Logger Script

About: 관리자

관리자 프로필 이미지

Writer :

관리자

[6月] 歴史と自然が息づく漣川

京畿道の最北端にある漣川(ヨンチョン)郡は、少し聞きなれない地名かもしれません。韓国人でも軍人として漣川に配属された男性ぐらいしかよく知らない場所だと言えるでしょう。 しかし、漣川は知ってみるととても魅力的なところです。旧石器時代から人が住み始め、1000年前には3つの国の国境地域となり、現在は北朝鮮に隣接する地域として歴史的遺物を多く保有しています。さらに四方が山に囲まれた広大な平野と広く深い川、澄んだ水など、優れた自然環境を誇っています。歴史と自然が息づく漣川にさっそく出かけてみましょう。 1. 歴史が息づく漣川 *全谷里先史遺蹟址 漢灘江(ハンタンガン)周辺の全谷里(チョンゴクリ)には先史時代の遺跡があります。手斧や石器、掻器類など、大量の旧石器遺物から、新石器時代の櫛目文土器や青銅器時代を代表する支石墓もあり、時代別の遺跡を見ることができます。 この場所にある先史博物館には、先史遺跡に関する出土品や文献が多数展示されています。全谷里遺跡だけでなく、世界中の先史時代の様子を伺い知ることもできます。人類の進化を体験したり、公演を通して肌で実感できる学習を体験することもできます。また、博物館の随所に旧石器時代の様子が再現されており、記念写真を撮影するのもいいでしょう。 先史遺跡地では、毎年5月に全谷里旧石器祭りが開催されますが、今年は開催25周年を記念した「旧石器ビーナスが奏でる歌」という展示会が開催されます。人類初の芸術品である「ビーナス」像をはじめ、様々な動物の彫刻品200点余りが紹介されます。また、先史芸術品を作る各種材料や石器で実験した再現工程が披露され、先史芸術品の制作における秘密が明らかにされる予定です。 今年の11月まで、週末は旧石器人に扮装した人が博物館内を歩き回るため、一緒に写真を撮りながら、旧石器への旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。 住所 京畿道漣川郡全谷邑ピョンファロ443ボンギル2 お問い合わせ +82-31-830-5600 利用時間 10:00~18:00 入場料 大人 4,000ウォン 中高生 2,000ウォン 定休日 月曜日 韓屋ホテル「朝鮮王家」 漣川(ヨンチョン)郡には韓屋ホテルがあります。この韓屋ホテルが建つ地域は、朝鮮時代に王室の狩猟場所として利用されていた場所です。 「朝鮮王家(チョソンワンガ)」という名前のこのホテルは、朝鮮王朝の最後の国王である「高宗皇帝」の孫が住んでいた古宅を運んで建てたもの。その名のように古風な雰囲気が魅力で、普通の韓屋とは異なり、王室しか使用できなかった最高級の松の木で造られいるのが特徴です。特に板の間の大梁は樹齢600年の松の木で造られたといいます。王家の住宅を移転させ、27ヶ月かけて新しく改装しましたが、伝統的な建築様式を維持させたままのリニューアルとなっており、昔ながらの伝統をそのまま感じることができます。 宿泊は予約が必須で、韓国の伝統文化に興味のある外国人観光客が大勢訪れているといいます。 住所 京畿道漣川郡漣川邑ヒョンムンロ33-10 お問い合わせ +82-31-834-8383...

退村トマト祭り

京畿道・広州(クァンジュ)市の退村面(テジョンミョン)では、トマト祭りが開催されます。退村面は、環境にやさしいエコ栽培技術を使った糖度の高い良質なトマトを生産することで広く知られています。無公害トマトを広く知ってもらい、消費者に良質なトマトを販売することを目的に2003年からトマト祭りが開催されるようになりました。 お祭りの期間中は、新鮮なトマトを安価に味わうことができる他、各種トマトイベントに参加することができます。トマトプール、ウォータープール、トマトレクリエーション、黄金のトマトを探せ(トマト品評会)、トマト素麺試食会、フードショー、1000人前スパゲティ、ピザ生地ショー、トマト収穫体験など、ユニークなイベントが目白押しです。   期間 2017年6月16日~2017年6月18日 住所 京畿道広州市退村面オリギル104-7 場所 広州市退村面公設運動場 お問い合わせ +82-31-760-4960 ホームページ http://tomato.gjcity.go.kr...

韓国民俗村「朝鮮時代へようこそ 」

「朝鮮時代へようこそ」は、朝鮮時代のキャラクターが登場する公演やパフォーマンスが繰り広げられるお祭りです。 悪徳官僚と道化者の話を描いたフュージョン・マダン劇(時代劇)「使道の誕生会」や他では見られないユニークな公演「踊る市場通り」はお祭りの目玉。朝鮮時代の文化を体験し、楽しめる町屋や妓生房、書堂、官衙などが立ち並ぶ体験コーナーも併設されています。 昔の朝鮮時代を思わせる町屋通りでは、多種多様な体験プログラムが実施されます。中でも、女将さんキャラが運営する「緑色の酒屋」で行われるびっくりイベントは見逃せません。 伝統食品や記念品を販売する露店で、ひょうきんな商人が客引きをする光景を見たり、朝鮮時代の身分証「馬牌・号牌作り」や貴族の娘が必需品として持っていた「香袋作り」などの伝統体験イベントに参加することもできます。 朝鮮時代の流行を発信していた妓女の生活の様子がうかがえる妓生房体験も企画されています。妓生房に変貌した伝統家屋の中で思い出に残る記念写真を撮ってみるのもいいでしょう。その場で韓服をレンタルすることもできます。   期間 2017年4月1日~2017年6月18日 住所 京畿道龍仁市器興区ミンソクチョンロ90 場所 韓国民俗村 お問い合わせ +82-31-288-0000 ホームページ http://www.koreanfolk.co.kr          ...

[6月]富川博物館巡り

博物館と言えば、たくさんの展示品がある少し重苦しい雰囲気の場所というイメージがあるのではないでしょうか。京畿道・富川(プチョン)市には、そんな博物館のイメージからはかけ離れた、ユニークな体験や見物ができる博物館があります。それでは早速、富川の博物館巡りに出発してみましょう。  《ヨーロッパ磁器博物館》 ヨーロッパ磁器博物館は、ヨーロッパ陶器やアンティーク調の雑貨が展示されている場所です。ヨーロッパ初の陶器であるドイツの「マイセン」からオーストリアの「ロイヤルウィンナー」、イギリスの「ウェッジウッド」など、ヨーロッパを代表する陶器ブランドを鑑賞することができます。主にティーカップが展示されていますが、大きな陶器作品もあります。白磁にコバルトブルーの模様が描かれた「ツヴィーベルムスター」やゴールドカラー、ディープブルー、イエロー、ピンクなどの華やかな陶器まで様々な陶器が展示されています。 また、館内では、自分だけのオリジナル陶器を作ってみることもできます。「転写絵付」は、誰でも簡単にオリジナルの陶器が作れる方法です。まず、白いシートに下絵を描いた後、陶器用色鉛筆で色を塗ります。その後、無地のマグカップにシートを裏返して貼り付け、特殊な機械を使って絵をマグカップにプリントします。 10人以上の団体の場合は、陶器の上に特殊顔料で絵を描く「ポーセリンペインティング」体験に参加することもできます。少々難易度が高いですが、繊細な表現まで描くことができるのが魅力です。 京畿道富川市春衣洞8 富川総合運動場 / +82-32-661-0238/ 9:00~18:00/ 定休日 1月1日、ソルナル(旧正月)・秋夕連休、祝日の翌日/ 入場料 1,000ウォン、陶器づくり体験 3,000ウォン   《弓博物館》 弓博物館は弓をテーマにした博物館です。「富川弓」との名称で知られるほど、富川は、弓道文化が発達した地域でした。富川市には、150年前から弓を射る人と弓を作る人が大勢生活していたとされています。富川の弓文化を継承し、広く知ってもらいことを目的に2004年に開館した弓博物館は、韓国の弓に関する340点の作品が所蔵されています。 博物館を入ると、「神機箭器火車」と呼ばれる作品が来場者を迎えてくれます。この神機箭器火車は、ロケット火砲である神機箭を乗せた火車で、1448年に開発された世界初のロケット型火器だとされています。火砲の火皿にある点火線にまとめて火をつけると、上層から下層まで15発ずつ順番に100発の弾丸が発射される当時の最新型の武器でした。館内には、古代から使用された弓をはじめ、弓の補助器具などが展示されています。さらに弓や弓矢の制作工程が見られるコーナーもあります。 また、弓博物館2階には、国弓館があり、事前予約すると国弓体験を楽しむこともできます。 京畿道富川市春衣洞8 富川総合運動場/ 9:00~18:00 / +82-32-614-2678 定休日 1月1日、ソルナル(旧正月)・秋夕連休、祝日の翌日 / 入場料 1,000ウォン...

エバーランドバラフェスティバル

京畿道・龍仁(ヨンイン)市にあるエバーランドではバラフェスティバルが開催されます。エバーランドのバラフェスティバルは、韓国で初めてのフラワーフェスティバルとして始まり、今年で32周年目を迎えます。 今年は特に、ポップアートをテーマにした多用な芸術作品が展示されるのが特徴です。670種類100万本のバラの間に1万個以上の缶詰の空き缶で作ったオブジェが展示されます。 また、エバーランドが独自で開発した8種類の新種のバラを見ることもできます。このバラは、香りが長持ちし、ピンク、黄色、オレンジなどの独特な色の発色が特徴です。バラ園の入り口には1000本のバラの花束で作られたプロポーズフォトスポットや高さ3mのハートトピアリーなどユニークなオブジェが設置されており、写真スポットにもおすすめです。   期間 2017年5月25日~2017年6月11日 住所 京畿道龍仁市処仁区蒲谷邑エバーランドロ199 場所 エバーランド お問い合わせ +82-31-5000 ホームページ http://www.everland.com...

Recent Comments by 관리자

    No comments by 관리자 yet.

  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter