伝統文化 興国寺

作成者관리자日付07/28/2017

 興国寺1
  • 位置

    ナミャンジュ

  • 住所

    京畿道南楊州市別内洞2331

  • 電話番号

  • ホームページ

興国寺(フングクサ)は、京畿道南楊州市の水落山(スラクサン)にあるお寺で599年に建設されました。建設当初は水落寺(スラクサ)と呼ばれていましたが、1600年前の重建により、興国寺へと改称しました。1818年にほとんどの建物が焼失しましたが、1878年(高宗15年)に改修され現在に至っています。

このお寺は、国王の埋葬をきっかけに王家から扁額が送られ、修理や重建が数回行われるなど、格別な関心が寄せられるようになりました。特に1790年(正祖14年)には国が任命した官吏らが滞在しながら王室の安寧を祈祷するお寺に指定されたりもしました。

帳台が保管されている鏡板が宝物に指定されている他、国王が描いたとされる屏風が保管されています。また、境内の法堂の屋根より高くそびえるイブキが来場者を迎えてくれます。