Logger Script

コラム

[コラム] [7月] 話題のショッピングスポット「板橋」

外国人観光客が訪れる人気ショッピングスポットと言えば「明洞(ミョンドン)」や「カロスギル」が有名処ですが、ここ最近脚光を浴び始めているのが京畿道にある板橋です。板橋は、京畿道・城南(ソンナム)市にある新都市で、地下鉄「板橋(パンギョ)駅」を中心に、ストリートモールや百貨店などのショッピング施設が密集しています。板橋のショッピングスポットをご紹介しましょう。 現代(ヒュンダイ)百貨店・板橋店 現代(ヒュンダイ)百貨店・板橋店 ヒュンダイ百貨店・板橋店は、映画館や子供美術館、書店などが併設された首都圏最大規模の百貨店で、最近になって韓国で注目を集めるようになりました。特に話題なのが地下1階の食品館。サッカースタジオ2つ分の大きさで、韓国では最大規模を誇ります。韓国や海外各地の人気食品やデザートのお店が入店しており、常に人込みで賑わいを見せています。 「EATALY」(上)/...

[コラム] [7月] 暑さを吹き飛ばす水上レジャースポット

本格的な夏到来の月、7月。梅雨が終わるとすぐに夏の蒸し暑さが襲ってきます。今回は、そんな暑さを吹き飛ばしてくれる水上レジャースポーツが楽しめる場所をご紹介します。 1. 水上レジャースポーツの代名詞 –水上スキー、ウェイクボード                                                                             水上スキー(左)/...

[コラム] [6月] ドラマ「太陽の末裔」ロケ地 – キャンプグリブス

2016年上半期、韓国中を席巻した話題作「太陽の末裔」。ドラマの人気と共にロケ地も話題となっていますが、ドラマ「太陽の末裔」に登場したロケ地を巡りながら感動のシーンをもう一度思い起こしてみてはいかがでしょう。 太陽の末裔 ドラマ「太陽の末裔」は戦争や自然災害が次々に起こる異国の地での軍人と医者の恋物語を描いたブロックバスター級ヒューマンラブドラマです。「太陽の末裔」は韓国で38%を超える高視聴率で「太陽の末裔」ブームを引き起こした話題作です。海外での反応も熱く、中国をはじめ31ヶ国に輸出され、日本では6月21日からテレビ放映されます。 米軍基地がユースホステルに変身!-キャンプグリブス キャンプグリブスの入り口。(左、中)キャンプグリブス内にある体育館(右)...

[コラム] [6月] 京畿道伝統市場ツアー

時折、有名なレストランや飲食店ではない屋台の庶民の味が恋しくなることはありませんか?あるいは旅行先で現地の人がよく食べる、そんな料理が食べたいと思うことはありませんか?そんな時おすすめなのが庶民的でおいしい食べ物をたらふく食べられる伝統市場です。今日はそんな市場の中でも特に人気のある京畿道の有名市場をご紹介します。 富川自由市場 富川自由(プチョンジャユ)市場は、富川(プチョン)にある常設伝統市場です。1947年にオープンした場所で、富川で最も歴史のある伝統市場として知られています。1970年代後半まで富川唯一の市場として1980年代まで繁盛し、京畿道内でも指折りの市場として成長しました。 1990年代から他の流通施設が建設されるなど、衰退期に差し掛かっていましたが、現在は全面リニューアルを施し、快適な環境を完備しています。 富川自由市場は地下鉄1号線・富川(プチョン)駅から南改札口方面に出て、右折するとすぐの場所にあります。入口から直線で約1㎞のアーケードに沿って両側に店舗が連なっています。お餅や果物、水産物、ベーカリーなどの飲食店の他、日用品や雑貨、衣類まで多種多様な商品が取り扱われています。...

[コラム] [5月] 人気バラエティ番組「ランニングマン」の特集加平巡り

韓国の人気バラエティ番組「ランニングマン」の中国語版放送「走れブラザーズ」が「韓国で過ごす休暇」をテーマにした特集番組を企画し、韓国のランニングマンメンバーと一緒に加平(カピョン)を旅しました。「ランニングマン」は毎週日曜日夕方に放送される番組で、出演者の個性溢れるキャラクターやミッションレースなどが人気を呼び、ゲスト出演を希望する芸能人が多いことで知られています。韓国はもちろんのこと、アジア各国でも人気が高く、特に中国では版権を取得し、中国版ランニングマン「奔跑吧兄弟(ベンパオバションディ)」が誕生するまでとなりました。 今回「奔跑吧兄弟」が訪れた加平は、ソウルから近く、豊な自然に囲まれた観光スポットであることから、週末の外出先として人気を集めている場所です。早速、番組で紹介されたスポットをご紹介しましょう。 リバーランド リバーランドは北漢江(プッカンガン)沿いにある水上レジャースポーツ施設で、バンジージャンプや水上スキーなどが楽しめます。北漢江最大の水上レジャータウンで、3月から10月にかけて運営されます。50mのバンジージャンプはこの場所の名物で、その高さはまさに圧巻といえるでしょう。エメラルドグリーンの北漢江を眺めながらバンジージャンプできるのも魅力の1つです。それぞれの体重に合わせたロープを使うなど、安全面も徹底しています。バンジージャンプができない人はスクリーンに映し出された映像からジャンプ台から見下ろす風景を楽しむことができます。 バンジージャンプ以外にも、水上スキーやウェイクボード、ジェットスキー、バナナボード、モーターボートなどがあり、初心者のための講習なども開設されています。タオル、水遊び用Tシャツ、半ズボンなどを無料でレンタルすることができるため、軽装で出かけられるのもオススメの理由の1つです。2012年から各種バラエティ番組のロケ地として脚光を浴びるようになり、各種水上レジャーをリーズナブルに利用できる旅行プランが販売されるようになりました。...

[コラム] [5月] 湖を楽しむユニークな方法-義王(ウィワン)・旺松(ワンソン)湖

京畿道には湖が多数あります。湖の楽しみ方としては、湖の畔に沿って散歩するなどがありますが、それ以外の楽しみ方もあります。ここではユニークな楽しみ方で知られる旺松湖をご紹介します。 旺松湖について 1948年に建設された貯水池で、広さ約1.65㎢、堤防の長さは640mほどの大きさを誇ります。だだっ広い水面からは湖の趣が感じられ、フナやコイなどの釣りスポットとしても広く知られていました。現在は、多種多様な渡り鳥の飛来地として有名です。周辺には白雲湖水や清溪寺などの観光スポットがある他、地下鉄1号線「義王(ウィワン)駅」から近い好立地から、近隣の住民らに広く愛用されています。 旺松湖の楽しみ方 1.レールバイクに乗って旺松湖を楽しもう...

[コラム] [4月] 春の花、ピクニック、ブランチ

暖かい春、春の陽気を感じながら少しのんびりしたいものですね。いつもより遅い時間に起き、のどかな雰囲気のカフェで楽しむブランチはまさに贅沢なひと時。ラフな格好で出かける午後のピクニックは、春にしか味わえない最高の楽しみでもあります。のどかな春の日を思う存分味わえる京畿道のオススメスポットをご紹介いたします。 #春の花オススメスポット 華やかな春の花祭り「富川(プチョン)ツツジ花園」 毎年春になると富川では華やかな花のお祭りが開催されます。地下鉄7号線・富川運動場(プチョンウンドンジャン)駅の2番出口を出ると目の前に白く咲き誇る桜の花が広がります。富川総合運動場前の道に沿って咲き乱れる桜はまさに純白の花の雨のよう。花のトンネルを抜け「富川弓博物館」を過ぎるとツツジ花園が現れます。ツツジ花園では本格的な春祭りが開催され、大人の背丈程のツツジが見事に咲き誇り、一面ピンク色に染まります。記念写真を撮るオススメスポットは遠美山(ウォンミサン)の頂上付近で、紅いツツジが囲い込む円形の運動場をバックに素敵な春の写真を撮影することができます。 住所...

[コラム] [4月]花見と動物園を同時に楽しめる―ソウルランド

本格的な春が始まる4月。遊園地に行くのはどうでしょうか?遊園地といえば、アトラクションを連想しますのが最初ですが、アトラクションが遊園地のすべてではない。色々な魅力を持っているソウルランドに行きましょう! ソウルランドは1984年開いたソウル大公園の横に位置します遊園地です。ソウル大公園は動植物園、テーマガーデン、キャンプ場、 森林浴の森を持った規模9,132,690m²の総合公園です。ソウルランドはソウル大公園の西側にあります。。 地下鉄4号線デゴンウォン(大公園)駅で下車して徒歩15分、ソウル大公園を循環しますコキリヨルチャ(象列車)に乗って5分でソウルランド正門に到着します。 ソウルランドは1988年ソウルオリピックの直前に開場した韓国初の遊園地で、首都圏の家族のための遊園地として設立されました。特に、子供連れの家族にいい遊園地と言われます。ソウルランドは地面の70%以上が平地になっていて,親たちがベビーカーを引きやすいし、子供が歩きやすいです。また、近くに国立現代美術館、国立科学館などがあって家族のピクニック場所として人気があります。...

[コラム] [12月]京畿道の光祭り

2015年も残すところあと1ヶ月となりました。寒さも一段と増し、どこか寂しい気持ちになる今日この頃ですが、京畿道ではこの時期、色鮮やかにライトアップされる光祭りが各地で開催されます。それぞれ独自の雰囲気で人気を集める京畿道の光祭りをご紹介します。   クリスマスを準備する光祭り…ハーブアイランド光童話祭り_Lighting Show in...
Page 3 of 612345...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter