Logger Script

コラム

[7月]夏をお願い – 夏の保養食&夏のデザート

Facebook에 게시물 공유하기Twitter에 게시물 공유하기Email에 게시물 공유하기Print에 게시물 공유하기シェア

暑いほど食欲は落ち、テンションも下がります。夏が来ると、暑さを避けて山へ海へと涼しい場所に行きたくなります。しかし、ちょっとユニークに夏を楽しむ方法もあります。昔から韓国人は、本格的な暑さが来る前に食べ物で夏に備えました。夏が始まると、体を保養するものを食べて、暑さに疲れた健康を管理しようとしました。それは今、外国人観光客にも有名なサムゲタンをはじめ、チョンオグイ(ウナギ焼き)、チュオタン(どじょうスープ)などのタンパク質が多く含まれた「保養食」を食べることです。本格的な避暑に出かける前に、テンションを上げる保養食と暑さよけのデザートで、2015年の夏を迎えてみませんか?

보양식 모음

体力を​​お願い – ナクチ(テナガダコ)料理

テナガダコは、疲れ果てて倒れた牛に2~3匹与えるとがばっと起きあがるという言葉があるほど、元気回復に良いとされています。脂肪が少なくてタンパク質が多く、ダイエット食品としても人気が高いテナガダコは、暑さに疲れた夏、保養食として人気のある食材のひとつです。

テナガダコを使った代表的な韓国料理のうち、ナクチヨンポタン(テナガダコスープ)とナクチボックム(テナガダコ炒め)を食べてみました。

ナクチヨンポタンは、カタクチイワシからとったスープに味つけをした後、野菜やテナガダコを入れて煮込んだスープです。この料理は、韓国の南部地方である全羅南道と慶尚南道に由来し、すっきりさっぱりしたスープが特徴です。テナガダコ本来のあっさりさが感じられ、誰でも食べられます。ナクチヨンポタンは、漢字で「軟泡湯」と書き、すまし汁に豆腐と大根、牛肉、干しスケトウダラ、昆布などを入れて煮た豆腐汁を指す言葉でした。元々ナクチヨンポタンは牛肉を入れて煮込む料理でしたが、昔の海岸の町では牛肉がないため、簡単に手に入るテナガダコを入れて煮込んでナクチヨンポタンを作りました。現在は、豆腐の代わりにテナガダコを入れたナクチヨンポタンが一般的です。

FullSizeRender

ここで食べたナクチヨンポタンは、スープに野菜を先に入れて煮込み、後で生テナガダコを切って入れます。ピリ辛味の秘密は、青陽唐辛子。青陽唐辛子が入っていない一般的なナクチヨンポタンは、まろやかでさっぱりした味です。

次に食べたナクチボックムは、辛味が強いテナガダコ料理です。テナガダコを茹でた後、ざく切りのキャベツ、タマネギ、ニンジン、ネギに唐辛子粉とコチュジャン調味料を入れて強火で炒めた料理です。通常ビビンバにナクチボックムをのせて食べます。ナクチヨンポタンが誰でも楽しめる料理なら、ナクチボックムは大人のための料理だと言えます。普段辛い食べ物が好きな韓国人も辛いと感じる料理なので、辛い料理に自身がないなら、注文前に辛くしないでほしいと申し出ることをおすすめします。

낙지볶음

ナクチヨンポタンとナクチボックムの他にも、ナクチヘムルパジョン(テナガダコ入り海鮮ねぎのチヂミ)、プルコギとテナガダコを一緒に楽しむプルラクチョンゴル(牛肉とテナガダコの寄せ鍋)、ナクチチム(テナガダコの蒸し物)、ナクチヤチェジュク(テナガダコと野菜のお粥)、ナクチホロングイ(テナガダコの丸焼き)など、テナガダコを使った料理は様々です。好みのテナガダコ料理で今年の夏を元気に過ごしましょう。

낙지 요리 모음

レストラン情報-

ソリンナクチ

서린낙지 모음4

テナガダコ専門店で、各種テナガダコ料理を扱います。テナガダコは、韓国産と外国産によって価格が異なります。すっきりとした味のおかずが印象的で、広い規模、個室があり、快適な雰囲気の中で食事が楽しめます。

住所:京畿道水原市霊通区梅灘洞101-2(京畿道水原市霊通区東水原路515)

電話番号:+82-31-215-5725

メニュー:ナクチヨンポタン、ナクチボックム、プルラクチョンゴル、ナクチチョルパンボックム(テナガダコの鉄板炒め)、ナクチヘムルパジョン

すべてのメニューは、2人以上から注文可能

周辺観光地:光教(クァンギョ)湖水公園

湖に沿って造成された韓国最大の湖水公園で、水原(スウォン)の新しい名所として浮上しています。水辺デッキでは、複数の噴水が順番に続き、夕方には光教新都市の光と共に華やかな夜景が広がります。水辺デッキ上のカフェ通りで食事やコーヒーなどを楽しみながら時間を過ごすのにぴったりです。

暑さをお願い – ピンス(カキ氷)

韓国で「夏のデザート」といえば、ピンス。韓国のピンスの歴史は、朝鮮時代にさかのぼります。氷が貴重だった朝鮮時代には、一番暑い夏の日「ポンナル(伏日)」になると、西氷庫(ソビンゴ)の氷を役人に分け与えました。役人は、配給された氷を細かく砕いてクァイルファチェ(フルーツポンチ)を作って食べ、これが韓国初のピンスだと言われています。

現在、韓国人が食べるピンスの由来はパッピンス(小豆入りカキ氷)で、1900年代初頭に氷を細かく砕いた後、冷やしたあんこをトッピングしたことから始まりました。

すぐに流行が変わる韓国では、ピンスにも流行があります。1990年代までは甘いシロップとカラフルなゼリーが入ったピンスが一般的でしたが、2000年代後半に入ってからは健康への関心が高まり、体に良い緑茶やフルーツ入りのピンスが人気を集めました。その後、様々な味を求める若者たちに合わせてイチゴ、スイカなどのフルーツピンスをはじめコーヒーピンス、チョコレートピンスまで登場しました。

빙수 모음1-1

しかし、2010年以降には氷と1つのトッピングを使ったピンスが人気を集めています。特に、昔ながらのパッピンスが再び人気を集め始めました。氷を山盛りにして小豆と餅をトッピングしたあっさり味が特徴です。

2014年からは、水の代わりに牛乳を凍らせた後、細かくすりおろした「ヌンコッピンス(雪花カキ氷)」がトレンドです。牛乳特有の柔らかさと香ばしくて淡泊な味、粒子が綿菓子のように細かくて口の中でふわりと溶ける食感が大人気で、「ヌンコッピンス」が全国的な流行になっています。

2015年現在、牛乳ベースの「ヌンコッピンス」に小豆と餅をトッピングしたピンスが人気です。初期のピンスである「パッピンス」がまた人気を集めている理由は、2~3年前からのレトロブームの影響です。1990年代の文化を扱うドラマや映画が人気を集めたこととも関係があると言えるでしょう。

私は、昔ながらのパッピンスの写真がお店の前面に貼り付けられたデザート屋さんに行ってきました。釜で直接煮たあんこがメインのお店です。今ブームのミルク氷にあんこ、そしてもち米の餅がトッピングされたシンプルなパッピンスです。柔らかくて適度に甘いピンスは、食欲をそそります。この店のもう一つの代表メニュー、タンパッパン(あんパン)を食べてみると、やはりあんこの味がよく生きています。柔らかいパンにあんこの質感がよく生きていながらも甘すぎず誰でも気軽に楽しめる味です。

단팥소 모음

단팥빵 모음

2015年夏、韓国では「パッピンス」のほか、インジョルミビンス(きな粉のカキ氷)、マンゴーピンス、コグマビンス(サツマイモのカキ氷)、チーズピンスなど、さまざまなピンスが味わえます。好みに合うピンスで今年の夏を涼しく過ごしてみてください。

빙수 모음2

レストラン情報-タンパッソ

단팥소-매장 사진 모음3

釜で煮込んだ韓国産小豆がこの店の自慢。気軽に食べられるサイズで、甘すぎない小豆を味わいに常連客が多くやってきます。住所:京畿道城南市盆唐区亭子洞13-1 東洋パラゴン商店街110号(京畿道城南市盆唐区亭子一路230 東洋パラゴン商店街110号)

電話番号:+82-31-714-7555

メニュー:パッピンス、タンパッパン、ヌルンジパッパン(おこげあんぱん)、パッタド(小豆アイスキャンディ)、コグマラテ(サツマイモラテ)、ポルクルミスッカル(蜂蜜麦こがし)

 周辺観光地:盆唐中央(プンダンチュンアン)公園

城南市盆唐区数内洞に位置した中央公園は、42万㎡の生態自然公園です。霊長山(ヨンジャンサン)の端に位置した中央公園は、元の地形と樹木を森林として自然な景観を作り出したのが特徴です。美しい景色のため、映画やドラマの撮影場所として脚光を浴びています。

1

TAG


  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter