ウィワン

  • 住所

    京畿道義王市五全洞・内蓀洞

  • 電話番号

    +82-31-345-3522

  • ホームページ

慕洛山(モラクサン)は、京畿道・義王(ウィワン)市にある高さ385mの山です。山全体が岩でできており、特に北側の斜面は絶壁の景色が続き、頂上から南西側の稜線は、小さな岩尾根を形成しています。 地元住民が気軽に散歩できる裏山のような存在の慕洛山は、朝鮮時代以前から韓国戦争を経て現在に至るまで、様々な歴史が共存してきました。古代古墳として推定される遺跡があり、朝鮮時代の王子にまつわる逸話が伝えられ、韓国戦争当時、山頂で激しい戦闘が繰り広げられたことで、付近には戦勝記念碑が建てられています。 旗ポールには韓国の太極期が掲げられています。なだらかな山ではありますが、ハイレベルからローレベルまでの各種コースが整備されており、登山コースとしても人気です。また、山の麓には白雲湖水があり、湖の周辺には飲食店が立ち並んでいます。地元住民だけでなく、日帰りで登山を楽しむ観光客の姿もよく見かけられます。 主稜ルートにある展望台に上ると東側には義王市と安養(アニャン)市が広がり、その向こうには軍浦(クンポ)の修理山(スリサン)と冠岳山(クァナクサン)が隣接して見えます。北東側からは義王市の清溪山(チョンゲサン)と白雲(ペグン)貯水地が一望できます。