Logger Script
伝統文化

華城・鄭壽永古宅

  • 화성 정수영 고택1
  • 화성 정수영 고택4
  • 화성 정수영 고택2
  • 화성 정수영 고택4
  • 화성 정수영 고택10
  • 화성 정수영 고택7
  • 화성 정수영 고택8
  • 화성 정수영 고택5

説明

1984年に重要民俗文化財第125号に指定されました。華城・鄭時永(チョン・シヨン)古宅の下方に建てられた草ぶきの家です。家具技法などから、19世紀末ごろに建てられたものと推定されます。

平面構造は、ㄱ字型の母屋とL字型の居間、ムンガンチェで構成されており、京畿道にある典型的な口字型の民家を形成しています。きれいに削られた石や自然のままの石を混ぜて作った礎石の上に四角い柱を立てて作られてていますが、部材は非常に上部な物が使用されています。

入口の大門を中心に左側に居間、右側に門屋が縦長に伸びています。母屋は居間が見える北に2間の大庁と板間があり、曲がった西側には居間や台所があります。板間の前方には、比較的高い縁側が設けられており、片方の壁には窓が、もう片方の壁には先祖の位牌が祀られた祠堂が設けられています。居間の後ろの小さな小部屋は、果房として使用されます。

文化財に指定された当時は、世帯主の名前にちなんで朴熙錫(パク・フイソク)家屋として知られていたこの家は、全体的に民家の建築形式や構造が垣間見られるため、建設当時は富豪の農家であったのではないかと推測されています。

0
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter