Logger Script

コラム

[コラム] [5月] 水原で韓国の伝統を体験する3つの方法

水原(スウォン)は、京畿道を代表する観光スポットです。水原にはソウルにある朝鮮王朝時代の王宮に並ぶ、世界文化遺産にも指定された「水原華城(スウォンファソン)」があるためです。そのため、水原を訪れる観光客のほとんどが水原華城と華城内にある別宮「華城行宮(ファソンヘングン)」に立ち寄っていきます。しかし、水原華城周辺で実施されている韓国の伝統体験プログラムはあまり知られておらず、立ち寄っていくだけの人がほとんど。実際に体験してみる旅行の方が長い間旅の余韻に浸れるのは間違いありません。今回のコラムでは旅の素敵な思い出が作れる3つの体験プログラムをご紹介します。 1.韓服を着て朝鮮王朝の別宮を歩く 数年前から韓服を着て古宮や韓屋に行き、写真を撮るなどの体験プログラムが人気を集めています。さっそくここでも韓服を着て水原華城にある別宮「華城行宮」を歩いてみましょう。韓服を着た人は入場料がただになるのもうれしいですね。 水原華城内にある別宮「華城行宮」の周辺には韓服レンタルショップが数件立ち並んでいます。その中でも「チャングミ工房」というお店は、華城行宮のすぐ近くにあり、見つけるのも簡単。このチャングミ工房には一般的な韓服からフュージョン韓服、簡易韓服、妓生韓服まで、多種多用な韓服が置かれていますが、特に唐衣が多数取り揃えられているのが特徴です。唐衣とは、朝鮮時代、宮中や両班家の女性たちが着ていた礼服を指します。普通のチョゴリに比べて2~3倍長く、両脇の下から開き、下まで流れ落ちた形をしています。身分の高い人ほど華やかな物を着用していましたが、王妃や公主の唐衣には中央や肩、袖端に刺繍や金箔が施されていました。 この場所は、華城行宮からすぐ近くにあるため、華城行宮を訪れる観光客が多く来店すると言います。来店客のうち、外国人の割合が約4割を占めるほど、外国人観光客に人気だとか。韓国人は主にフュージョン韓服を選びますが、外国人のほとんどは伝統的な韓服を選ぶそうです。もし華城行宮に行くのなら、唐衣を試着してみることをおすすめします。宮中で着用されていた衣装なだけに、気品があり、とても華やかな仕立てとなっています。...

[コラム] [4月]京江線に乗って驪州の旅

驪州(ヨジュ)は京畿道(キョンギド)に属するものの京畿道の西の端にあるため、交通網が比較的発達しておらず、これまで観光客が訪れにくいという印象がありました。しかし2016年10月に京江線(キョンガンソン)が開通し城南から40分で着く首都圏内の地域へと変貌しました。今回のコラムでは電車で行く驪州の観光スポット巡りをご紹介いたします。 驪州5日市 驪州は漢江(ハンガン)の上流にある南漢江が流れる場所で、船が主な運送手段であった朝鮮時代には、物流が盛んな町として栄えました。驪州の港から他の地域で生産された特産品がソウルに集まり、良質なお米や魚が王様に届けられたため、早くから市場が開設されたと言います。 驪州5日市は、驪州(ヨジュ)駅からさほど遠くない場所で開かれます。驪州5日市は、常設市場で開かれますが、5日ごとに市場の入り口に露店が出店し、市場はさらに活気づきます。5日市は5日ごとに開かれる市で、大都市ではない地域ではよく見られる市場の形態です。驪州5日市は、毎月5と10で終わる日に開かれ、果物や野菜、穀物、海産物、雑貨など、多種多用な品物が販売されます。また、驪州5日市は、京畿道で2番目に大きな市で、昔ながらの市場の風景を楽しむこともできます。市場の随所でおでんや天ぷら、パン、ホットクなどの屋台グルメを堪能することができる他、豚足やうなぎ、クッパなどのグルメを楽しむことができます。 驪州5日市は、常設市場であるハングル市場で開かれますが、この場所がハングル市場と名付けられたのは、韓国で使われる言語「ハングル」を作った世宗大王の王陵があるためです。そのため、ハングル市場には世宗大王の銅像やハングルの形をした表示板が置かれています。...

[コラム] [4月] 春花祭り

春の香り漂う4月。春と言えばやっぱり花ですね。4月になると春の花が開花し、どこに行ってもきれいに咲き乱れる花を見ることができます。今回はその中でも特に美しいとして知られるおすすめスポットをご紹介。春にしか味わえない幸せを感じに、とびっきりの花祭りへ出かけてみませんか? エバーランドチューリップ祭り 4月。テーマパーク「エバーランド」では、チューリップの花が咲き乱れる別世界が一面に広がります。一年中イベントが行われるエバーランドでも特に人気のチューリップ祭りは、1992年から始まりました。 今年で25周年目を迎えるチューリップ祭りは、100万本のチューリップをはじめ、水仙やムスカリーなど100種類120万本の春の花が咲き誇ります。今年のお祭りでは、黄色のベースに赤い模様が花火のように舞い上がるチューリップの女王「ホーランドクイーンチューリップ」を見ることができます。また、1枚の花びらに2色以上のグラデーションが美しく彩られた30種類あまりの新種のチューリップもお目見えする予定。チョコレートカラーの花びらの先が黄色くなった「ドーベルマンチューリップ」はドイツの名犬ドーベルマンを思わせることから名づけられたといいます。 チューリップ祭りのメイン会場「フォーシーズンズガーデン」では、1万㎡の敷地に色とりどりの花が咲き乱れます。ジャイアントフレーム、ジャイアントチェア、ビックカメラをはじめ、ビックフラワーやウエディングマーチ、花のブランコなど20のテーマからなるフォトスポットが設けられ、物語の主役になったようなロマンチックな気分を味わいながら思い出に残る写真を撮影することができます。...

[コラム] [3月] ドラマ「侘しく燦爛な神・鬼(トッケビ)」のロケ地巡り

2016年の年末から2017年の初旬にかけて韓国で大きな反響を得たドラマ「鬼(トッケビ)」。「トッケビ」は、人の姿をした韓国固有の神を意味します。ドラマ「鬼(トッケビ)」では、不滅の生を終わらせたいトッケビと記憶喪失の死神、トッケビの新婦を自称する少女にまつわる物語です。「コーヒープリンス」で一躍有名になった俳優のコン・ユが主人公「トッケビ」役で出演。韓国だけでなく、台湾や香港、シンガポールで同時放送され、話題を集めました。日本では3月17日から放送されています。今回のコラムでは、ドラマ「鬼(トッケビ)」のロケ地を巡る旅をご紹介。まだドラマを見ていない人でも十分楽しめる魅力たっぷりの内容となっています。 通称「韓国のケベック」- 坡州(パジュ)・ジノカフェ ドラマに登場するトッケビは家から出るだけで好きな場所に瞬間移動できる能力を持っています。そんなトッケビとヒロインが韓国を出てよく訪れたのがカナダのケベック。ドラマで登場するケベックのレストランは、実際はケベックではなく韓国にあるもの。ドラマに登場するこのオシャレなカフェは、ソウルの北西にある坡州という場所にあります。 扉を開けて店内に入った瞬間、まるでケベックに来たかのような錯覚に陥ります。壁面には中世時代の絵画がずらりと掛けられており、異国情緒あふれるインテリアが目を引きます。また自然光とやさしい黄色の照明が重なり、温かみのある雰囲気を醸し出しています。アンティーク調の家具や暖炉、シャンデリアがヨーロッパの宮殿の応接間を連想させます。店内にあるグランドピアノには日が差し込み、幻想的な雰囲気まで醸し出しています。このグランドピアノは誰でも弾いてみることができるそうです。...

[コラム] [3月] 一足早い春を楽しもう

3月。春の始まりですね。3月の初旬はまだまだ肌寒く、春の訪れを感じるには早い気もします。そんな3月にちょっと早い春が楽しめる観光スポットがあります。ソウル近郊の果川(クァチョン)で春の訪れを満喫してみてはいかがでしょうか。 遊園地に咲き誇る春の花 – ソウルランド「ちょっぴり早い春花パーティ」 果川にあるテーマパーク「ソウルランド」は、全国のテーマパークの中でもいち早く春の花が楽しめる場所です。春というにはまだ早い2月15日から春花まつりが始まりますが、通称「ちょっぴり早い春花パーティ」のイベントでは、「フランキーフラワーガーデン」という温室庭園が一般公開されます。ソウルランド正門入り口を入って前へ進むと目の前に、フランキーフラワーガーデンが広がります。このガーデンには、ハーブやシクラメン、水仙、チューリップ、山茱萸(サンシュユ)、レンギョウ、梅の木など、韓国の春を代表する花や樹木が植えられており、淡い春の息吹を感じることができます。また、アマゾンや南米、オーストラリア、アフリカに生息する多種多様なカエルたちが春の訪れを知らせてくれます。...

[コラム] [12月] 京畿道の異国情緒あふれる旅

12月は寒い季節ですが、心はどこか温かくロマンチックな雰囲気が感じられる季節でもあります。12月に入ると全国各所で華やかなイルミネーションが夜空を彩り、年末の多種多様なイベントが開催されます。12月にぴったりの異国情緒あふれる旅にいざ出発! エーデルワイススイステーマパーク エーデルワイススイステーマパークは、スイスをモチーフにしたテーマパークです。丘の上にあるこの場所は「韓国の小さなスイス村」と呼ばれています。それほど大きくないこじんまりとしたテーマパークですが、パステルトーンの色とりどりの建物や各種作品が展示されており、若者たちのデートスポットとして人気を集めています。 この場所は、年間を通じて訪れる者を魅了させますが、冬の季節になるとアルプスを思わせる風景が広がり、さらに美しい景色が演出されます。 フランスの近衛兵のコスチュームを着た守備兵が来場者を迎えるスイステーマパークは17のテーマ館で構成されています。博物館の1階にはフォトコーナーが、2階には展示会場があり、屋外庭園を通って再度1階に下りてくる導線となっています。...

[コラム] [12月] ショッピングと癒しの街「河南」

ソウル東部に隣接する京畿道・河南(ハナム)市は、今年9月、複合ショッピングモールの開店とともに「ホットな街」として注目を集めています。家族や友達皆で一緒に楽しめるショッピングから私だけのくつろぎのひと時を楽しむ癒しまで、幅広いコンテンツを提供する河南をご紹介します。 皆で楽しむショッピング–スターフィールド これまでのショッピングモールは、女性向けの店舗や施設が多く、どちらかと言うと女性のための空間という印象がありました。今年9月、河南にオープンしたスターフィールドは女性向けの空間から、男性、子供向けの空間まで幅広く完備されており、家族みんなで楽しめるモール構造になっているのが特徴です。 河南スターフィールドは2016年9月、京畿道河南市にオープンしたショッピングモールです。単一商業施設としては韓国最大級の大型ショッピングモールで、文化やレジャーが可能な韓国初のショッピングテーマパークとして脚光を浴びています。 まずは女性向けショップのご紹介。...

[コラム] [11月] 水原華城を楽しむ一味違った3つの方法

 秋も終わりに近づく今日この頃。晩秋の装いを一味違った方法で楽しんでみてはいかがでしょうか。ユネスコ世界文化遺産に指定されている京畿道を代表する観光スポット「水原華城(スウォンファソン)」でユニークな秋を満喫してみましょう。 市場ツアー 韓国のことわざに「金剛山(クムガンサン)も食後の景」という言葉があります。これは、どんなに美しい景色も、腹を満たしてから見に行ってこそ価値がある、という意味です。 まずは、食べ物で有名な池洞(チドン)市場に行ってみましょう。池洞市場の入口は、水原華城の門をモチーフに造られており、遠くからでもすぐ目に付きます。100年の歴史を誇る市場で、スンデ(豚の腸詰め)をはじめ、果物、野菜、油など主に食材を取り扱っています。中でもここで売られているスンデは、真空パックで全国に出荷されているほど評判です。 池洞市場のスンデコプチャンタウンに入ると、両側にスンデを売る食堂が立ち並んでいます。スンデクッパ、スンデ鉄板炒めなどのスンデ料理の他にも、ソモリクッパ(牛頭汁飯)、牛コプチャン炒めなどがあります。一番人気は何といってもスンデコプチャン炒め。...

[コラム] [11月] カメレオンのような秋の森「和談森」

暦の上では9月からが秋になりますが、秋の絶頂が感じられるのは何といっても11月。11月になって美しい紅葉を見ることができるからです。この紅葉ですが、平地よりはやはり山で楽しむのが一番。でも登山は少し苦手だという方にお勧めなのが山の地形に沿って造られた樹木園「和談森(ファダムスプ)」です。   和談森は、スキー場と宿泊施設を完備した昆池岩(コンジアム)リゾートの中にある樹木園です。既に知る人ぞ知る紅葉スポットとして脚光を浴びていますが、以前は京畿道・広州(クァンジュ)市と龍仁(ヨンイン)市の堺にあり、交通の便が悪いことからこの場所を訪れる人は限られていました。しかし、今年10月、京畿道・城南(ソンナム)市の板橋(パンギョ)から出発し、驪州(ヨジュ)まで運行される電鉄「京江(キョンガン)線」の開通により、首都圏からのアクセスが便利になりました。 板橋駅から京江線に乗り、昆池岩駅で下車した後、1番出口前から毎時25分に出発する昆池岩リゾート行シャトルバスまたは、市内バスに乗ることができます。 和談森は、2006年に開園した樹木園で、41万坪の面積を誇ります。和談森は、観覧客が散歩をしながら、植物を鑑賞し、体験できるよう、自然のままの地形を生かし、様々なテーマ庭園や散策路が完備された樹木園です。昆池岩リゾートから和談森に行く道は、歩いたりリフトに乗車することができます。歩いて20分ほど行くとチケット売り場が現れ、入場券やモノレール乗車券を購入することができます。和談森にはモノレールが完備されており、頂上まで簡単に登ることができます。けれども、紅葉の美しいこの時期は、たくさんの人で賑わいを見せるため、モノレールに乗るのも時間がかかります。ベビーカーを押す若い夫婦や杖をつく老夫婦も見かけられるほど、それほど急な坂道でもないので、歩きながら山の隅々に広がる美しい紅葉を鑑賞するのもいいでしょう。...
Page 2 of 712345...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter