Logger Script
レジャースポーツ

ジップライン龍仁

  • 짚라인 용인1

説明

 

ジップラインは、ワイヤーにぶらさがって速い速度で反対側に移動する移動手段またはレジャースポーツの通称で、ワイヤーに乗って移動する時に「ジップ」という音が出ることから、「ジップライン」と呼ばれています。ジップライン龍仁(ヨンイン)は、海抜562mの龍仁自然休養林に位置し、秀麗な自然景​​観を誇ります。森の香りがいっぱいなのはもちろん、散策路、子供たちの遊び場など快適な設備を備えており、都心からも近く、大人や子供みんなに人気の森の中の遊び場です。ジップラインは家族や恋人、友達と一緒に楽しめる新しいレジャースポーツで、コースの間に設けられたクイズを解いたり、ミッションを実行する間、お互いの心を開いて絆を強化できる体験プログラムでもあります。コー​​スの長さは合計1,238mで6つのコースがあり、数字が大きくなるほど難易度が高くなります。乗る時にはズボンとスニーカーを着用してください。

Course 01 キジコース / 長さ:138m

「強さ」を象徴する「キジ」のように小さな谷を渡り、乗り方を身につけて恐怖を克服するコース

Course 02 シラサギコース / 長さ:133m

シラサギのようにゆったり優雅な姿勢でゆっくりと飛行し、自然休養林の美しい山勢と景色を観賞するコース

Course 03 タカコース / 長さ:290m

コー​​スのうち2番目に長く、最も速度が速い高難易度のコース。タカのように急下降飛行を楽しみながら勇気と自信を育てるコース

Course 04 タンチョウコース / 長さ:209m

軽く舞い上がりふわりと舞い降りるタンチョウのように深い谷を行き来し、ジップラインのスリルを全身で体験するコース

Course 05 ハゲワシコース / 長さ:138m

空の帝王「ハゲワシ」になったように、木の上を低く滑空し自由が感じられるるコース

Course 06 アホウドリコース / 長さ:330m

最も遠く飛ぶ鳥として有名な「アホウドリ」を連想させるジップライン龍仁の最終かつ最長コース。

全コースのうち難易度が最も高く、ジップラインの魅力が最も感じられるコース

 

0
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter