Logger Script

お知らせ

[イベント] ソウルランド「クールサマー・ミュージックフェスティバル」

  果川(クァチョン)市にあるソウルランドでは、夏まっさかりミュージックフェスティバルが開催されます。昼間は世界の広場で、大規模水鉄砲対決が繰り広げられ、四方八方から襲ってくる水をかいくぐりながら、真夏の暑さを吹き飛ばすことができます。夜はミュージシャンらによる「ミュージックサバイバル」やだだっ広い野外でフライドチキンとビールを味わいながらライブを鑑賞する「チメクナイト」、ライトアップナイトショーなどが行われ、暑さを吹き飛ばしてくれる楽しいイベントが一日中繰り広げられます。 7月には、庭園、キャラクターカフェ、キャラクターショップ、休憩所などが完備された複合文化ヒーリングスポット「キャラクターキャッスル」がオープンする予定で、都心にある自然で憩いの時間を満喫することができます。   期間...

[お知らせ] 高陽市「平和統一教育展示館」開館

  京畿道・高陽(コヤン)市に2017年5月31日、平和統一教育展示館がオープンしました。 展示館は一山(イルサン)湖水公園内の花展示館1階にある広さ340㎡ほどの場所にあり、5月初旬、高陽国際花博覧会期間中に一時的にオープンしました。当時、3万人以上の観覧客がこの場所を訪れ、湖公園の名スポットとして脚光を浴びるようになりました。 今回、正式に開館する展示館では、平和統一に関する体験や参加プログラムが開設されます。また、市民が描いた平和へのメッセージが美しい花や鳥で再現され、鉄条網を超えて自由に広がり、平和統一への夢を表現した「平和村スキャンゾーン」や壁面をタッチした瞬間、戦争で使われる武器が花に変わる「デジタルタッチ体験館」などが併設されます。   住所...

[お知らせ] 水原市「公共韓屋文化プログラム」実施

京畿道・水原(スウォン)市にある公共韓屋は、多種多様な文化プログラムが実施されています。 水原華城(スウォンファソン)の華西門(ファソムン)に隣接する公共韓屋は、文化施設や集会施設など計3棟で構成されています。伝統文化教育プログラムが実施されたり、行宮洞(ヘングンドン)一帯の工房で作られたハンドメイド作品が展示されたり、華西門周辺の景観にぴったりの国楽公演が行われたりと内容も様々。 毎週火曜日から金曜日まで、漢学、パンソリ、時調唱、才談ソリなどのソリ部門とピリ(笛)、小笒(ソグム)、大笒(テグム)、小笒(ヘグム)、民謡・杖鼓(チャング)などの楽器部門の計8つの伝統文化教育プログラムが実施されます。 また、毎週土曜日と日曜日には様々な公演が行われたり、行宮洞一帯にある工房が参加する体験イベントが実施されます。月曜日を除く火曜日から日曜日までは行宮洞にある各工房の主力作品が見られる常設展示会も併設されます。...

[お知らせ] ハーブアイランド「ハーブヒーリングセンター」が韓国観光公社指定「ウェルネス観光25選」に選定

京畿道・抱川(ポチョン)市にあるハーブアイランドには「ハーブヒーリングセンター」があり、今回、韓国観光公社が指定する「ウェルネス観光25選」に選ばれました。 ウェルネス観光は、スパや休養、ビューティ(美容)、健康管理などが体験できる健康と癒しを目的とした場所を意味し、市場規模が大きく、付加価値が高いことから、世界的にも脚光を浴びている産業です。韓国観光公社は、この度、韓国でしか経験できない特別なひと時を提供するスポットを「韓方、ヒーリング(癒し)・瞑想、ビューティ(美容)・スパ、自然・森治癒」の4テーマに分け、ウェルネス観光として選定しました。 京畿道では2ヶ所が選定されましたが、そのうちの1つがハーブアイランドにある「ハーブヒーリングセンター」です。ハーブヒーリングセンターは、韓国最大のハーブテーマパークであるハーブアイランドにあるハーブ文化体験センターで、ビューティ(美容)・スパ部門でランクインを果たしました。 園内では、ハーブを使った10種類の健康管理自然療法が提供されており、全てのヒーリングプログラムにはハーブアイランドで栽培された天然のハーブが使用されます。またアロマオイルなど、セラピーに使用される原料は、個人の体質に合わせてブレンドされたものが使用され、1人1人に合ったパーソナライズセラピーを体験することができます。...

[コラム] [6月] 歴史と自然が息づく漣川

京畿道の最北端にある漣川(ヨンチョン)郡は、少し聞きなれない地名かもしれません。韓国人でも軍人として漣川に配属された男性ぐらいしかよく知らない場所だと言えるでしょう。 しかし、漣川は知ってみるととても魅力的なところです。旧石器時代から人が住み始め、1000年前には3つの国の国境地域となり、現在は北朝鮮に隣接する地域として歴史的遺物を多く保有しています。さらに四方が山に囲まれた広大な平野と広く深い川、澄んだ水など、優れた自然環境を誇っています。歴史と自然が息づく漣川にさっそく出かけてみましょう。 1. 歴史が息づく漣川 *全谷里先史遺蹟址...

[イベント] 退村トマト祭り

京畿道・広州(クァンジュ)市の退村面(テジョンミョン)では、トマト祭りが開催されます。退村面は、環境にやさしいエコ栽培技術を使った糖度の高い良質なトマトを生産することで広く知られています。無公害トマトを広く知ってもらい、消費者に良質なトマトを販売することを目的に2003年からトマト祭りが開催されるようになりました。 お祭りの期間中は、新鮮なトマトを安価に味わうことができる他、各種トマトイベントに参加することができます。トマトプール、ウォータープール、トマトレクリエーション、黄金のトマトを探せ(トマト品評会)、トマト素麺試食会、フードショー、1000人前スパゲティ、ピザ生地ショー、トマト収穫体験など、ユニークなイベントが目白押しです。   期間 2017年6月16日~2017年6月18日...

[イベント] 韓国民俗村「朝鮮時代へようこそ 」

「朝鮮時代へようこそ」は、朝鮮時代のキャラクターが登場する公演やパフォーマンスが繰り広げられるお祭りです。 悪徳官僚と道化者の話を描いたフュージョン・マダン劇(時代劇)「使道の誕生会」や他では見られないユニークな公演「踊る市場通り」はお祭りの目玉。朝鮮時代の文化を体験し、楽しめる町屋や妓生房、書堂、官衙などが立ち並ぶ体験コーナーも併設されています。 昔の朝鮮時代を思わせる町屋通りでは、多種多様な体験プログラムが実施されます。中でも、女将さんキャラが運営する「緑色の酒屋」で行われるびっくりイベントは見逃せません。 伝統食品や記念品を販売する露店で、ひょうきんな商人が客引きをする光景を見たり、朝鮮時代の身分証「馬牌・号牌作り」や貴族の娘が必需品として持っていた「香袋作り」などの伝統体験イベントに参加することもできます。 朝鮮時代の流行を発信していた妓女の生活の様子がうかがえる妓生房体験も企画されています。妓生房に変貌した伝統家屋の中で思い出に残る記念写真を撮ってみるのもいいでしょう。その場で韓服をレンタルすることもできます。...

[コラム] [6月]富川博物館巡り

博物館と言えば、たくさんの展示品がある少し重苦しい雰囲気の場所というイメージがあるのではないでしょうか。京畿道・富川(プチョン)市には、そんな博物館のイメージからはかけ離れた、ユニークな体験や見物ができる博物館があります。それでは早速、富川の博物館巡りに出発してみましょう。  《ヨーロッパ磁器博物館》 ヨーロッパ磁器博物館は、ヨーロッパ陶器やアンティーク調の雑貨が展示されている場所です。ヨーロッパ初の陶器であるドイツの「マイセン」からオーストリアの「ロイヤルウィンナー」、イギリスの「ウェッジウッド」など、ヨーロッパを代表する陶器ブランドを鑑賞することができます。主にティーカップが展示されていますが、大きな陶器作品もあります。白磁にコバルトブルーの模様が描かれた「ツヴィーベルムスター」やゴールドカラー、ディープブルー、イエロー、ピンクなどの華やかな陶器まで様々な陶器が展示されています。 また、館内では、自分だけのオリジナル陶器を作ってみることもできます。「転写絵付」は、誰でも簡単にオリジナルの陶器が作れる方法です。まず、白いシートに下絵を描いた後、陶器用色鉛筆で色を塗ります。その後、無地のマグカップにシートを裏返して貼り付け、特殊な機械を使って絵をマグカップにプリントします。 10人以上の団体の場合は、陶器の上に特殊顔料で絵を描く「ポーセリンペインティング」体験に参加することもできます。少々難易度が高いですが、繊細な表現まで描くことができるのが魅力です。...

[イベント] エバーランド「バラフェスティバル」

京畿道・龍仁(ヨンイン)市にあるエバーランドでは「バラフェスティバル」が開催されます。エバーランドのバラフェスティバルは、韓国で初めてのフラワーフェスティバルとして始まり、今年で32周年目を迎えます。 今年は特に、ポップアートをテーマにした多用な芸術作品が展示されるのが特徴です。670種類100万本のバラの間に1万個以上の缶詰の空き缶で作ったオブジェが展示されます。 また、エバーランドが独自で開発した8種類の新種のバラを見ることもできます。このバラは、香りが長持ちし、ピンク、黄色、オレンジなどの独特な色の発色が特徴です。バラ園の入り口には1000本のバラの花束で作られたプロポーズフォトスポットや高さ3mのハートトピアリーなどユニークなオブジェが設置されており、写真スポットにもおすすめです。   期間...
Page 10 of 59« First...89101112...203040...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter