Logger Script

コラム

[11月コラム] 私は京畿道に行く!“京畿道の味、楽しい在来市場旅行”

Facebook에 게시물 공유하기Twitter에 게시물 공유하기Email에 게시물 공유하기Print에 게시물 공유하기シェア

京畿道の味楽しい在来市場旅行” 

Q. 京畿道の在来市場に行くべき理由は?

A. 市場へ行けば、その国のことを最も早く知ることができます。韓国人が昔から好んで食べてきた食べ物、そして韓国人の「情」の文化を経験できる場所が「在来市場」であり、特に、京畿道の在来市場はさまざまなテーマと魅力で訪問客を魅了する場所です。気温が下がり始める11月の秋、京畿道の在来市場でボリュームたっぷりの食べ物と温かい情を体験してみてください。

 

지동시장_디자인수목원촬영

#1. 水原を代表する横丁市場モッコル市場

水原の代表的な在来市場は華城の八達門(南門)と水原川の周辺に密集しています。その中でもモッコル市場は小さな横丁の市場ですが、野菜や魚、惣菜、そして餅などさまざまな商品と食べ物でいつも人々でにぎわう市場です。「在来市場活性化「門前市プロジェクト」の一環として、市場の商人たちが自ら司会進行する「ラジオスター」で有名になりました。最近はあるケーブルテレビで、生まれて始めて海外旅行に出かけたモッコル市場の女性たちの旅行が放送され、番組に出演した女性たちが高い人気を集めました。すぐ隣の「池洞市場」にはスンデタウンとチキン横丁があり、特に若者に人気のチキン横丁は外国人からも高い人気を得ています。

-お問い合わせ: 82-31-246-5638

-住所: 京畿道 水原市 八達区 水原川路 258番ギル 12-1 (モッコル市場)

[市場グルメ1] 池洞市場 スンデタウンスンデポックム

スンデ(*豚の血の腸詰)とチャプチェ(*韓国春雨)、そしてさまざまな野菜をたっぷり入れて辛いヤンニョムで炒めるスンデポックム(*スンデの鉄板焼き)は幅広い年齢層に愛されている食べ物です。酒の肴にもぴったりで、残ったヤンニョムとご飯を炒めても美味しく、友達や家族で楽しめるメニューです。歯ごたえの良いホルモンやイカを一緒に炒めてもさまざまな味を楽しむことができ、おすすめです。また、香ばしいスンデグク(*スンデのスープ)も人気メニューです。池洞市場のスンデタウンには約30店舗のスンデポックムの食堂があり、手ごろな価格とそのボリュームは常連客の心をつかんで離しません。

 지동시장 순대시식

-メニュー: スンデポックム 8,000ウォン、ゆで牛肉 10,000ウォン、スンデクッパ 6,000ウォン

-連絡先

*ウォンジョオンマネ 82-31-253-5210

*コヒャンチプ 82-31-247-9802

*ウンジュネ 82-31-245-9771

-住所: 京畿道 水原市 八達区 八達門路 19 (池洞市場)

 

[市場グルメ2] 水原チキン「イェンナルチキン」

水原市民が「チキン交差点」と呼び、好んで訪れる横丁で、40年の伝統を誇るチキン屋が集まっています。ここのチキンは大きな釜で揚げる昔ながらの方法で調理しており、パリッと香ばしいのが特徴です。平日の夕方や週末には並んで待たなければなりませんが、並んででも食べたくなる絶品です。

 사본 -수원_통닭골목2[1]

-メニュー: イェンナルチキン(*昔ながらのチキン) 13,000ウォン、フライドチキン 13,000ウォン、ヤンニョムチキン 14,000ウォン

*ジンミトンダク 82-31-255-3401

*チャンアントンダク 82-31-252-5190

*ヨンソントンダク 82-31-242-8226

-住所: 京畿道 水原市 八達区 八達路 1街一帯

 

[周辺の観光地] 正祖大王の夢 華城博物館

水原華城や正祖時代の文化の優秀性を深く再現した専門博物館です。華城築城室、華城文化室、華城関連の屋外展示館で構成されており、華城の建築過程や軍事的な機能を分かりやすく展示しています。企画展示室には華城に関するテーマでユニークな企画展示を通年で行っています。

-観覧時間: 09:00~18:00

-観覧料金: 大人 2,000ウォン、青少年・軍人 1,000ウォン、子ども・65歳以上無料

-駐車料: 3時間 2,000ウォン、1日 10,000ウォン

-休館日: 毎週月曜日

-お問い合わせ: 82-31-228-4242、http://hsmuseum.suwon.ne.kr

-住所: 京畿道 水原市 八達区 蒼龍大路 21

#2. 光明市のランドマ光明来市場」

光明在来市場は平日も昼間から夜まで多くの人々でにぎわう活気あふれる市場です。かつて光明交差点に自然に形成された5日市場が現在では約400店舗が集まる常設市場となり、全国7位の規模に発展しました。地域の農家で栽培した新鮮な野菜や、隣接する港であがった海産物、100%韓国産の材料で作るトッカルビなど、品質の良い農産物や安全な食品を手ごろな値段で購入できると評判が広まり、近隣都市の住民も足をのばす京畿道を代表する在来市場です。カルグクス、ピンデトック(*緑豆と豚肉のチヂミ)など、おいしくて安いグルメ横丁も光明市場の自慢です。

 광명_광명시장2

-お問い合わせ: 82-2-2614-0006

-住所: 京畿道 光明市 光明路 918番ギル 12-1

-駐車料: 光明市場駐車場 1時間 2000ウォン

[市場グルメ1] 価格は半分、おいしさは2倍 「ホンドゥケカルグクス」

おいしくてボリュームたっぷりの手打ちカルグクスを手ごろな価格で食べられることで有名なお店です。しっかりゆでられた歯ごたえのよい麺に、濃い煮干のだし汁が合わさって淡白でさっぱりしたカルグクスは、大きな器にたっぷり盛られてたったの3,000ウォンという信じられない価格です。やや太めの冷や麦を使った辛いスープのチャンチグクス(*韓国式にゅう麺)も人気メニューです。

 광명_홍두깨칼국수1

-メニュー: 手打ちカルグクス 3,000ウォン、手打ちすいとん 3,000ウォン、チャンチグクス 1,500ウォン

-お問い合わせ: 82-2-2625-6235

-住所: 京畿道 光明市 光明路 918番ギル 12-1 (光明在来市場内)

 

[市場グルメ2] じゅうじゅうビンデトックの誘惑 「ハルモニ・ビンデトック

大きな鉄板に厚めのビンデトックが休む暇もなく焼かれ、香ばしい香りが周りに広がります。緑豆をすりつぶして刻んだ野菜を入れたビンデトクも魅力ですが、この店の焼きたて海鮮チヂミやキムチチヂミなど、すべてが絶品です。ビンデトックを食べるためにわざわざ市場を訪れるほど人気の高いお店で、25年同じ場所で続けてきた店は、市場の商人と古い常連客のふれあいの場として愛されています。 

 광명_할머니빈대떡2

-メニュー: ビンデトック 3,000ウォン、海鮮ねぎチヂミ 7,000ウォン、チヂミの盛り合わせ 9,000ウォン

-お問い合わせ: 82-2-2625-4884

-住所: 京畿道 光明市 光明路 918番ギル 12-1 (光明在来市場内)

 

 

[周辺の観光地] 一味違う洞窟旅行「光明駕鶴鉱山洞窟」

光明駕鶴鉱山洞窟は、亜鉛や銅などを採掘していた廃鉱山でしたが、蘇萊浦口の塩辛を保管する倉庫として使われていたところを買い入れた後、数回にわたる補修作業と施設設置作業を経て洞窟を整備し、無料で開放しています。洞窟という特別な空間で3D映画を上映するほか、文化芸術公演など感性的な取り組みが好評を得て短期間で40万人が訪れる首都圏の人気の観光名所として生まれ変わりました。

-観覧時間: 09:00~17:00

-観覧料: 無料

-駐車料: 無料

-お問い合わせ: 82-1688-3399, http://cavern.gm.go.kr/site/cavern/main.do

-住所: 光明市 駕鶴洞 山 17-1 211

-予約: 20人以上の団体はホームページ「団体観覧申請掲示板」にて指定のフォーマットで申請

#3. 情に酔い、味に酔う「楊平ムルマルグン市場」

食べ物と見所の多い楊平のもう一つの自慢は在来市場です。楊平郡内には5ヶ所の在来市場がありますが、そのうち最も注目されているのが楊平ムルマルグン市場です。200年余りの歴史と最も大きな規模を誇る楊平市場は、楊平駅周辺に位置しているため鉄道旅行コースとしても最適です。楊平市場を100%楽しみたい方は五日市(3,8日)が立つ日に訪れることをお勧めします。賑やかな下町人情や、様々な市場のグルメを経験できます。また、値引き交渉や、おまけを得る楽しさも欠かせません。毎週土曜日に開かれる週末市場は、生産者と消費者の直取引の場を提供しており、新鮮で品質の良い農産品や特産物を安価で購入できます。

 사본 -양평시장1[1]

-お問い合わせ: 82-31-771-2080 (楊平ムルマルグン市場商会),http://www.yp21.net/index.yangpyeong

-住所: 京畿道 楊平郡 楊平邑 ヤンピョンジャントギル 15

[市場グルメ] チョンヘシクタン(ソンジヘジャングク)

朝鮮時代から食べられてきたソンジ(*牛の鮮血)と牛の内臓を煮込んだ楊平ヘジャングクは、漢陽(*朝鮮時代の首都)でも知られるほど有名になりました。楊平に来たからにはヘジャングクを欠かせません。楊平市場内に位置しているチョンヘシクタンはテーブルが4つしかない小さい食堂ですが、33年間同じ場所を守り続けて楊平市場の名物として定着しています。人気メニューは言うまでもなくソンジヘジャングクです。時間をかけて煮込んだ牛骨スープに新鮮な牛の鮮血と内臓、白菜や大根の葉、豆もやしなどを入れて仕上げたスープの味は絶品です。

 양평_청해식당(선지해장국)1

-メニュー: ソンジヘジャングク 5,000ウォン、清国醤鍋 5,000ウォン、キムチ鍋 5,000ウォン、チェユクボックム(*豚肉の甘辛炒め) 7,000ウォン

-お問い合わせ: 82-31-772-4784 (チョンヘシクタン)

-住所: 京畿道 楊平郡 楊平邑 楊根里 352-8

 

 

[周辺旅行地1] レールバイクに乗って走ってみよう「楊平レールバイク」

中央線の廃鉄路を利用したレールバイクは全長6.4kmのコースを時速15~20kmで走行するアクティビティで、所要時間は約1時間10分です。色とりどりの秋の紅葉とさわやかな自然を感じながら特別な思い出を作ってみましょう。

 양평_레일바이크2

-利用時間: 11月~2月 09:00~18:00、3月~4月 09:00~19:30、5月~10月 09:00~21:00 (夏季の21:00は土曜・祝日の前日のみ運行) / 1時間30分おきに運行

-利用料金: カップル用(2人乗り) 20,000ウォン、ファミリー用(4人乗り) 29,000ウォン、電動バイク(2人乗り) 30,000ウォン

-お問い合わせ: 82-31-775-9911、http://www.yprailbike.com

-住所: 京畿道 楊平郡 龍門面 龍門路 277

 

[周辺旅行地2] 映画のロマンスを体験できる「九屯駅」

丘のふもとの人影少ない町に九屯駅という小さな汽車駅があります。今では列車も通らず、田舎の簡易駅の思い出を辿りに訪れる人がたまにいる程度の廃駅ですが、この場所はかつて人気を博した韓国映画「建築学概論」でスジとイ・ジェフンがデートした場所として知られ、一時は恋人たちが訪れるデートスポットにもなりました。

-お問い合わせ: 82-31-773-5101 (楊平文化観光)

-住所: 京畿道 楊平郡 砥平面 九屯駅ギル 8 (九屯駅廃駅)

#4. 活気あふれる「龍仁中央市場」

龍仁中央市場は60年の歴史をもつ在来市場です。760余りの店舗が並ぶ常設市場で、新鮮な野菜や果物はもちろん、産地から直接調達した水産物や畜産物、穀物など様々な品目を取り扱っています。特にスンデ通りと餅通り、雑貨通りは特化した商店街として形成され大きな人気を集めています。多彩な食べ物と見所の多い中央市場は、下町人情でいつも活気にあふれています。

ごとうびには五日市が立ちます。高麗時代の金良(キムリャン)という人が初めて市を立てたことからキムリャンジャンと呼ばれていた龍仁五日市場は、中央市場を中心に金鶴川沿いに沿って開かれる規模の大きい市です。活気あふれる市場通りを歩いているとあめ売うりの軽快な調子に思わず肩を揺らしたくなります。毎週土曜日にはお得市が開かれ、オーガニック農産物を始め、様々な商品を安く購入できることから多くの人が訪れます。

 사본 -용인시장3[1]

-お問い合わせ: 82-31-336-1110 (龍仁中央市場商人会)

-住所: 京畿道 龍仁市 処仁区 金良場洞 133番地 一帯

[市場グルメ] イルミブンシク(手作り餃子)

餃子専門店のイルミブンシクは、餃子の皮を直接作る手作り餃子屋として知られています。餃子の中身には端切れ肉や脂肪が混ざるのを防ぐため、ひき肉は一切使わず、歯ごたえの良い薄い餃子の皮と、脂っこくないあっさりとした餡が特徴です。30年以上も同じ場所を守り続け、変わらぬ気持ちで餃子を作るオーナーの心がそのまま伝わります。

 사본 -용인_일미분식2[1]

-メニュー: 肉/キムチ餃子 4,000ウォン、餃子スープ 6,000ウォン、 餃子入りカルグクス 6,000ウォン

-お問い合わせ: 82-31-332-1864 (イルミブンシク)

-住所: 京畿道 龍仁市 処仁区 金嶺路 85番ギル 14-2

 

 

[周辺旅行地] 南北統一を願う道場「臥牛精舍」

臥牛精舍は失郷民のヘゴク和尚が南北統一の念願を込めて建てたお寺です。一般のお寺とは異なる不思議な雰囲気をかもし出す臥牛精舍は、世界各国の仏教団体と活発に交流する寺院として外国人にもっと知られている場所であり、石塔の上におかれている高さ8mの仏頭と、ゆったりとした姿勢で横になっている長さ12m、高さ3mの木造仏涅槃像が臥牛精舍の名物です。このほかにも海外の仏像3000点余りが展示されており、世界各地の仏教文化を勉強することもできます。

-お問い合わせ: 82-31-332-2472、http://www.wawoo-temple.org

-住所: 京畿道 龍仁市 処仁区 海実路 89-1(臥牛精舍)

0

TAG


  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter