Logger Script

お知らせ

安養芸術公園でスタンプラリーを運営

Facebook에 게시물 공유하기Twitter에 게시물 공유하기Email에 게시물 공유하기Print에 게시물 공유하기シェア

2

安養(アニャン)芸術公園は安養市民の憩いの場であり、安養市が誇る安養パブリックアートプロジェクト(APAP)芸術文化と安養の文化財が集まる歴史と文化が共存する観光スポットです。三聖山(サムソンサン)と冠岳山(クァナクサン)を繋ぐ登山路のスタート地点でもあるため、安養市民だけでなく、毎日多くの人々がこの場所を訪れています。

現在、安養芸術公園では、スタンプツアーと言う新しいコンテンツを開発、運営してます。スタンプツアーは、「歴史が芸術を抱く」をテーマとする計8つのコースで構成されています。コースは大きく、安養博物館とキム・ジュンオブ建築博物館、石水洞(ソクスドン)磨崖鐘 (マエジョン)、安養寺を巡る歴史文化コースと国内初の公共美術館である安養パビリオン、安養バックスハウス、展望台、木の上の線でできた家安養パブリックアートプロジェクト(APAP)の作品などを鑑賞する現代美術コースに分かれています。

安養博物館、キム・ジュンオブ建築博物館、安養パビリオンでスタンプマップ(リーフレット)をもらい、8ヶ所を回りながら、それぞれの場所に設置されたスタンプテーブルでスタンプを押すだけ。スタンプマップを完成させると、芸術公園商店街繁栄会でコーヒーやドリンクがもらえる他、飲食店の割引サービス券がもらえます。

3-tile

APAP作品のガイド付きツアーや博物館の専門解説プログラム、文化観光ガイド付きの芸術公園歴史文化探訪プログラムなど、スタンプラリーの他にも各種解説プログラムを楽しむこともできます。

安養市は、今後、ピョンモガン自然休養林や安養川などの安養の観光スポットを中心にスタンプラリーを拡大していく計画で、新規観光コンテンツの開発を通じた観光都市への飛躍に向けた取り組みの強化を図っていく方針であると発表しました。

0

TAG


  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter