Logger Script

お知らせ

[イベント] プマシ公演芸術祭

京畿道(キョンギド)華城(ファソン)市では7月20日から23日まで「プマシ公演芸術祭」が開催されます。今年で9回目を迎える「プマシ公演芸術祭」は、2007年、地元の小さな祭りから発展した地域の代表的な公演芸術祭で、公演や農村体験が楽める韓国で唯一の祭りです。 子供から大人まで家族全員が楽しめる20編ほどの公演が上演される予定で、陽の暮れる丘や花畑、野原など町内のいろんな場所が上演ステージとなり、真昼の太陽や夕暮れ時の太陽がステージを照らします。 赤ちゃんを対象にしたベビードラマから子供向けの伝統演劇、自然芸術パフォーマンス、オブジェ音楽劇、サーカスなどはもちろん、実験的な公演やアジアのアーティストらによるレジデンス作品まで上演作品は多岐に渡ります。 オブジェ音楽劇「変化」や2015「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」で好評だったノンバーバル(Non Verbal)ファミリー劇、ハタンセの「オーバーコート」などは、通常はなかなか観ることのできないハイレベルな室内劇。また、町の自然環境を活用した「昆虫の王」や「チョンボンジュン38」は、陽が暮れるのどかな丘の上で行われ、自然芸術プロジェクト「野花とダンスを」は、涼しいツル劇場で行われます。...

[イベント] 漣川DMZ国際音楽祭

DMZ国際音楽祭は、韓国の軍事境界線に隣接する京畿道漣川(ヨンチョン)でグローバルに展開される文化行事です。世界で唯一の分断国家である韓国で、非武装地帯であるDMZについて再確認し、世界の共通言語である「音楽」で人類の平和の道を模索することを目的に企画されました。 多彩な公演形式も目を引きます。23日は、漣川スレウルアートホールでドラマ「密会」に出演したピアニストのパク・ジョンフン氏と相澤千春氏のクッキー&ティーコンサートが開かれ、24日には、国内外で高い評価を得ている演奏者によるアーティストコンサート、25日、26日には未来が期待されている若いアーティストらによるコンサートが開かれます。 27日は、7月27日の停戦協定を記念して、南北軍事境界線に最も近い台風展望台で、アジア、米国、ヨーロッパなど多国籍アーティストによる統一祈願コンサートが行われます。28日に行われる「IMAGINE、平和コンサート」は、より大衆的な要素を伴った公演が披露される予定で、プライム・フィルハーモニーオーケストラと著名アーティストによる共演コンサート、国楽演奏家ナム・サンイル、声楽アンサンブル、ミュージカル俳優ガラによる公演などが企画されています。最終日の29日には、独奏コンテストと共演オーディション、クロージングコンサートが行われ、平和と調和を願いながら有終の美が飾られます。 付帯行事も見逃せません。今月中旬から清涼里(チョンニャンニ)駅をスタートし、ソウル駅、漣川(ヨンチョン)駅で行われるDMZリレーコンサートは、コレイル交響楽団や様々な共演者、アンサンブルが参加するコンサートで、鉄道利用客や地元市民に平和の旋律を届ける予定。この他にも音楽祭が行われる期間中、漣川ハブビレッジには、個人レッスン、マスタークラス、演奏会、コンテストなどレベルの高いクラシック音楽のレッスンが行われる「ミュージックアカデミー」が開設されます。 漣川DMZ国際音楽祭で行われる公演は、7周年記念音楽会を除いて全て無料です。...

[コラム] [7月] 坡州の新発見

坡州(パジュ)は外国人にとって、DMZツアーのある場所というイメージが強いかもしれません。しかし、坡州はDMZ以外にも見どころ、楽しみどころが充実しており、芸術村やプレミアムアウトレットなどエンターテイメントやショッピングなど様々な観光スポットが備わっています。さらに今回は、坡州を何度か訪れた人たちでも知らない坡州の新しい魅力スポットをご紹介したいと思います。 韓国唯一の活字印刷所-活版工房 坡州には出版団地(Book city)があります。複数の出版社が集まることで、出版団地という名前が付けられました。この出版団地内には活版工房があります。入口に古びた印刷機械が置かれたこの場所は、韓国で唯一の鉛の活字印刷により本を刷る印刷所兼出版社です。 印刷所の社長は、10年間、韓国全国を回りながら活版印刷機と鋳造機を買い集めた後、鋳造、組版、印刷、製本の4つの分野に40年以上携わってきた専門家を呼び集め、活版印刷所兼工房を開いたといいます。...

[イベント] ハーブアイランド「ラベンダー祭り」

ラベンダーは心身の安静や不眠症などに効果的な植物で、天然のやわらかい香りが楽しめるハーブとして多くの人々に愛用されています。抱川(ポチョン)ハーブアイランドでは、3000坪のラベンダー畑が一面紫色に変わり始める頃、ラベンダーヒーリング祭りが開催されます。 松林に囲まれた鬱蒼とした森林のラベンダーをテーマに7月1日から8月31日まで行われるラベンダーヒーリング祭りは、ラベンダーをモチーフにした様々なイベントや体験プログラムが実施されます。ラベンダー畑をバックにロマンチックなサクソフォーンの音色が響き渡る音楽会や紫色の服を着たサンタクロースのオブジェが置かれたラベンターフォトコーナーなど、ユニークな催し物が目白押し。さらにラベンダーヒーリング祭りでは、ラベンダーアイスクリームやラベンダーで作った各種アイテムが期間限定で販売されます。 また、ラベンダーキャンドルやラベンダー石鹸、ラベンダー芳香剤、ラベンダー枕、ラベンダー固体香水、ラベンダー押し花ネックレス、ラベンダーキーホルダーなど、ラベンダーの香りが詰まったアイテムが制作できる体験プログラムも充実しています。 この他にもラベンダーの香り漂うシャワーや週末だけの華麗なベリーダンス無料イベント、プリンセス衣装体験イベント、夜間ライトアップイベントなども見逃せません。 期間...

[イベント] 昆池岩リゾート「グリーンサマーパッケージ」

ソウルから約40分ほどの場所、京畿道広州(クァンジュ)市にある昆池岩(コンジアム)リゾートは、スキー場と樹木園を完備するホテル&リゾートです。 ここ昆池岩リゾートでは7月1日から9月3日まで、青々とした緑林の中、家族と一緒に憩いのひと時が楽しめる「グリーンサマーパッケージ」が販売されます。 「グリーンサマーパッケージ」は、それぞれのスタイルで夏のバケーションを楽しむバカンス族向けの3種類のプランで構成されています。青々とした緑林の広がる樹木園「和談(ファダム)森」で楽しむ「林(リン)パッケージ」をはじめ、自然に囲まれた美術館で上質な作品が鑑賞できる「美(ミ)パッケージ」、コーヒー1杯の余裕を楽しむカフェラウンジ利用付きの「喜(ヒ)パッケージ」など充実した夏のバカンスが楽しめるものばかり。 ホテルでの1泊に和談森入場券2枚が付いた「林パッケージ」、ホテルでの1泊にガイド付きミュージアム入場券2枚が付いた「美パッケージ」、ホテルでの1泊と澄んだ水の流れる小川が一望できるカフェラウンジのウェルカムドリンク2杯が組み合わさった「喜パッケージ」など、どれもお得なプランばかり。 さらにパッケージを利用すると、ファミリースパ30%OFF、サウナ30%OFF、ゴンドラ30%OFFなどの優待クーポンがもらえるのもうれしいですね。利用料金はホームページで確認することができます。...

[イベント] 奉先寺蓮華祭り

蓮で有名な南楊州(ナミャンジュ)市にあるお寺「奉先寺(ポンソンサ)」では、7月1日から9日まで蓮華祭りが開催されます。去年までは1日限りのイベントとして開催されてきましたが、今年からは9日間に渡り、文化公演や体験プログラム、グルメイベントなどが催されるようになり、お寺の目玉イベントとして早くも期待が寄せられています。 お祭りの初日は精進料理や伝統茶の試食や試飲をはじめ、仏画の展示会、写生大会、作文大会などが行われる他、午後5時30分からは蓮華祭り音楽会が実施されます。ナンタ公演団や奉先寺合唱団、3人組の女性ボーカルグループ、ジャズダンス、ジャズボーカリスト「ウンサン」、国楽アーティストらによるライブ公演が行われ、美しい音色やリズミカルな音楽が境内中に響き渡ります。 また、8日には「108宝物探しイベント」やバスキング、和尚のヒーリングトークコンサートなどが行われる予定。数百本の蓮華が咲き乱れる色とりどりの蓮畑と美しい音色が絶妙なハーモニーを奏でる幻想的な雰囲気の中、束の間の憩いのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。   期間...

[イベント] エバーランド「サマーウォーターファンフェスティバル」

エバーランドでは9月3日までニューサマーフェスティバル「サマーウォーターファン(Summer Water Fun)」が開催されます。このフェスティバルは50人の出演者と水鉄砲でバトルを繰り広げる超大型ウォーターバトルショーや水に触れると光るLEDライトを使ったユニークなドローイング体験などが行われるもので、観客が実際に参加して楽しめるコンテンツが充実しているのが特徴です。 このお祭りのハイライトは、カーニバル広場で毎日2~3回行われる新しいウォーターバトルショー「シューティングウォーターファン」。約30分間50人あまりの出演者と観客が水鉄砲でバトルを楽しんだり、各種ミッション対決を行う、参加型のショーです。 昼間の暑さは水鉄砲で吹き飛ばし、夜は水とLEDが融合した「LEDウォーターグラフィティ」を体験してみるのもいいでしょう。水に接触すると光る特殊効果のあるLEDを使ったこの体験イベントのため、会場には長さ23m、高さ2mのLEDスクリーンが設置されました。...

[イベント] 韓国民俗村「田舎の実家の夏」

韓国民俗村では、暑い夏を避け、涼しい自然を楽しむお祭り「田舎の実家の夏」が6月24日から8月27日まで開催されます。田舎の実家の夏は、青い木々や谷川に囲まれ、夏場の気温が周辺よりも3℃ほど低い民俗村の特長を活かしたユニークな夏祭りです。 今年のお祭りのハイライトは、民俗村キャラクターと観光客によるスリル満点の追撃戦が繰り広げられる「スバクソリ(スイカを盗み取って食べるいたずら)体験」。スイカ畑を守る村の人々とスイカ荒らしの機会をうかがう観光客の洞察力と勘の競争が去年に続き、今年も熾烈に展開される予定です。スイカ畑では、特別公演「民俗のど自慢大会」が行われ、田舎のキャラクターに変身した民俗村の人気キャラクターがステージでおもしろおかしいショーを披露します。 夏の暑さを吹き飛ばす水遊びも見逃せません。田んぼに入り、素手でドジョウを掴む「ドジョウ掴み王コンテスト」をはじめ、「水切りコンテスト」や「在来式ポンプ水遊び体験」、「竹鉄砲射撃大会」など、都心では経験しずらいユニークな水遊びが充実しています。 また、場内を周るスタンプラリー「民俗里隅々体験隊」も人気プログラムの1つです。民俗里の探検家になり、村の随所を周りながらスタンプを押したり、体験イベントに参加すると、探検完走証とプレゼントが進呈されます。 使道(サト)、商人など民俗村を代表する朝鮮時代のキャラクターに出会えるのもうれしいですね。...

[イベント] 洗美苑蓮花文化祭

京畿道・楊平(ヤンピョン)郡にある洗美苑(セミウォン)では6月23日から8月20日まで「蓮花文化祭」が開催されます。 洗美苑は、水に浮かぶ蓮や水生植物が植えられた庭園です。水没した地域に残る廃墟化した河川敷が改装され、2004年、20万㎡ほどのだだっ広い公園が建設されました。蓮の花は昼間は見事に開花し、夜になると恥ずかしそうにピンクやホワイトのつぼみを閉じ、優雅に佇む植物です。 今年の蓮花文化祭では「蓮が花咲き、芸術も花咲く」のキャッチフレーズで、蓮花と芸術を組み合わせた各種催し物が開催されます。 ピンク色の蓮花が咲き誇り、絵本の中の風景を思わせる紅蓮池(ホンニョンジ)が最も人気を集めることと期待されています。また、白い蓮花が銀の波を奏でる白蓮池(ペンニョンジ)は、真っ白な韓服を着た女性の上品な姿を思わせるほど幻想的な雰囲気を演出します。 文化祭では「民画招待展」や「芸術・通・木」、「蓮花に聞く」などの各種展示会が行われます。また、蓮の葉ご飯体験や伝統遊び体験、蓮花文化体験、愛のラブレター、蓮花音楽会などの各種イベントも催されます。繊維芸術・陶磁芸術・小型絵画・セラミックアートなど、地元のアーティストらと一緒に様々な芸術を体験することもできます。プログラムへの参加は当日、会場で申し込むことができます。お祭り期間中、土曜日に開かれる蓮花音楽会では歌謡曲や歌曲、クラシック、アコースティックなどが披露されます。...
Page 3 of 5312345...102030...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter