Logger Script
伝統文化

張旭鎮家屋

  • 장욱진 가옥8
  • 장욱진 가옥
  • 장욱진 가옥4
  • 장욱진 가옥2
  • 장욱진 가옥3
  • 장욱진 가옥7

説明

張旭鎮(チャン・ウクチン)家屋は、最近放送された人気ドラマ「空港にいく道」で登場し、話題になった古宅です。画家「張旭鎮」氏が居住していたことから張旭鎮家屋と呼ばれています。

張旭鎮家屋は、古宅と洋屋の2棟に分かれています。

入り口から入ると「集雲軒(チブンホン)」という茶屋が現れますが、ここでは、なつめ茶や五味子茶、柚子茶、かりん茶など韓国の伝統茶やコーヒーが販売されています。張旭鎮家屋の入場料は2,000ウォンですが、この集雲軒でお茶を飲むと観覧料が無料になります。

1884年に建てられたこの家は、京畿道の伝統的な民家の形である「口」型に設計されている他、広い庭には松の木や柿の木があり、味のある風景を演出しています。 また、縁側のあるこの場所は、韓国の国家登録文化財第404号にも指定されています。

家屋の中にある洋屋は、張旭鎮画家が1953年に描いた作品にある煉瓦の家をそのまま設計して建てた家です。赤い煉瓦を使った2階建ての家は韓国の現代遺産に指定されています。

韓国の近世と近代の建築物が一緒に見られる場所として好評を得ています。

 

地域 龍仁

住所

0
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter