Logger Script

お知らせ

[イベント] 京畿道博物館「衣•紋の朝鮮」

京畿道博物館では、開館20周年を迎え、朝鮮時代の衣服や紋様をテーマにした「衣·紋の朝鮮」特別展が2016年11月11日から2017年3月5日まで開催されます。 これまで京畿道博物館では、寄贈された1,400点余りの出土服飾品に関する保存処理及び研究が行われてきました。これにより、記録だけでは明かされなかった当時の衣服文化資料の確保が可能となり、博物館では、一般公開や共有を目的に多種多様な展示会の開催が取り組まれています。 今年で6回目となる特別展では、朝鮮時代の衣服と織物に現れる紋様から、韓国の衣服の品格と美しさを垣間見ることができます。   期間...

[イベント] エバーランドロマンチックイルミネーション

エバーランドでは、美しくライトアップされた園内で冬の夜をロマンチックに過ごす「ロマンチックイルミネーション」フェスティバルが11月12日から来年3月1日まで110日間開催されます。 フォーシーズンズガーデンでは、キリンやペンギン、チーター、トナカイなど15種108匹の動物の人形が実際の大きさで展示された「ウィンターアニマルガーデン」が催されます。ウィンターアニマルガーデンは、夜になると動物の人形が美しくライトアップされ「光の動物園」に大変身。ガーデン内にはサファリパークを思わせるバックミュージックが1日中流れ、訪れる者を魅了します。 また、ガーデンにはエメラルドコノテガシワやオウゴンコノテ、イブキなど100本余りの常緑樹の他、サンゴミズキやチョウセンクマノミズキ、ヤマブキなど冬でも色とりどりに飾られる1,000本の灌木が展示され、冬の庭園を演出します。 さらに、フォーシーズンズガーデンとバラ園の間にある神殿噴水には、高さ26mの巨大な照明装置が設置され、エバーランドの冬のお祭りを象徴する「ロマンチックタワーツリー」が披露されます。 ロマンチックタワーツリーは、外側からでも内側からでもどちらからでも観覧できる超大型ツリーで、最大50人まで同時入場できます。内部は、シャンデリアやミラーボール、LEDストリングなど多様な照明や装飾品で飾られ、光が溢れ出てきそうなユニークな体験が楽しめます。...

[イベント] 高陽市キンテックスにキャンピング場がオープン

京畿道・高陽(コヤン)市に初めての公共キャンピング場「キンテックスキャンピング場」がオープンしました。 キンテックスキャンピング場は、韓国を代表するコンベンションセンターのキンテックスの敷地内に位置しています。アクセスが便利な都心のレジャー空間で、3万9000㎡の広大な敷地に、市民家族キャンピングサイト45面、オートキャンピングサイト25面、キャラバンコーナー16面など86面が整備され、300人まで同時収容することができます。 キンテックスキャンピング場は、キンテックス、湖公園、ワンマウント、アクアプラネットなどの近隣の文化観光コンテンツとキャンピングが同時に楽しめる新しいタイプの都心型レジャー文化空間で、新しい観光名所になることが期待されています。 キンテックスキャンピング場は、11月末まで無料で公開され、利用客からの様々な意見をまとめ、これを反映した後、12月から有料利用となる予定です。  ...

[イベント] 和談森「シラカバ祭り」

京畿道・広州(クァンジュ)にある昆池岩(コンジアム)和談森(ファダムスプ)では11月12日から27日までシラカバ祭りが開催されます。 シラカバの森は、昆池岩和談森にある7つのテーマ園のうち、初冬で最も美しい場所として人気を集めています。シラカバの木は11月から樹皮が白く光り、独特の雰囲気を醸し出します。 約1,500坪の空間に1,000本余りのシラカバが1km程の散策路に沿って立ち並んでいます。シラカバの森はモノレール展望台に隣接しており、展望台からも森の中を一望することができます。   期間...

[イベント] 坡州長湍豆祭り

京畿道・坡州(パジュ)市では、「坡州長湍豆祭り」が開催されます。坡州長湍豆祭りは、長湍豆を広く知ってもらい、これを通じて農産物や特産品の消費を拡大し、地域経済の活性化を目的に1997年に始まりました。 坡州長湍豆は、昔から味や栄養が優れていることで知られており、朝鮮時代には王様の食卓にあげられ、20世紀初旬には韓国の豆奨励種に選ばれ、全国に普及されました。長湍豆で有名な長湍地域は、気温の日較差が激しく、水はけの良い粗い砂壌土で、農薬や化学肥料なしに独自で開発した肥料で豆を栽培しているのが特徴です。 坡州長湍豆祭りは、観覧客に楽しんでもらえるよう、坡州長湍豆に関する様々な体験イベントや参加イベントが企画されています。   期間...

[イベント] 華城「ヘッサルドゥリ祭り」

京畿道・華城(ファソン)市では、11月11日から13日までの3日間、ヘッサルドゥリ祭りが開催されます。 華城市の上質な農産品を広く知ってもらい、農家と都市をつなぐため、毎年開催されるヘッサルドゥリ祭りは11月11日、農業人の日を迎え、各種記念行事と並行して行われます。 会場には良質な農産品の直売コーナーや農耕文化体験イベント、文化公演などが開設される他、キムチを漬けてみることのできるユニークな体験イベントも企画されています。   期間...

[イベント] ポップアップアートフェスティバル

京畿道・富川(プチョン)市では、11月4日から5日までの2日間、「ポップアップアートフェスティバル」が開催されます。 クリエイティブなポップアップアート作品を展示することで、ポップアップアートへの関心を高め、ポップアップアーティストや関連企業を連携させた競争力のある雇用創出の機会を提供することを目的にしています。今年は「人と自然」をテーマに、ポップアップブックコンテスト受賞作の展示や表彰式、ポップアップブック作り体験などが実施されます。     期間...

[コラム] [11月] カメレオンのような秋の森「和談森」

暦の上では9月からが秋になりますが、秋の絶頂が感じられるのは何といっても11月。11月になって美しい紅葉を見ることができるからです。この紅葉ですが、平地よりはやはり山で楽しむのが一番。でも登山は少し苦手だという方にお勧めなのが山の地形に沿って造られた樹木園「和談森(ファダムスプ)」です。   和談森は、スキー場と宿泊施設を完備した昆池岩(コンジアム)リゾートの中にある樹木園です。既に知る人ぞ知る紅葉スポットとして脚光を浴びていますが、以前は京畿道・広州(クァンジュ)市と龍仁(ヨンイン)市の堺にあり、交通の便が悪いことからこの場所を訪れる人は限られていました。しかし、今年10月、京畿道・城南(ソンナム)市の板橋(パンギョ)から出発し、驪州(ヨジュ)まで運行される電鉄「京江(キョンガン)線」の開通により、首都圏からのアクセスが便利になりました。 板橋駅から京江線に乗り、昆池岩駅で下車した後、1番出口前から毎時25分に出発する昆池岩リゾート行シャトルバスまたは、市内バスに乗ることができます。 和談森は、2006年に開園した樹木園で、41万坪の面積を誇ります。和談森は、観覧客が散歩をしながら、植物を鑑賞し、体験できるよう、自然のままの地形を生かし、様々なテーマ庭園や散策路が完備された樹木園です。昆池岩リゾートから和談森に行く道は、歩いたりリフトに乗車することができます。歩いて20分ほど行くとチケット売り場が現れ、入場券やモノレール乗車券を購入することができます。和談森にはモノレールが完備されており、頂上まで簡単に登ることができます。けれども、紅葉の美しいこの時期は、たくさんの人で賑わいを見せるため、モノレールに乗るのも時間がかかります。ベビーカーを押す若い夫婦や杖をつく老夫婦も見かけられるほど、それほど急な坂道でもないので、歩きながら山の隅々に広がる美しい紅葉を鑑賞するのもいいでしょう。...

[イベント] 富川国際アニメーションフェスティバル

10月の富川(プチョン)はアニメの色に染まります。富川国際アニメーションフェスティバルは、韓国で初めてのアニメーションフェスティバルで、専門家や一般人、学生などが参加する国際的なコンペアニメーションフェスティバルです。 富川は1998年の韓国漫画振興院の設立と共に漫画とアニメの街として台頭しました。1999年に始まった富川国際アニメーションフェスティバルは、富川国際漫画祭りと共に富川を代表するお祭りに数えられています。 今年で18回目を迎える富川国際アニメーションフェスティバルは「アニメーションで遊ぼう」を意味する「Ani+Play」をテーマに開催されます。富川市にある漫画博物館をはじめ、cgv富川や富川市庁など4ヶ所7上映館で上映される予定です。 70ヶ国から1221本の作品が出品された今年の映画祭は、審査を経て歴代最大の41ヶ国222本の作品が上映されます。国際コンペ長編・短編部門、学生部門、テレビアンドコミッションド部門、オンライン部門など5つの部門には142本の作品が出品されました。 特に、今年は、韓国とフランスの相互交流の年公式指定事業に認定され、さらに充実した内容になっています。...
Page 5 of 42« First...34567...102030...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter