Logger Script

お知らせ

[お知らせ] 外国人観光客のための農村観光バス運行

京畿道では外国人観光客のための農村観光バスを運行しています。 これは外国人を対象にした農村観光活性化を阻むマイナス要因となる意思疎通及び交通の便を解消するため、4人以上の外国人韓国客に通訳サービス(無料)と「農村観光バス」サービスを提供するものです。 まず、「農村観光バス」の利用を希望する人は、専用ホームページ(exploreruralkorea.com)に加入した後、インターネットまたは電話で予約しましょう。旅行会社のコールセンター(1670-1417)では英語、日本語、中国語にも対応しています。外国人観光客は所定の体験費用と昼食代(3万ウォン以内)を支払うだけで「農村観光バス」を使って自由に農村観光を楽しむことができます。 訪問先は、「農村体験休養村」である楊平(ヤンピョン)スミ村と利川(イチョン)豚博物館を回る2コースに分かれています。 観光バスの運行スケジュールは、楊平スミ村の場合、7月23日から8月28日まで、利川豚博物館は9月3日から10月16日まで、毎週水曜日、土曜日、日曜日に計12回に渡り、日帰りコースで運行されます。土曜日は毎週1回、水曜日と日曜日は隔週で入れ替わり運営される予定で、午前8時にソウルの光化門(クァンファムン)から出発します。...

[お知らせ] 漣川・平和ヌリギルにゲストハウスがオープン

京畿道・漣川(ヨンチョン)にある平和(ピョンファ)ヌリギルに6月23日、ゲストハウスが新しくオープンしました。 平和ヌリギルは、北朝鮮から近い金浦(キンポ)、坡州(パジュ)、漣川(ヨンチョン)、高陽(コヤン)市にまたがる統一を祈願して造られた道の名称です。豊かな自然の景色や様々な動・植物が生息するこの道は、5000年の歴史がそのまま残されています。毎年開催される「平和ヌリギルウォーキング祭り」の期間になると、韓国内外からたくさんの人が訪れ、統一を祈願します。 平和ヌリギルは、長さ63.7㎞に及ぶコースで、川辺村や歴史遺跡、漣川の自然に触れることができます。 「平和ヌリギル・ゲストハウス」は、以前から平和ヌリギルの利用者の間でその必要性が叫ばれてきた宿泊施設を完備し、滞在型観光コースへの活性化を図るために建てられました。今回オープンした「漣川・玉渓里(オッケリ)文化福祉会館ゲストハウス」は、平和ヌリギル第12コースの統一イウムギル(24㎞)にあり、40㎡ほどの建物に、2部屋やトイレなどが完備された造りとなっています。最大15名まで宿泊可能で、1泊1万ウォン、食費を出すと村の婦人会で栽培している食材を使った料理が提供されます。 ゲストハウスのある平和ヌリギル第12コースの統一イウムキルは、京元線の終点「新炭里」、郡南湖水調節池、ヨンガンナルッキル、台風展望台などの観光スポットがあり、秀麗な自然の景色と共に韓国の近現代の情緒が感じられる場所として広く知られています。...

[お知らせ] 光明洞窟夜間営業開始

光明(クァンミョン)にある洞窟テーマパークの「光明洞窟」では夏季シーズンを迎え7月9日から本格的な夜間営業を開始しました。 この期間、洞窟芸術の殿堂では、光明洞窟とラスコ洞窟壁画をテーマにしたメディアファサードショーが毎時定期上映される他、週末には「暗闇の中の光」が上映されます。また、最近オープンした「お化け屋敷」も人気を博しており、夏の暑さを吹き飛ばしてくれます。 光明洞窟は、1年中気温が13℃以下であるため夏場は非常に涼しく、7月に入り平日3,000人余り、週末には10,000人以上の訪問客を記録するなど、夏の避暑地としても脚光を浴びています。   期間...

[イベント] 富川世界B-boyコンテスト

世界中のB-boyが集まる世界B-boyコンテストが富川(プチョン)で開催されます。12ヶ国から300人のB-boyらが参加するこの大会は、富川市主催、世界初B-boy5大メジャー大会を制覇したB-boyチーム「ジンジョ―クルー(Jinjo Crew)」主管により7月22日から24日までの2日間、富川マル広場で開催されます。 B-boyチーム「ジンジョ―クルー」は、この期間中、より多くの人にダンスへの親しみを感じてもらうため、参加者を対象にダンスワークショップを無料で行う予定です。また、今回の大会では、B-boyの他にもヒップホップやストリートダンスなど、様々なジャンルのダンスが繰り広げられます。   期間...

[イベント] 富川国際漫画フェスティバル

韓国最大の漫画フェスティバル「富川(プチョン)国際漫画フェスティバル」が7月27日から31日まで韓国漫画博物館一帯で開催されます。 今回のフェスティバルは「2030漫画の未来」をテーマに、人類の歴史と共に存在し続けてきた漫画を通じて未来を見つめる内容構成となっています。手書きから印刷漫画へ、さらにはデジタルウェブチューンへと時代の発展と共に変化してきた漫画が2030年の未来にはどんな姿へと変貌しているか予測し想像する機会が設けられます。 今年の漫画フェスティバルは、観客が参加できるプログラムの充実が目を引きます。マニア層やコスプレ層のための「コスプレコンテスト」などをはじめ、子供たちのための「キッズコーナー」なども新設される予定です。   期間...

[イベント] 安城ファムランドサマークールフェスティバル

京畿道安城(アンソン)にあるファムランドでは8月21日までサマークールフェスティバルが開催されます。お祭り期間中は、エサやりイベントや乗馬などの家畜体験イベントが実施される他、特設屋外プールなどが併設されます。屋外プール、脱衣所、シャワー施設などが全て無料で使用できるため、夏の観光スポットとして人気を集めています。ユニークな家畜体験や涼しい木陰で水遊びが楽しめるため、子供連れの家族客におすすめです。   期間 2016年6月24日~2016年8月21日 住所...

[イベント] 京畿人形劇フェスティバル in Suwon

「京畿人形劇フェスティバル in Suwon」が7月14日から28日まで15日間開催されます。 初日の14日には京畿道文化の殿堂大劇場で「ピノキオ」が開幕公演を行います。この「ピノキオ」は、日本の人形劇団「むすび座」が披露するもので、3人掛かりで1体の人形を動かす「文楽」形式で行われます。 今回のフェスティバルは韓国をはじめ、ドイツ、ロシア、スペイン、日本、フランスなど7ヶ国の劇団が参加し、11の作品を披露する予定です。今年で15回目を迎える京畿人形劇フェスティバルでは、ロシアの伝統人形劇「マトリョーシカ」や造形美術とダンスを組み合わせたイスラエルの「キューブサーカス」などが企画されており、子供から大人まで幅広い世代が一緒になって楽しむことができます。...

[イベント] 楊平ウォーターウォーフェスティバル

京畿道・楊平(ヤンピョン)郡では7月29日から31日までの3日間、「楊平ウォーターウォーフェスティバル」が開催されます。お祭りの魅力は、水をテーマに地元の住民と観光客が一緒に楽しめること。 願いを込めて水をかけ合う水戦争、昔話をモチーフにした進上祭などのイベントや地元のグルメが味わえるコーナーまで、夏を満喫できる充実した内容となっています。この期間中は、大型スライダーやキッズプールなどが設けられる他、カヌー競技や魚掴み取りイベント、宝物探しなどが行われ、家族連れの観光客におすすめです。   期間 2016年7月29日~2016年7月31日...

[イベント] 華城プマシ祭り2016

京畿道・華城(ファソン)市では「プマシ祭り」が開催されます。この「プマシ公演芸術祭り」は、農村で行われる純粋公演芸術、自然との触れ合いのある公演芸術を目指すもので、今年で8回目を迎えます。このお祭りでは、演劇、人形劇、音楽劇、干潟パフォーマンスまで、多種多様な公演芸術を楽しむことができます。特に、インドやバングラディッシュなどのアジアの芸術家らによるゲリラコンサートも企画されており、毎年期待が寄せられています。 また、キャンピングをしながら公演を見たり、池で水遊びができたりと自然に触れられる機会が多くある他、花を使った公演や照明の代わりに自然光を使った舞台、農村エコグルメ、生態系蓮池など各種プログラムが充実しています。 今年はさらにたくさんの韓国客に訪れてもらうため、海外の作品を1,000ウォンで観覧できる「千ウォンの幸せ」プログラムも用意されています。今回の「プマシ公演芸術祭り-海外招待作シリーズ」は全部で2編からなり、日本の有名影絵劇団の「影法師劇団」とウルグアイのブラックシアター専門劇団「パンピナック劇団(Pampinak Theater)」による人形劇が披露される予定です。  ...
Page 20 of 44« First...10...1819202122...3040...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter