Logger Script

コラム

私は京畿道に行く(6月):一味変わった韓国癒しの旅、テンプルステイ

Facebook에 게시물 공유하기Twitter에 게시물 공유하기Email에 게시물 공유하기Print에 게시물 공유하기シェア

私は京畿道に行く(6月):一味変わった韓国癒しの旅、テンプルステイ

Q. 京畿道でテンプルステイをするべき理由?
Armf em. 多くの人々でにぎわう観光地より自分と向き合う時間を求める人には、「テンプルステイ」がおすすめです。韓国の伝統的な仏教について学んだり、多彩な韓国の精進料理も味わえます。京畿道の寺院では選択の幅をひろげるさまざまなプログラムで皆様をお待ちしています。日々の喧騒を離れ、京畿道で新しい経験をしてみませんか!
#1. 心の安らぎを探すテンプルステイ、龍門寺
용문사11-300x200용문사2-300x199
1,100年の歴史を誇る楊平郡の龍門寺は、体験型と休憩型のテンプルステイを運営しています。体験型プログラムは週末だけ運営しており、休憩型テンプルステイは365日いつでも参加できます。

修練着に着替えた参加者たちは、まず寺院の作法を習うことになります。散漫な心を一つに合わせる合掌から寺院の作法を身に付け、心を落ち着かせます。「自分を目覚めさせる時間」には自分自身に手紙を書きながら本当の自分を悟り、省みることができます。また、夜明けの礼仏、参禅修行、鉢盂供養、茶道など寺のさまざまな修行生活を体験することができます。夜明けの薄暗い光の下で過ごす参禅の時間は、すべての想念を消し、心を穏やかにしてくれます。

山寺での一日は、時間がとてもゆっくり流れます。その時間は、本当の自分を求める短いようで長い旅程です。心の垢を落とし、本当の自分を求めるテンプルステイで、自然の美しさを感じながら自己と向き合う平和な時間をお楽しみください。

[情報]

情報
住所 京畿道 楊平郡 龍門面 龍門山路 782
お問い合わせ +82-31-775-5797 (www.yongmunsa.org)
運営時間 14:00 ~ 12:30(翌日)
参加費 1泊2日 5万ウォン

#2.ダイエットができるテンプルステイ、六地蔵寺  
육지장사11-300x225 육지장사2-300x225
ソウルの光化門から約1時間の距離に位置する京畿道楊州市の六地蔵寺は、休憩型・体験型・断食型のテンプルステイプログラムを運営しています。その中でも、夏のバカンスシーズンを迎え、ストレスや肥満を解消するための体験型ヘルシーテンプルステイプログラムに力を入れて運営しています。

瞑想、禅食・禅茶、経絡・推拿療法を利用して肥満解消の方法を示し、モグサの灸、温灸体験を通じて気血の循環を助け、五臓六部や内分泌線などの機能の強化にも役立ちます。脳の活性化やもちろん、美容にも効果の高い「経絡・推拿療法」や天然韓方材料を使った湿布は女性に人気です。

[情報]

情報
住所 京畿道 楊州市 白石邑 基山路471番ギル 190
お問い合わせ +82-31-871-0101 (http://www.yukjijangsa.org/)
運営時間 毎週水曜日~日曜日
参加費: 休憩・体験型: 1泊2日 6万ウォン、2泊3日 12万ウォン
ダイエット断食: 2泊3日 15万ウォン、3泊4日 21万ウォン

#3. 精進料理テンプルステイ、平澤市の修道寺
사찰음식체험-적문스님과함께

京畿道平澤市浦升面に位置する修道寺のテンプルステイは、仏教文化の一脈を受け継いできた伝統精進料理教室と精進料理の主材料となる各種山野草(韓国で生息する天然薬草)の手入れおよび採取プログラムを運営しています。
春はナムル(山菜)作り、夏はいろいろな冷製スープ作りと伝統料理作り、秋は豆腐作り、冬はテンジャン用の大豆煮などが精進料理プログラムとして運営されています。日常の煩雑な生活から脱し、心身を改める精進料理を習い、寺の畑で農作業をしながら自然のありがたさを感じることができます.

떡메치기체험

[情報]

情報
住所 京畿道 平澤市 浦升邑 虎岩ギル 58
お問い合わせ +82-31-682-3169 (http://www.sudosa.co.kr/)

[1泊2日]

1泊2日
日時 毎週土曜日16:00~日曜日14:00
参加費 大人6万ウォン、青少年5万ウォン.
* 精進料理なしの休憩型テンプルステイ: 大人/青少年4万ウォン

[1日体験: 精進料理教室]

1日体験: 精進料理教室
日時 毎週日曜日8:00~15:00
参加費 大人/青少年5万ウォン
お問い合わせ +82-31-682-3169、http://www.sudosa.co.kr/

#4. 孝心を養うテンプルステイ、華城市の龍珠寺 
용주사2
京畿道華城市の龍珠寺は龍が如意宝珠を口に加えて昇天したという言われから龍珠寺と名付けられました。この寺は孝心と仏心の調和を目指す寺として有名であるだけに、「両親からの恩恵をさがして)」というプログラムを運営しています。両親から受けた10の恩について学び、両親との関係を顧みることで、親孝行できるように悟らせてくれます。
龍珠寺のテンプルステイには他にも礼仏、鉢盂供養、108拝、参禅、茶道のプログラムがあります。
礼仏とは一日3回、朝・昼・夜に釈迦牟尼と仏弟子たちに礼拝をすることです。
鉢盂供養とは、韓国の僧侶が伝統的に守ってきた食事の作法です。「鉢盂」とは自分の量に合った大きさの食器を、「供養」とはお寺での食事を意味します。
108拝とは、その名の通り108回拝むことより、心にたまった煩悩を払う過程です。繰り返し頭を下げることで、心身が洗われていくのが分かります。
参禅とは、宗教的な瞑想と思惟を意味します。精神を統一して心をコントロールする修行の方法です。
最後に、茶道とはお茶を飲む手順と過程です。お茶を入れる時に心を尽くして精神を集中する訓練をします。

[情報]

情報
住所 京畿道 華城市 龍珠路 136
お問い合わせ +82-31-235-6886 (http://www.yongjoosa.or.kr)
日程 土曜日14:00~日曜日11:00
参加費 5万ウォン
0

TAG


  • Facebook
  • KakaoTalk
  • Google Plus
  • Kakao Story
  • Twitter