Logger Script
自然(海・山・川) 

ナム孤児院

  • 나무고아원-002
  • 나무고아원-003
  • 나무고아원-004
  • 나무고아원-005
  • 나무고아원-006
  • 나무고아원-007

説明

さわさわ、樹木のささやき 「ナム(木)孤児院」

ナム孤児院は行く当てのない捨てられた樹木を持ってきて、街路樹や公園、緑地の造景樹として新しく生まれ変わるよう、樹木を育てている場所です。渼沙里(ミサリ)一帯の30万㎡の敷地にあるナム孤児院は、大型の土木工事現場である道路開設地域やマンションの建設事業所などで捨てられたリ、住宅新築工事により伐採された樹木を持ってきて植栽しています。現在は、スズカケの木やイチョウの木、ケヤキなど40種類の樹木が植えられており、河南(ハナム)市は、こうしたナム孤児院を地域保護の重要性を学ぶ環境教育の場として推奨しています。また、このようなナム孤児院は近隣の漢江と調和を成す首都圏の新しいスポットとして脚光を浴びています。

このナム孤児院の入口には1本のしだれ柳があります。樹齢40年のこのしだれ柳が、病気になり衰弱していたことから、2010年4月に、腐った枝を切り取り、人口樹皮を貼り付ける外科手術が行われました。その後、傷口も治り、健康を回復し、今でもナム孤児院の入口をしっかり守り続けています。

0
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter