Logger Script
その他

現代モータースタジオ高陽

  • 현대 모터스튜디오 고양4
  • 현대 모터스튜디오 고양2
  • 현대 모터스튜디오 고양3

説明

現代モータースタジオ高揚(コヤン)は、室内に設けられた車のテーマパークです。無料で入場可能なテーマ展示エリアと有料の常設展示エリアに分けられています。常設展示コーナーは、事前予約制となっており、大勢の観覧客で混雑することのないよう、15分ごとに45人ずつ入場できるよういなっています。所要時間が60〜70分ほどのガイドツアープログラムもあります。

まず、L階案内デスクで予約確認後、ブレスレットをもらい、身に付けます。入場するとロビーに展示されているショーケースの車が目に飛び込んできます。一般中型乗用車から超高額の高級車両まで、会場に展示された車は様々。また、展示されているすべての車両は、試乗が可能です。グルー(GURU)またはストーリーテラーと呼ばれるスタッフが自動車の基本的な情報や動作を説明してくれます。

常設展示場は、車が作られる過程が分かるように模型が展示されています。大型ロボットアームが踊りを踊るように忙しく動き、車体に色を塗ったりシートを組み立てます。テレビでも見たことのあるロボットアームのリズミカルな動きが目を引きます。

地下にある展示コーナーも見逃せません。ここは、自動車に欠かせない安全性、風、音、エンジンに関する最新技術を体験する空間です。会場の中央には、ループを外した車両も見られます。エアバッグが飛び出る様子を見せるための展示で、ストーリーテラーが説明を終えると、轟音と共に瞬く間にエアバッグが飛び出します。

次は、3階にあるデザイン展示場です。アルミニウム数千個を使って自動車の外観の重要性を示しています。鋭い形をした円筒形の柱は、音楽や照明に合わせて踊りを踊るように公演を行います。アルミ柱のパフォーマンスが終わった後は、周辺をゆっくりと歩いてみましょう。観覧客の動きに反応して柱が上昇と下降を繰り返します。

常設展示場の最後のコースは、劇場式の4D Ride体験館です。世界で最も過酷な自動車レースとして知られる世界ラリー選手権(WRC)を仮想体験することができる場所で、座席が揺れ、風が吹き、水滴が跳ね上がるなど、遊園地のアトラクションに乗ったかのような爽快感が味わえます。2階には2015年に44mを飛んだ車が展示されており、ラリー当時のジャンプの様子が再現されています。

レースに参加中の車両のタイヤを交換する体験イベントも人気です。フィニッシュラインは自動車レースの決勝ゴール地点とそっくり。レース用車両に搭乗したり、トロフィーを持って表彰台の上に上がって写真を撮ってみることもできます。

0
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter