Logger Script

お知らせ

[お知らせ] 世界平和作家、エル・シードの「The Bridge」展をオープン

臨津江(イムジンガン)の生態探訪路 は一般に開放されてから1年で累積訪問者数1万人を超す人気スポットとして注目を集める場所です。最近では、世界各国の紛争地域を訪ね歩きながら芸術作品を通じて「平和」へのメッセージを伝えるアーティスト、エルシード(eL Seed)がこの場所を訪れ作品を展示したことで再び話題を集めるようになりました。 臨津江の生態探訪路は1971年から保安などの軍事的理由で民間人の出入りが禁止されていました。その後、京畿道と坡州(パジュ)市が陸軍1師団と協約を結び、2010年の臨津閣(イムジンガク)から臨津渡し場(7.9㎞)に続いて、昨年には臨津渡し場から栗谷(ユルゴク)湿地公園(1.2㎞)までの区間に生態探訪路が建設されました。 生態探訪路は、昨年1月から本格的に一般に開放された散策路で、臨津閣平和ヌリから出発して民統線(民間人統制区域)内の統一大橋、チョピョン島、臨津渡し場を過ぎて、栗谷湿地公園まで続く総長9.1㎞の道です。歩いて3時間ほどかかり、トレッキングコースとして脚光を浴びています。臨津川沿いの生態探訪路のトレッキングは、1日1回、10人以上の団体に限り可能で、トレッキングの7日前までにホームページ(www.pajuecoroad.com)から申し込む必要があります。 この場所は長い間、人の行き来がなかったため自然のままの景観が保たれています。訪問客は鉄柵の間から見える「臨津江」、鷹やマナヅルなどの渡り鳥が飛来する「チョピョン島」、韓国のテソンドン村と北朝鮮のガジョンドン村はもちろん、開城(ケソン)の松岳山(ソンアクサン)まで見渡せる「萇山(チャンサン)展望台」などに立ち寄ることができます。...

[お知らせ] 富川市、東アジア初の「ユネスコ文学創造都市」に認定

京畿道富川(プチョン)市が東アジアで初めてユネスコ文学創造都市に指定されました。富川市は、世界で21番目にユネスコ文学創造都市ネットワークのメンバーに名を連ね、エディンバラ、ダブリン、プラハのような世界有数の文学都市と肩を並べることになりました。 ユネスコ創造都市ネットワークは、都市間の協力を通じて経済、社会、文化の発展を奨励する国際的なネットワーク事業です。ユネスコは2004年から、世界各国の都市を審査し、文学、デザイン、映画、メディアアート、食文化、工芸、音楽の7つの分野における創造都市の認定を進めています。 富川市は文学分野の歴史的遺産や取り組み、豊かな文化コンテンツや図書館インフラなどが認められ、文学創造都市として承認されました。富川市は、詩人、卞栄魯(ピョンヨンロ)を称える「樹州(スジュ)文学賞」やパール・バック女史を記念する「パール・バック文化祭」、富川遠美洞(ウォンミドン)の人々の生活模様を描いた梁貴子(ヤングィジャ)作家の小説「遠美洞の人々」など、文学資源を豊富に保有しています。また、漫画やウェブチューンなどのコンテンツ産業、国際ファンタスティック映画祭、富川フィルハーモニー管弦楽団、アートバレー事業、図書館インフラなどの地域文化資産が土台となり、富川市のユネスコ創業都市ネットワークへの加盟が韓国の文化ジャンル全般に高い波及効果をもたらすことが期待されています。特に産業の中心地でありながらも文化都市として発展してきた富川市の発達史が発展途上国の複数の都市のモデルになることと注目されています。 今回の審査により、富川市を含む44ヶ国64ヶ所の都市が創造都市ネットワークに加盟し、計72ヶ国180ヶ所の都市がユネスコ創造都市ネットワークに名を連ねるようになりました。韓国では富川市をはじめ、利川(イチョン、2010年工芸)、ソウル(2010年デザイン)、全州(チョンジュ、2012年食文化)、釜山(プサン、2014年映画)、光州(クァンジュ、2014年メディアアート)、統営(トンヨン、2015年音楽)、大邱(テグ、2017年音楽)など8都市がユネスコ創造都市に認定されています。...

[お知らせ] 坡州市、隠れた名所を巡る自転車ツアーコースを紹介

京畿道坡州(パジュ)市が地域の隠れたスポットを自転車で巡る「自転車コース」を企画しました。 黄喜(ファンヒ)宰相が余生を送った伴鴎亭(バングジョン)から臨津江(イムジンガン)に沿って観光スポットを巡る「平和ヌリ自転車道路」、ヘイリ村や統一展望台など、漢江(ハンガン)の河口スポットを巡る「恭陵川(コンヌンチョン)自転車道路」、雲井(ウンジョン)湖公園やユビパークなどの新設スポットを巡る「ソリ川自転車道路」など、好みに合わせてコースを選ぶことができます。 平和ヌリコースは坡州出版都市から積城面(チョクソンミョン)黄布帆船まで続きます。漢江と臨津江に沿って回ることができるのが魅力です。総距離12km、時速20㎞で1時間程度かかるコースで、途中に烏頭山(オドゥサン)統一展望台や坡州マッコウル(プロバンス)、ヘイリ芸術村、伴鴎亭、臨津閣(イムジンガク)、花石亭(ファソクジョン)などがあります。 2014年に開通した恭陵川コースは、臨津江合流部のソンチョン橋近くから高陽(コヤン))市までの道で、坡州区間は総距離16km、時速20㎞で2時間ほどかかります。恭陵川沿いの自転車道路の中間地点では金村(クムチョン)統一市場に立ち寄ることもできます。この周辺には、湖畔観光地の恭陵観光地(ハニーランド)や坡州三陵などの名所があります。 また、2014年に竣工したソリ川自転車道路は、恭陵川金村地域の交差点から雲井湖公園に続くコースで、計4.6㎞の区間です。最も短いコースで、子供たちと一緒に回るのに最適です。この区間では、コンサートや家族写真コンテストなど様々な催しが行われています。雲井湖公園内の生態体験プログラムも併設されており、子供たちの自然観察や森の散策におススメの場所として人気を集めています。...

[お知らせ] 安養芸術公園でスタンプラリーを運営

安養(アニャン)芸術公園は安養市民の憩いの場であり、安養市が誇る安養パブリックアートプロジェクト(APAP)芸術文化と安養の文化財が集まる歴史と文化が共存する観光スポットです。三聖山(サムソンサン)と冠岳山(クァナクサン)を繋ぐ登山路のスタート地点でもあるため、安養市民だけでなく、毎日多くの人々がこの場所を訪れています。 現在、安養芸術公園では、スタンプツアーと言う新しいコンテンツを開発、運営してます。スタンプツアーは、「歴史が芸術を抱く」をテーマとする計8つのコースで構成されています。コースは大きく、安養博物館とキム・ジュンオブ建築博物館、石水洞(ソクスドン)磨崖鐘 (マエジョン)、安養寺を巡る歴史文化コースと国内初の公共美術館である安養パビリオン、安養バックスハウス、展望台、木の上の線でできた家安養パブリックアートプロジェクト(APAP)の作品などを鑑賞する現代美術コースに分かれています。 安養博物館、キム・ジュンオブ建築博物館、安養パビリオンでスタンプマップ(リーフレット)をもらい、8ヶ所を回りながら、それぞれの場所に設置されたスタンプテーブルでスタンプを押すだけ。スタンプマップを完成させると、芸術公園商店街繁栄会でコーヒーやドリンクがもらえる他、飲食店の割引サービス券がもらえます。 APAP作品のガイド付きツアーや博物館の専門解説プログラム、文化観光ガイド付きの芸術公園歴史文化探訪プログラムなど、スタンプラリーの他にも各種解説プログラムを楽しむこともできます。...

[イベント] 星の王子様、星の光祭り2017

プチ・フランスでは、園内中にイルミネーションが飾られ、夜の街をきらきらと照らす光祭りが開催されます。プチ・フランスの美しい建物や夜の街を包み込むたくさんのイルミネーションが童話の国を連想させます。また、クリスマスツリーをはじめ、星の王子様の背景を再現した光のオブジェが設置され、まるで童話の国を訪れたような錯覚に陥るほど。冬の夜のロマンチックな雰囲気を演出するオルゴール演奏や、マリオネット人形のダンスパフォーマンス、人形劇、マジックショーが繰り広げられる他、石膏アート体験、願い事ツリーイベントなどが催され、忘れられないお祭りの思い出を作ることができます。 ♦  イベント期間 :  2017年12月1日~2018年2月24日...

[イベント] 2017光祭り 「ロマン、そしてイルミネーション」

ドラマ「星から来たあなた」のロケ地として有名な碧草池文化樹木園のナイター光フェスティバルが始まりました。ドラマ、映画、CM、プロモーションビデオなどのロケ地として脚光を浴びる碧草池樹木園で特別な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。寒い冬、暖かい光の旅をお楽しみください。 ♦  イベント期間 :  2017年11月18日~2018年3月4日...

[イベント] ロヴァニエミ サンタ村 光祭り2018

安山(アンサン)ピョルピッ村では、冬限定ロヴァニエミサンタ村光祭りが11月8日から開催されています。来年の3月31日まで開かれるこのイベントは、サンタやエルフ、フォトコーナーなどが設置される冬のクリスマスフェスティバル。 フィンランドのサンタ村を再現した風景や1ヶ月後のクリスマスの雰囲気を先取りする絶好の機会。 ピョルピッ村にはホワイトラブロード、キューピットロード、レーンロード、プロポーズロードなど、さまざまな光のトンネルやオブジェ、光の庭園など、カラフルなイルミネーションが飾られています。 100ヶ所以上のフォトコーナーや可愛らしい雑貨、オシャレな家が立ち並ぶ昼間の街は、夜になると光輝くイルミネーションの街へと変貌します。 光祭りの運営時間は午後3時から午後11時まで。祝日と土曜日は深夜まで開催されます。...

[イベント] エバーランド・クリスマスファンタジー2017

ロマンチックな冬のフェスティバル「クリスマスファンタジー」が11月18日から12月31日までの44日間、エバーランドで開催されます。 クリスマスイベントが行われる初冬のエバーランドは、Tエクスプレス、サンダーボールズ、ロストベリーなどの人気アトラクションやサファリパークが比較的少ない待ち時間で余裕を持って楽しめるだけでなく、ロマンチックなクリスマスムードが満喫できることから人気を集めています。 特に今年は、サンタとルドルフが住む村が新しくリニューアルされた他、夜間には「ゴールド」をコンセプトにした金色の饗宴が繰り広げられるなど、キャロルの音色を聞きながら一日中、クリスマスの雰囲気を満喫することができます。 イベント期間    ...

[コラム] 南漢山城、歴史の道を歩く

<南漢山城の昔の風景> 歴史とは何か。その問いに対し、過去に起きた事実、過去の事実の記録と答えるのが一般的です。ただ、こういった通常の定義に加え、歴史が呈する意味もしくは価値にも注目してみたいと思います。歴史学者E.H.カーが言った「歴史とは、現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話である」という言葉が心に響きます。私たちは、過去を顧みて現在を見直すことができ、現在を踏まえて過去を再解釈しながら、未来へ進んでいきます。ある意味、歴史は実用的学問とも言える理由がここにあるのではないでしょうか。 歴史を語る中で国籍を問うのは無用でしょう。どの国の歴史であれ、示唆することがあるからです。その国の文化を理解する土台にもなります。そこで、今日は丙子胡乱(ピョンジャホラン)の歴史が残るUNESCO世界文化遺産「南漢山城(ナムハンサンソン)」へ行き、過去の歴史に触れてみたいと思います。ここは小説を原作にした映画「南漢山城」の上映により、最近韓国で関心が高まっているホット・スポットです。もちろん「歴史的に意味のある山城」という少々重たいタイトルを外しても、緑豊かで自然林が生い茂るトレッキングコースとして、たくさんの人々から親しまれている場所でもあります。   南漢山城の歴史を語る...
Page 1 of 6112345...102030...Last »
  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter