Logger Script

お知らせ

[コラム] [9月] EGバスで行く京畿道の旅

最近、EGシャトルバスが運行を開始しました。EG-シャトルバスは、Explore Gyeonggi-do Enjoy G-Shuttleの略語で、「京畿道の楽しい探検」を意味します。手軽に京畿道を見て回ることのできるEasy Gyeonggi–Shuttleという意味合いも込められています。EGシャトルバスは25人乗りの小さなバスですが、公共の交通機関ではなかなか行けない京畿道の観光スポットへ立ち寄ることができるのが特徴です。...

[イベント] エバーランド「レッドフラワーフェスティバル2017」

ハロウィーンフェスティバルで盛り上がりを見せているエバーランドでは新しいコンセプトのフラワーフェスティバル「レッドフラワーフェスティバル」が開催されます。 9月14日から10月22日までの39日間、エバーランドのフォーシーズンズガーデンで開かれる「レッドフラワーフェスティバル」は、赤い花をテーマに、レッドカーペットを敷き詰め、来場者を主人公のようにもてなすというコンセプト。 このフラワーフェスティバルでは、コスモスや千日紅、クレオメ、セルビヤなど紅系の色をした花30種類20万本の花が庭園に咲き乱れ、まるで赤い花でレッドカーペットを敷き詰めたような演出が特徴です。 お祭りのコンセプトに従って5つのテーマゾーンに分かれており、映画や授賞式の主役になったような気分を楽しむことができます。各コーナーには、ジャイアントシューズやレッドカーペットトンネル、花のブランコ、ワインゾーンなど、花を使った様々なフォトコーナーが設けられています。また、ガーデン中央にある直径10m、高さ3mの巨大なフラワードレスフォトスポットでも、特別な記念写真を撮影することができます。  ...

[お知らせ] ソウル-京畿ツアーバス運行

ソウルを出発して、日帰りで京畿道の主要観光スポットが回れるシャトルバスが人気を集めています。シャトルバスの正式名称は「EG-シャトル(Explore Gyeonggi-do Enjoy G-Shuttle)」で「京畿道の楽しい探索」を意味します。手軽に京畿道を見て回ることのできるEasy Gyeonggi-Shuttleという意味も込められています。...

[イベント] 安城コス牧童祭り

安城(アンソン)ファームランドでは、9月22日から10月29日まで安城コス牧童祭りが開催されます。このお祭りでは、ソウルの都心からさほど遠くない場所で、家畜に身近に触れたり、コスモス畑を観覧することができます。ここでは、25種類の動物が飼育されており、餌を上げたり触ってみることができる他、ピンク色に染まる2万坪のコスモス畑で家族や恋人とくつろぎのひと時を楽しむことができます。今回のお祭りには羊飼い体験や動物と一緒に記念写真を撮るフォトタイムなど、様々なイベントが用意されています。ピンク色に染まるコスモス畑で写真を撮ったり、動物とのふれあいが楽しめる安城コス牧童祭りを訪れてみてはいかがでしょうか。   期間 2017年9月22日~2017年10月29日 住所...

[イベント] ソウルランド「ハロウィーンオクトーバーフェスティバル」

ソウルランドでは涼しくなった秋を迎え、11月13日(水)から11月5日(日)まで秋のお祭り「ハロウィーンオクトーバーフェスティバル」が開催されます。世界の広場通りには、秋の訪れを知らせる菊の花が数万本開花し、秋の香りにどっぷり陥ることができます。また、様々なハロウィーン特集公演やイベント、ハロウィーンキャラクターフォトコーナーなどが併設され、特別なハロウィーンの思い出づくりが楽しめます。 秋の香りが立ち込めるソウルランドは秋を象徴する菊の花が一面に咲き誇っています。象の列車に乗って正門に到着すると黄色や赤色の菊がぎっしり詰められた星の形をした大型の花壇が来園者を迎え入れてくれます。正門を通って園内に入っていくと、目の前には華やかな菊花通りが広がります。黄色やピンク色をした菊通りの間には、かわいいハロウィーンゴーストのオブジェが設置されており、ハロウィーンの記念写真が撮れるフォトコーナーとしても人気です。 東口前と赤い風車地域など、ソウルランドのあちこちに咲き乱れる菊の花は秀麗な清渓山(チョンゲサン)をバックにした一枚の水彩画を連想させます。原色の菊の花は見る楽しみだけでなく、仄かな香りが漂っており、実りの秋の気配をたっぷりと堪能することができます。 ドラキュラ王国で繰り広げられる爽快なハロウィーンパーティーを演出するハロウィーン特集ミュージカル<2017ハロウィーンゴーストパーティー>では、迫力あふれるパフォーマンスと華やかな音楽がダイナミックな感動のひと時を届けてくれます。また、ハロウィーンキャラクターのミュージックショー<ハロウィーンBIGショー>や幸福の種を届けに来た妖精たちとテレビの中の人気キャラクターたちのエキサイティングな行進が続くキャラクターLIVE!パレード>も行われます。夜は、パワフルなパフォーマンスと華やかなな見どころ溢れるナイター公演<アニマルキングダム2017>が秋の夜を華やかに彩ります。 また、超大型ユーフォーにぶら下がってぬいぐるみを取る<ハロウィーン特集キャラクターユーフォ-キャッチャー>も行われる予定。ポケモン、ラバ、カニマルなど、韓国で人気のキャラクターのぬいぐるみをゲットすることができます。...

[イベント] 楊平モンタングイ祭り

楊平(ヤンピョン)モンタングイ祭りが9月2日から12月2日まで楊平で開催されます。このお祭りは実りの秋を満喫しながら、秋に収穫された作物を焼いて食べる焼き祭りで、楊平で生産された農産品を広く知ってもらうことを目的に開催されます。お祭りの参加者らは、狩猟や採集体験を通じて、栗やサツマイモ、白菜、大根、ナマズ、ウナギなどを獲得し、薪や炭を使って好みに合わせて焼いて食べることができます。 焼き体験のほかにも魚狩猟や蒸しパン作り、水陸両用車に乗って葦の森探訪、いかだに乗って葦の森探索など、様々な体験プログラムが充実しています。   期間 2017年9月2日~2017年12月2日...

[コラム] [9月] 韓国のミシュラン、「ブルーリボン」グルメ旅

  グルメ旅は、数年前から人気のある旅行テーマの1つです。グルメ旅行と言えば、ミシュランガイドが代表的ですが、韓国にも「ブルーリボンサーベイ」という飲食店評価サイトがあり、ミシュランのように、ブルーリボンもリボンの数でお店を評価しています。ブルーリボンはソウルを含む全国のお店を紹介しており、ブルーリボンを参考にすると様々な地域の多種多様な料理を堪能することができます。韓国の「ミシュラン」、ブルーリボンサーベイが薦めるおいしいお店をご紹介します。 #韓国料理 1.ソイル農園ソルリ(リボンの数:1) 自家製の天然調味料を販売していることで有名なソイル農園にある韓国料理店です。この店の目玉メニューは、テンジャンチゲとチョングクチャンチゲのうちどちらかが選べるヘルシーな御膳料理。お店で漬け、2年間熟成させたテンジャンが使用されています。自家製の豆腐や蔓人蔘、ニワウルシの芽、エゴマの葉、干し大根、ヒメニラの漬物や熟成キムチなど、20種類以上のおかずがテーブルいっぱいに並べられますが、どれも素朴で自然な味と見た目が特徴です。食事を終えた後は、数千個の甕がぎっしり並べられた中庭や果樹園、蓮池、庭園などを散歩してみるのもいいでしょう。...

[イベント] 富川アインスワールド光祭り – 世界夜景ファンタジー光祭り

ミニチュアテーマパークのアインスワールドでは「富川(プチョン)アインスワールド光祭り – 世界の夜景ファンタジー光祭り」が2017年12月31日まで開催されます。 アインスワールドは、ユネスコが指定した文化遺産や世界の七不思議など25ヶ国、68の有名建築物が1/25に縮小、展示されているミニチュアテーマパークです。アインスワールドは、照明や音響、観覧動線、周辺の景色などの他、建築芸術物の芸術的、文化的、歴史的価値や感動が感じられるよう設計されているのが特徴です。 このアインスワールドで繰り広げられる光祭りでは、ローマのコロシアム、ピサの斜塔、パリのノートルダム寺院、ルーブル美術館、ニューヨークのエンパイアステートビルなど実物のような建築物の夜景を見ることができます。また、光と先端技術、音楽が絶妙なハーモニーを奏でており、従来の光祭りとは差別化された新しい見どころを提供してくれます。...

[イベント] 常設公演「平澤コブクノリ2017」

京畿道平澤(ピョンテク)市では伝統民俗遊びである「コブク(カメ)ノリ(遊び)」公演が10月29日まで上演されます。「平澤コブクノリ」は、古くから平澤市の20の村に伝わる民俗遊びで、お盆に墓参りを終えた青年たちがキビの葉っぱで作った亀の服を身にまとい、家々を訪問し、邪気を追い払い、無病長寿と村の豊年を祈願したことが始まりとされています。韓国人のノリや陽気さがうかがえる民俗遊びであり、平澤独自の文化をよく表している公演だと言えるでしょう。 公演は2部に分けて行われます。1部では、京畿民謡や韓国舞踊、太鼓舞などが行われ、所与時間は3〜40分。2部では、平澤コブクノリが行われ、9つのステージに沿って展開、所要時間は25〜30分となります。 日程は変更することがあるため、訪問する前に確認が必要です。   期間...
Page 5 of 62« First...34567...102030...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter